2014年09月26日

ソウル旅行記 及び雑記

 もう11月になっちゃったけど、このブログには書いていない部分をテキトーに書く。つーか、去年の旅行と違って、毎年9月上旬の行事がいい感触だったので(別記予定)、精神的に楽でしたよw

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

西大門刑務所歴史館にも行ったよ

 そういうわけで9月24日は日本大使館前【水曜デモ】に参加した後、同行者と合流して仁寺洞で冷麺を食ってから、安国駅から地下鉄に乗って独立門駅で降り、西大門独立公園(서대문독립공원/ソデムントンニッコンウォン)に行った。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウル日本大使館前【水曜デモ】は毎週開催・・・かな?

 2014年9月22日(月曜日)はソウル旅行の(実質的な)一日目。景福宮を見学して昼飯を食ったあと、仁寺洞(インサドン)に行く前にちょっとソウル日本大使館前に寄ってみた。【水曜デモ】を覗いてみたいから、事前に場所を確認しとかなきゃね。


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

安重根義士記念館は見応えあり!

 2014年9月23日、ナヌムの家・歴史館見学を終えて강변(江邊/Gangbyeon/カンビョン)駅に戻り、途中で乗り換えて회현(会賢/Hoehyeon/フェヒョン、)駅で降り、안중근의사 기념관(安重根義士紀念館/アン・ジュングンウィサ キニョムグァン)を訪れた(入場料は無料)。ソウル市中心部の남산공원(南山公園/ナムサンコンウォン)にあるが、こちらの案内図に従ったほうが分かりやすいと思う。


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナヌムの家・歴史館へのアクセス

 2014年9月21日から26日までソウルに観光旅行に出かけた(実質、22日から25日の4日間)。23日には元日本軍「慰安婦」のハルモニ(お婆さん)が暮らす「ナヌムの家」(나눔의집/ナヌメジップ)に付属する施設の「歴史館」を見学した。(慰安婦などという呼び方はいいかげん止めよう。彼女たちは「慰安」をしたのではない。日本軍による性暴力被害者、性奴隷だ)
 「ナヌムの家」は京畿道廣州市(광주시/クァンジュシ)にあるので、ソウル市から行くには鉄道・路線バス・タクシーを乗り継ぐことになる。オフィシャルサイトに詳しいアクセスの説明があるが、ポイントになる部分を記しておく。


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

【吉田調書の警告】「オールジャパンどこでもそうだ」

 2014年9月11日、日本政府は政府事故調査・検証委員会が実施した事故当時の閣僚や関係者などの聴取記録のうち、元東京電力福島第一原発・吉田昌郎元所長(故人)や、菅直人元首相、枝野幸夫元官房長官、海江田万里元経済産業相、細野豪志元首相補佐官など19人分を公開した。
 このうち吉田昌郎氏の調書はかなりの分量で、事故当時の状況が生々しく語られているので、2014年9月12日東京新聞の特集記事より抜粋して引用する。(なお吉田氏の調書は現在同紙にて連載されている)
続きを読む
posted by 鷹嘴 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

無実の星野さん解放へ!「ソリダリティ 〜団結」

 例年?の9月の行事も終わったが、職場の状況やパソコンの不調、その他の理由で、相変わらずブログ更新・管理が困難な状況にあることをお断りしておきます。そういうわけで今更だけど6月の集会のことを書きます。季節感が無くてごめんなさいね。
 2014年6月29日に上野公園野外ステージで、1975年に冤罪で逮捕されて以来獄中闘争を貫く星野文昭さんを支援する【6・29全国集会】が行われ、ミュージシャンの丸尾めぐみさんと福山竜一さんが、星野さん解放を願う「ソリダリティ 〜団結」「取り戻そう 星野」「あの坂を登って」の3曲を披露した。YOUTUBEにアップされているので貼り付けます。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 冤罪事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする