2005年12月12日

HG 三重県から紅白フォー!?

交渉遅すぎフォー!!
HG 三重県から紅白フォー!?
 NHKがハードゲイ芸人レイザーラモンHG(29)に、大みそかの「第56回紅白歌合戦」(後7・20〜11・45)への出演をオファーしていることが11日、分かった。HGは当日、三重県で開かれるカウントダウンイベントへの出演が早くから決定済み。NHKは現場から生中継することも視野に入れながら、出演方法を探っている。

 過激下ネタで知られるHGが、NHK初出演を紅白で飾る可能性が出てきた。

 紅白関係者によると、出演要請しているのは応援コーナー。スタッフには、昨年「マツケンサンバ2」を歌って高視聴率を記録した松平健(52)の印象が強く残っているといい、「今年も一番ブレークしたタレントさんに出てもらい、1年を締めくくりたい。番組が盛り上がるのは間違いない」としている。

 出演時間帯は、5分間のニュースをはさみ、第2部(後9・30〜)が始まった直後。昨年の視聴率は39・3%で初の40%割れに追い込まれただけに、HGで勢いをつけたいところだ。「腰振り」HGが「紅」「白」どちらを応援するのかも話題を集めそうだ。

 ただ、問題はHGのスケジュール。当日の午後9時から翌1日の午前1時まで、他の若手タレントとともに三重県のテーマパーク、志摩スペイン村でのカウントダウンイベント「爆笑!!よしもと男祭り」への出演が決定済み。

 HGがブレークする以前にブッキングされたもので、イベントを企画した吉本興業が、10月末ごろからHGの出演を前面に出して集客。「今からHGだけを外すことはできないようだ」(NHK関係者)

 当日中のNHKホールへの移動は不可能であり、現場からの生中継も視野に入れながら吉本サイドと出演方法を探っているという。

 過去には、中島みゆき(53)らの大物歌手によるサプライズ中継はあったが、応援タレントの中継出演は異例。歌手がフルコーラスを歌う中継とは違い、「フォーッ!」という“瞬間ゲイ”で十分なため、イベントとの調整は可能。実現する可能性は十分あると言えそうだ。
2005年12月12日06時01分
断末魔のNHK、瞬間的な最大視聴率のために手段を選ばんようですな。つーかNHKホールで大物歌手にもビビらず腰を振り続ける姿が見たかったw
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック