2005年12月12日

無防備地域宣言運動を中傷するマスゴミw

無防備地域宣言運動は各地で活発に行われているが、よっぽどこの運動がウザいのだろうか、最近は産経や新潮、それに朝日放送などのマスゴミも悪意に満ちた取り上げ方をしている。

無防備地域宣言運動のメールニュースで知ったことだが、朝日放送のムーブという番組で、この運動が紹介されたらしい。
ググってみたところ、“ぼやきくっくり”で内容が紹介されているのでコピペさせていただきます!

茶髪のタレント弁護士の橋下のコメントは、このようなありふれたものだったという。
「国家の大事な基盤は軍事力。大学などでの机上の勉強であれば無防備宣言も空想上の話ですむが、この世の中、第二次大戦後の紛争はどうなったか?戦争は異常事態。その中で国がどうやって生命財産を守るのか?まずは軍事力が大事。また軍事力で国際間のバランスがとれる」

軍隊が国民の「生命財産を守る」という幻想はいい加減捨てた方がいいと思うぜ。沖縄戦で日本軍が国民に対して何をしたのか知らないのか?そもそも軍部の暴走によって起されたアジア・太平洋戦争でこの国が滅びたことを知らないのか?
それに国家国民に莫大な負担を強いる軍隊という存在は、自衛隊の薬物汚染やアメリカ兵による相次ぐ凶悪犯罪、海水浴場でのアメリカ軍用ヘリ墜落羽田空港での電波障害、先日のイランの事故などに見られるように、あらゆる犯罪の温床であり且つ又常に市民の「生命財産」を脅かす物であることを知らないのか?
それに「軍事力で国際間のバランスがとれる」なんて冷戦時代みたいなことを言ってやがるが(コイツ何歳だ?)、「バランス」を取るための核兵器開発競争・核実験も必要なものだったというのだろうか?「バランス」を取る目的ならば、朝鮮民主主義人民共和国やイランの弾道ミサイル開発・核武装も認めるんだろうかw
また、「武力放棄というが、コスタリカでも国境警備隊とかある。無防備という思想は、地域の、子供を守っていくという意識が……(最近相次いでいる女児殺害事件を例に)」と、国際間の問題と個人が起した凶悪犯罪を混同させる発言に及んだらしい。誰も警察すら不用だなんて言ってねえぞ。こいつはマジでアホだなw

さらに大谷昭宏とかいうジジイは、
「9条の2項改正はとんでもないと思うが、こういう市民運動は大嫌い。沖縄どうするんですか。私んとこは無防備地域宣言したので攻撃しないで下さい、と?でも、米軍とどこかが戦う時に真っ先に戦うのは沖縄。そんな運動するなら『沖縄の基地の10%をうちに持ってこい』と言え。うちは攻撃しないで下さいという市民運動は限界だと思う」
と吼えたらしいが、何がそんなに気に喰わねえんだ?コイツは沖縄の人に後ろめたいから、自分の街が攻められる可能性があってもいいってのかw
・・・たとえばの話だが、「(俺の住んでる)埼玉県さいたま市の、無防備宣言は尊重します(今のところこの運動は始まってないが)。米軍も自衛隊も、今後何が起ころうともさいたま市には入りません。しかし代償として、埼玉県内に沖縄の米軍基地の一部を移設します」なんて交換条件は絶対お断りだねw
沖縄にアメリカ軍基地があるのは許せない。しかし沖縄の負担を軽減するために他県にアメリカ軍基地を移設することも認められない。日本中どこでも、アメリカ軍基地が存在するのは許せないのは言うまでもない。
「私んとこ」は「攻撃しないで下さい」と願うことの、どこが問題だろうか?自分は助かりたいと思うことの何がおかしいんだろうか?それともこのジジイは、いざ“有事”の際には沖縄に行き、「戦争するなら先に俺を殺せ!」と立ち塞がるんだろうか?つーかテレビに出て偉そうに喋ってる連中の頭の中身は往々にして空虚であることがよく分かりますたw

・・・だいたい戦争というものは、政権と政権の間で行われる紛争である。(ありっこないが)もし日本と朝鮮が戦争を始めるとしたら、それは日本人と朝鮮人が戦うわけではなく、小泉政権と金正日政権が勝手に始めるものである。そのような戦争というものに市民は協力するべきではない。協力させられてはならない。
しかし戦争が起これば必ず無関係な市民も巻き添えを喰らうものである。これを出来る限り回避しようとするのが「無防備地域宣言運動」であると思う。
もちろん軍事的な抵抗が放棄されていれば、侵略者は易々とその地域を占領・支配できるだろう。だから「無防備宣言」は危険なものだろうか?軍事力を維持することは、国家・民族の独立を保障するために、絶対に不可欠なものだろうか?俺はそうとは思わない。
「当時は『大東亜共栄圏』建設のための戦争だといわれ、我々もそう信じていました。しかし今になって考えてみると、あんなん無駄なことでした。向こうに損害を与えて、こっちもあんだけの損害受けて、いいことは何もなかった。いちばん損したのはフィリピン人です。
人間の気持ちだけは、武力では支配できんと思います。それを日本の軍部はもっと早う、中国大陸の戦いで気付かなかったのか。アメリカのような物資の豊富な国でも、やっぱり住民の反感買ったらベトナムで負けた。ソ連も同じことをアフガニスタンで経験していますしね。
レイテ島でもし仮に住民が協力してくれたら、最終的にはアメリカに負けたにしても、食糧は手に入れられたでしょう。アメリカ軍も住民もみんなが敵やったから、山の中に入って、人目につかんよう生きるしか仕方がなかった。飢餓に苦しみながら、さすらうしかなかった。レイテは世界最悪の戦場でした。日本軍は住民を敵にまわして壊滅したんです」(「太平洋戦争日本の敗因D レイテに沈んだ大東亜共栄圏」(NHK取材班編/角川文庫)より、第十六師団の通信兵だった中島建之介氏の回想)
他民族を武力で支配しようとすれば、必ず現在のイラクのように民衆による激しい武装抵抗を受ける。しかしそのような武装抵抗がなくとも、支配を続けていくことは出来ないと思う。「人間の気持ちだけは、武力では支配できん」のである。他民族・他国家による支配は必ず破綻するものと考える。
そもそも、今後日本に“有事”が起きることがあるとしたら・・・つまり「米軍とどこかが戦う時」とは、日本が侵略を受けるとはまず考えられない。アメリカが身勝手な都合によって東アジアで侵略・干渉を起す場合だろう。有事法制という悪法は、その侵略戦争に市民を協力させるためのものである。これを阻止するためにも「無防備地域宣言運動」が有益だと考える。どっちにしろ橋下や大谷のような下等な輩が口を挟めるような話ではないw


・・・余談だが、“ぼやきくっくり”では、最近巷間を賑わす「女系天皇問題」にも言及している。

■皇位継承は「長子優先」で一致…皇室典範会議
 だから〜その前に「本当に女系でいいのか」を議論しなさいよ!(T^T)
 それに「女性皇族が結婚後も皇室に残り、宮家を創設できるようにすることも決めた」ってことはよ、事実上誰でも天皇家の一員になれる可能性があるってことですよ?

 わかりやすく言えばよ、紀宮さまが先日ご結婚されたけど、その前にこの形で典範が改正されてたら、黒田慶樹さんは皇族になってたってことですよ?
 極端な例を言えばよ、田嶋陽子じゃないけど(拙ブログ11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』参照)、もし愛子さまが韓国人と結婚されたら、韓国人が皇族になるってことですよ?


それがどうしたというんだろうか?(その昔、朝鮮の王族の女性が天皇家に嫁いだ例もあったと、今の天ちゃん自身が述べたこともあった)
やっぱウヨ系のブログって俺のような凡庸な頭の持ち主には理解できねえな(;´Д`)y-~~
posted by 鷹嘴 at 15:44| Comment(20) | TrackBack(2) | 無防備地域宣言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 軍事力とは、国家による外や内に対する暴力に使われることもあれば、国家の交渉力の背景として使われることもあります。パワーなき国家は、国際社会で重要なアクターとはみなされません。例えば、大韓帝国は、日本の横暴を訴えるために、ハーグに使者を送りましたが、大国からは相手にもされませんでした。
 また、一方的な軍縮は、平和よりも、むしろ戦争をもたらします。朝鮮半島、ヴェトナム、台湾といった、この50年間にアジアで起こった紛争は、全て大日本帝国という覇権国が撤退したあとの「力の真空」で起きています。戦間期に英仏が一方的な軍縮を行ない、軍事力の行使を極力控えた結果、ナチスドイツの台頭を許し、第一次世界大戦後の国際秩序は20年で崩壊しました。さらに、デタント期の米ソ二国間で大幅な核軍縮を行なうことができたのは、米ソが軍事的に拮抗し、勢力均衡が成立していたからこそ可能になったものです。
Posted by NIISSHA at 2005年12月12日 20:19
 『無防備地域』の宣言をすれば「平和を確保できる」、「武力攻撃を免れることが可能」などの謳い文句を掲げて運動しているようだが、国際条約に無知なのか、知っているのに「事実」を証さないのか運動当事者に問いたいね。
 まず『無防備都市』とは何かといえば、「相手国による占領」を前提にした規定であるということだ。国家として戦略上防衛出来なくなった地域の自国民に、新たな戦火を及ぼさないよう、その地域の防衛行為の放棄を宣言して「敵に明け渡す」という宣言だ。見方を変えれば戦略的に価値のない地域の住民を見捨てて、防衛軍が後退をするということになる。
 とにかく占領された地域の処遇は占領軍に一任してしまう宣言なのだから、占領軍が住民に武器も持たせて、自分達の矢弾の楯にすることだって可能。生存権はすべて占領軍任せ。
 それに、ジュネーブ条約は一種の紳士協定。この手の国際法には違反行為に関する罰則規定などはない。いわば当事国の良識に期待しなければならないような宣言を市町村が勝手に出しておいても、占領軍が無視して攻撃を仕掛けられても、法的には国際法の違反になる可能性すらならない。その攻撃で被害を被る住民は当然泣き寝入りするのがおちだ。
 何でもそうだが、調子良いこと言う奴には、裏がある。
Posted by ふる@鶴川 at 2005年12月13日 16:38
もうこうなったら世界すべてで非武装運動
Posted by at 2005年12月13日 22:04
> いわば当事国の良識に期待しなければならないような宣言を市町村が勝手に出しておいても、占領軍が無視して攻撃を仕掛けられても、

それに、自衛隊やアメリカ軍がこの宣言を無視して入り込んだ時点で水の泡ですね。
しかしこの運動をしている人たちは、これらも承知のことだと思いますが。
Posted by ノンポリ at 2005年12月14日 00:49
あら??私のコメント削除されてますね。
何かまずいことを書いたでしょうか?

・女系と女性の違いについて勉強してください
・大谷昭宏はあなたの味方です
・リンク貼ってるブログの名前が違ってます

これぐらいしか書かなかったと思うんですが・・・なぜ私のコメントだけ削除?
ブログの名前が直っていると言うことは、私のコメントはお読みいただけたのですよね?

立川反戦ビラ事件の有罪判決を弾圧だ不当だと言うわりには、私みたいな一般読者も弾圧ですか?不当です!
Posted by 素子 at 2005年12月14日 01:51
> リンク貼ってるブログの名前が違ってます

ご指摘ありがとうございました。訂正しました。

> 私みたいな一般読者も弾圧ですか?

「弾圧」・・・また物騒な(笑)
Posted by ノンポリ at 2005年12月14日 02:26
「軍隊という存在は、・・・あらゆる犯罪の温床であり且つ又常に市民の「生命財産」を脅かす物である」し、「戦争が起これば必ず無関係な市民も巻き添えを喰らう」ので、侵略軍であろうが自国の軍であろうが戦時には居住地域から排除し、「これ(軍による蛮行)を出来る限り回避しようとするのが「無防備地域宣言運動」である」と、ノンポリ氏は述べられています。

 ところが、コメント欄では「自衛隊やアメリカ軍がこの宣言を無視して入り込んだ時点で(無防備宣言運動は)水の泡ですね。しかしこの運動をしている人たちは、これらも承知のことだと思いますが。」と述べられています。

 つまり、無防備宣言を行なったところで、条例を始めとする国内法に拘束される自衛隊さえも無防備宣言地域から排除できないことを認めた上で、無防備宣言運動を行っているのだ、ということを認めたことになりますね。
 そもそも、国民の意思を離れて、国家が暴力装置を行使しているならば、すでに国家は国民にとって「敵」と化しているため、国家による保護を求めてはなりません。法によって排除できない軍隊を(自衛隊も含みますよ)、居住地域からどうしても排除したいのであれば、「これを阻止するためにも「無防備地域宣言運動」が有益だ」などと言っている場合ではなく、実力行使をしてでも軍隊を排除しなければなりませんが、いかがでしょうか?
Posted by NISSHA at 2005年12月15日 00:21
戦争とは、民族同士の闘い。
日本人と支那人、朝鮮人が殺し合うことなのです。
その闘いにおいて、無防備などとふぬけたことを言う人間は、敵であります。
Posted by うんこ at 2005年12月18日 18:56
おまえら右翼も左翼も全員間違ってる。
戦いの汗は素晴らしい。
戦争をして何が悪いんだ。
人類は生存権を巡って戦うのが摂理。
小泉保守派も共産主義の走狗も皆、
臆病者として処断されるべきだ。
再び世界に鋼鉄の雨を降らせよ。
128ミリ砲の轟きを聞け。
原子爆弾も雨のように使え。
俺は世界最終戦争をしたい。
もしも戦争になったらぜひ人間を撃ってみたい。
戦争はスポーツのように爽やかなものだと思う。
右翼保守も共産主義左翼も、理想は戦って得るべきだ。
左翼ならT34戦車に乗ってファシズムと戦えばよい。
右翼ならティーゲルに乗ってボリシェビッキを叩きのめせ。

共にガンバレ、ファイト!
戦争こそ正義だ。
Posted by 軍国主義者 at 2005年12月22日 07:48
> ぜひ人間を撃ってみたい。

どうぞ
http://www.hartsecurity.com/contactus.asp
Posted by 白石苗穂 at 2005年12月22日 18:53
>> 極端な例を言えばよ、田嶋陽子じゃないけど(拙ブログ11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』参照)、もし愛子さまが韓国人と結婚されたら、韓国人が皇族になるってことですよ?

たしかに何を今更と言う感はありますね

皇室においては「韓国とのゆかり」発言にも有るとおり既に朝鮮の血は混じっています
Posted by 愛子臭 at 2005年12月25日 11:10
> 他民族・他国家による支配は必ず破綻するものと考える。

破綻するまでの間(数年、長ければ百年以上)、日本人は他国の支配を甘受せよと?本気で言ってるんですか?
仮に甘受して耐え忍んだ後、我々やその次の世代がまた元通りの生活に戻れる保障を、一体誰がしてくれるんですか?
そうならないための防衛力では?
Posted by 夏目 at 2006年01月22日 05:35
>それに、自衛隊やアメリカ軍がこの宣言を無視して入り込んだ時点で水の泡ですね。


自衛隊に無断で「無防備都市宣言」するつもりですか?つまり「無防備都市宣言」の条件を満たしていないのに、「わが都市は無防備都市になりました」と嘘つくのですね。『「無防備地区」となる為には、第59条第2項に4つの条件が設けられています。』とノンポリさんは自ら言っているのに。あなたは何かミスリードしているみたいですが、条件を満たせば宣言できるとは書いてはあるが、宣言したら条件を満たしてやらねばならないなんて書いていませんよ?
Posted by キム at 2006年02月25日 14:27
オオダニ氏やタネウマ氏の言い分には、あきれ返ってしまいます。大阪弁護士会には、この様な?な弁護士が何人かいるようですね。この話題とは関係ないですが、タネウマ氏は、日本の伝統芸能である能や狂言をかなり馬鹿にした言い方をしていた様ですが、どこの馬の骨かと言いたいですよ。所詮はウマですから、人間のマトモな思考回路を期待するのが、間違っています。「無防備地域」宣言をしようとしている沖縄の方々の先の大戦を生き延びてきた中での体験と教訓をあざ笑う資格など誰にもない。当然このお二方にも。
タネウマ氏は、テレビに出まくって、本業?にあらざるべき発言を繰り返している様ですが、放送倫理に触れるのでは、と。苦情で副業が少なくならないように考える時期ではないかと思います。権力に媚びている輩が食うに困ることはないのがこの世の常ですが。
普段強気な事ばかり主張している御人に限って、危機に直面したときの泣き言をのたまう例は、つい最近もどこかで聞いた様な。拘置所の中が寒いと接見の弁護士に言ったとか。普段の言動からはとても考えられないのが何とも言えない。
Posted by tiggar at 2006年04月01日 04:38
無防備地域宣言<あのこれは敵国に対して降伏すると言っているようなもので、現在敵国が存在しないこの状況で言うのは無意味です。仮想敵国になりうる国はあると思いますが、平和はすばらしいと思いますが、誰かが言ったように一方的軍縮は、平和より、戦争をもたらします。この無防備地域宣言が一方的軍縮のようになれば第二のナチスドイツの台頭や国連崩壊をもたらしかねない可能性があります。橋本氏の国家の大事な基盤は軍事力と言うのに私は賛成です。軍事力は抑止にもつながります。
Posted by at 2006年07月15日 12:14
無防備地域宣言<あのこれは敵国に対して降伏すると言っているようなもので、現在敵国が存在しないこの状況で言うのは無意味です。仮想敵国になりうる国はあると思いますが、平和はすばらしいと思いますが、誰かが言ったように一方的軍縮は、平和より、戦争をもたらします。この無防備地域宣言が一方的軍縮のようになれば第二のナチスドイツの台頭や国連崩壊をもたらしかねない可能性があります。橋本氏の国家の大事な基盤は軍事力と言うのに私は賛成です。軍事力は抑止にもつながります。
Posted by クルト at 2006年07月15日 12:14
無防備地域宣言<あのこれは敵国に対して降伏すると言っているようなもので、現在敵国が存在しないこの状況で言うのは無意味です。仮想敵国になりうる国はあると思いますが、平和はすばらしいと思いますが、誰かが言ったように一方的軍縮は、平和より、戦争をもたらします。この無防備地域宣言が一方的軍縮のようになれば第二のナチスドイツの台頭や国連崩壊をもたらしかねない可能性があります。橋本氏の国家の大事な基盤は軍事力と言うのに私は賛成です。
Posted by クルト at 2006年07月15日 12:15
無防備地域宣言を出せば、戦争に巻き込まれなくてすむ?
ドイツのドレスデンは戦争中、無防備都市宣言を出しましたが、その結果、通常爆撃では人類史上最悪と言われる爆撃を受けました。
一説には死者は25万人以上。それでいて、犯人である連合国側はなんのお咎めもありませんんでした。

無防備地域宣言なんて、この程度です。
Posted by さざなみ at 2006年07月28日 03:19
>他民族・他国家による支配は必ず破綻するものと考える。

・・・・・・・

アメリカの日本統治はどうなっているんだよ!
お前、堂々と自己矛盾していることにも気付いていないのか!?
Posted by さざなみ at 2007年02月08日 17:18
「週間オブイェクト」氏が詳しく説明されていますよ。
http://obiekt.seesaa.net/article/9271282.html

>この宣言は敵国軍に向けて出す降伏宣言であり、条例として「平和都市宣言」的に掲げるものではないのです。この運動はジュネーブ条約に対する誤った認識を広めており、なぜ運動当事者達が疑問を持たないのか不思議です。運動の根拠となる条約を読めば誰にでも矛盾点に気付く筈です。
特に軍事や歴史を勉強しなくても、読んだ時点で判るはずですが・・・
Posted by east at 2016年04月04日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「無防備地域」宣言
Excerpt: 産経の記事見て笑いましたw。無防備宣言=無抵抗って事だろうけど、もし中共に攻められたらそこの地域は民主主義や人権が守られるなんて意識は捨てなきゃならないんですよ。で、そこの地域は軍隊の駐留を含め、兵士..
Weblog: 元・事務局長の妄言集
Tracked: 2005-12-16 09:41

無防備地域宣言運動の正体
Excerpt: 日本法務省外局公安調査庁、通称公安から、認定されました。「平成18年「内外情勢の回顧と展望」より第3 平成17年の国内情勢  3 共産党・過激派等 〈 沖縄を始め各地で,米軍再編・強化反対を掲げた反基..
Weblog: 沖縄選挙の表裏【うちなんちゅなら選挙に行こう!】
Tracked: 2006-03-20 12:21