2008年11月08日

田母神事件@

遅くなったがこの椿事を忘れないうちにメモっとくか。

 10月31日、航空自衛隊の幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄というオッサンが、マンション分譲やホテル経営を手がける「アパグループ」が募集した「真の近現代史観懸賞論文募集」で最優秀賞(賞金300万円)を受賞したことが明らかになった。
この懸賞の「審査委員長」はいい歳こいて毒電波をバラ巻く渡部昇一なんだってさ。なにしろこいつは「南京大虐殺なんて無かった、なぜなら『昭和天皇独白録』にはそんな話は出てこないから」ってほざいた低脳だからな。どんな審査だったのか想像するまでもないぜ。つーか航自幕僚長、という大物の投稿だから審査するまでもなく一等賞に決まったんじゃねえか?
受賞した「日本は侵略国家であったのか」という文章は、

「日本は侵略国家ではない」
「日中戦争の被害者は日本だ」
「真珠湾攻撃はアメリカの罠だった」
「蒋介石はアカに操られていた」
「ルーズベルトもアカに操られていた」
「大東亜戦争のおかげでアジアが独立できた」
「東京裁判のマインドコントロールが今でも効いている」
「だから自衛隊の活動は縛られている」


という、今までネトウヨが書き散らしてことをツギハギしただけの代物。「張作霖爆殺事件もコミンテルンの謀略」という主張には驚いたな。最近そういうの流行ってんの?(これもトンデモらしい)
つーか、「・・・侵略の証みたいに言われてきた。」とかいう言い回しに幼さを感じるなあ。これが航空自衛隊の最高指揮官の文章かよ?その辺のネトウヨだってもうちょいマシな作文できるぞ。つーかアメリカの影響から抜け出せ、みたいなこと書いてあるから反米コヴァなのかと思ったら、

「日米関係は親子関係のようにあるべきだ」
「子供(日本)がいつまでも親(アメリカ)に頼ってちゃいかん」


と主張する、ありふれた変態ポチでした。ちなみにこのオッサンは、イラク自衛隊派遣差し止め訴訟・名古屋裁判の判決文の中の違憲判断について「そんなの関係ねぇ」と言った馬鹿である。

 また、自衛官は外部に論文を発表する場合、その旨を文章で通知する内規があったが、このオッサンは防衛庁の中江官房長に口頭で伝えただけだったという。しかもその中江という人によると、
「田母神と雑談をしているとき、論文のことを言っていたが、報告だとは思わなかった。つーかいつ聞いたのかも憶えとらん」
とのこと。この「論文」の内容がちゃんと報告されていれば、みんなは止めたろうな。
つーかマスコミはこの事件について「元空幕長が政府見解と異なる論文を発表した件について・・・」などと報じているが、この「論文」は政府見解云々する以前に、歴史を歪曲し侵略を肯定する反社会的な妄想なのである。余計な能書きいらんからちゃんと説明しろよ馬鹿。

 この「政府見解と異なる論文」の発覚を受けて防衛相は直ちにこの田母神ってゆうお馬鹿さんを更迭、「航空幕僚監部付」に落とした。そして田母神は11月3日付けで定年退職。懲戒免職にする場合、本人に異存がなければスムーズに進むが、田母神は辞職を拒否していたので本人に意見を述べさせる「審理」が行われるが、これには10ヶ月程度かかる。
審理を続けるため定年を延長しても田母神の場合は翌1月までが期限だが、そこまで処遇の決定が延びて批判を受けることを恐れた政治判断だったと思われる。退職金は6千万円とのこと。俺の20年分くらいの稼ぎだなw
こんな馬鹿にそんな大金が渡るのか。つーかこんな侵略戦争を美化する奴が、規則も守れない奴が、航空自衛隊のトップにいたというのは恐ろしいことだよな。

3日の記者会見でこの馬鹿は、「政府見解に反論できないんだったら北朝鮮と同じだ」とほざいたという。
別に言いたきゃ言えばいいのに。ここは北朝鮮じゃねえから何言っても逮捕されねえよ。ただし、自衛隊の幹部なのにそういうことを言いたいのならお辞めいただくしかないってこと。辞めたあと好きなだけ言えばいいってこと。こんな簡単なことを混ぜこぜにすんじゃねえよ馬鹿。

 ところで、11月1日朝日新聞は以下のような秦郁彦センセのコメントを掲載していた。
日本の近現代史に詳しい秦郁彦さんの話
論文は子引き・孫引きのつぎはぎで、事実誤認だらけだ。論文では私の著書「盧溝橋事件の研究」も引用元として紹介されているが、引用された部分は私の著書を引くまでも無く明らかなデータだけ。私が明らかにした事件の1発目の銃弾は(旧日本軍の)第29軍の兵士が撃ったという見解には触れもせず、「事件は中国共産党の謀略だ」などと書かれると、まるで私がそう主張しているかのように誤解される。非常に不愉快だ。
たしかに、秦センセの「盧溝橋事件の研究」の中に、「中国共産党の謀略だった」なんて主張は出てこなかったよなあ。
これだけでも田母神のトンデモぶりがよく分かるのが、間抜けなのが朝日新聞。「事件の1発目の銃弾は旧日本軍の第29軍の兵士が撃った」なんてことも、書いてなかったと思うで。つーか、第29軍って日本軍だっけ?と思っていたら、翌日2日に小さい訂正記事が載っていた。
【訂正】
1日付の空幕長更迭問題の記事の関連で掲載した現代史家の秦郁彦の談話で、
「事件の1発目の銃弾は(旧日本軍の)第29軍の兵士が撃ったという見解には触れもせず」
とあるのは、
「事件の1発目の銃弾は(中国軍の)第29軍の兵士が撃ったという見解には触れもせず」
の誤りでした。盧溝橋事件で1発目を撃ったと秦さんが明らかにしている第29軍は宋哲元の軍でした。訂正します。
ドジだねえ。よく分かんないことはちゃんと調べてからにすればいいのに。
秦センセに叱られて気付いたのかな?もしかしたら思考錯誤の論客に教えてもらったのかもしれんw
(つづく)

【 関連 】
◇ アパグループ-アパホテル・アパマンション・アパカード
◇ 真の近現代史観懸賞論文募集
◇ アパグループ第一回「真の近現代史観」懸賞論文 最優秀藤誠志賞を航空幕僚長・田母神俊雄氏が受賞! (魚拓)
◇ 日本は侵略国家であったのか  田母神俊雄 (魚拓)
◇ 空自トップを更迭 懸賞論文で「日本の侵略ぬれぎぬ」 (魚拓)
◇ 「日中戦争、日本は被害者」空幕長論文要旨 (魚拓)
◇ 田母神・空幕長更迭:あの空幕長がまた 過去にも暴言「そんなの関係ねえ」 (魚拓)
◇ 前空幕長の論文発表「口頭連絡」だけ、官房長も内容確認せず (魚拓)
◇ 防衛省内からも批判、給油法継続に影響も 空幕長論文(1/2ページ) (魚拓)
◇ 防衛省内からも批判、給油法継続に影響も 空幕長論文(2/2ページ) (魚拓)
◇ 田母神氏、空自誌にも持論「侵略はウソ」 昨年5月号 (魚拓)
◇ 更迭の田母神前空幕長、定年退職に 辞職の意思なし (魚拓)
◇ 田母神前空幕長が記者会見、スーツ姿で謝罪・反省の弁なし (魚拓)
◇ 前空幕長「議論したい」 防衛省、審理せず退職優先か (魚拓)
◇ 前空幕長論文問題:田母神氏に退職金6000万円 与党幹部から異論 (魚拓)
posted by 鷹嘴 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 日本軍(1950〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通あれぐらいの地位にいる人間が、戦史関係の論文を書くとなったら、公刊戦資料の「戦史叢書」や、機密解除された英米の公文書などから引用するもんだけれど、あの論文からは、そうした資料が使われた形跡が全く無いのはどういう事なんだ?
Posted by 空自の戦史教育はどうなってんだよ!!!?(トホホ・・・・・ at 2008年11月09日 18:23
参院外交防衛委での田母神(たもがみ)元空幕長による証言。
ひさしい前からバカウヨの口に膾炙してきた虚言妄言そのものでしたね。

こんな男の論文が「入賞」したことはぜんぜん問題じゃありません。
多くの人が指摘するように、アパなんとかの審査自体がまったくの出来レースなのは間違いないでしょう。
(あの渡部昇一の選んだ論文をかの小堀桂一郎が褒める。この猿芝居!)
たとえれば、ナチ党員が『わが闘争』から書き写した文言を党関係者が褒めちぎるのと同じことで、せまい仲間内での満足劇にすぎません。
「エライ! 全文書き取り、よく出来た」

実際、その内容ときたら、「やれやれ、またか」と呆れるような、2ちゃんねるに流布する靖国派の宣伝そのままで、新しさというものがまるでない代物です。
Posted by イヤハヤ南友 at 2008年11月15日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「更迭」如きで済ませるな
Excerpt: 田母神俊雄航空幕僚長の論文「日本は侵略国家であったのか」の要旨がasahi.comに載っていました。「日中戦争、日本は被害者」空幕長論文要旨http://www.asahi.com/polit..
Weblog: ザ・のじじズム
Tracked: 2008-11-08 01:34

不条理日記の鷹嘴(ばかはし)はマグロの過剰漁獲をダシにして全アジア人民を「黄色いサル」と差別し、アジア人民からマグロを取り上げようとする爆笑馬鹿基地外
Excerpt: 不条理日記の馬鹿、鷹嘴は他人の差別発言を批判するくせ、自分が行った差別発言には頬かむりする究極のキングオブお笑い基地外馬鹿差別野郎だった!
Weblog: 朝鮮人民よ永遠なれ
Tracked: 2008-11-09 18:33