【追記のお知らせ 2017年4月9日】
 記事「【5月7日】雁屋哲さんの講演+井戸川克隆さんと対談」に、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」から福島現地での鼻血の症状についての報告例を引用しました

2009年01月12日

赤旗の異常な報道 日本共産党の異常性

2008年12月13日、明治大学リバティータワーにて、「南京事件71周年12・13集会」というイベントが行われ、元自民党幹事長の野中広務氏らが講演を行った(俺は仕事休めなかった!)。野中氏は、自身の後援会会員が、南京での民間人虐殺を告白したことなどを「約1時間立ちっぱなしで」熱く語ったという。

081213nanking71.jpg

ところで、日本共産党の機関紙である赤旗に翌日掲載されたこの集会についての記事は実に不可解なものだったという。なんと、野中氏が講演を行ったことが、つーか野中氏がこの集会に出たことが、一言も書いていなかったんだとさ。要するに「野中」という文字をいくら探しても見当たらないんだってさ。
俺は赤旗なんて取ってないから図書館で確認した。

↓これが証拠だ!
081214akahata.jpg

しつこいけど書き写すぞ。
真の和解へ加害直視
南京事件71周年 東京で集会

「過去と向き合い、東アジアの和解と平和を 南京事件七十一周年12・13集会」が十三日、東京都千代田区の明治大学で開かれ、三百人が参加しました。主催は同実行委員会など。
七十一年前の十二月十三日に日本軍が中国・南京を占領し、非人道的な虐殺が行われ、昨年は南京事件七十周年国際シンポジウムが九カ国で行われました。
子どもと教科書全国ネット事務局長の俵義文氏が教科書や政府のホームページにも記載してある南京大虐殺の歴史的事実を「国民の歴史認識として定着させる努力を続けたい」と集会の目的を話しました。
「かつて、百人斬りが賞賛された時代があった」と題して、都留文科大学教授の笠原十九司氏と哲学者の能川元一氏が対談。笠原氏は、無抵抗の捕虜や投降兵を何十人も日本刀で殺した人を賛美する地方紙の記事を紹介し、「異常な時代があったことを忘れてはいけない」と述べました。
弁護士の尾山宏氏が東アジアの人びとが共同して日本の加害の真相を直視し、和解への道を模索する「『東アジア真実・和解委員会』の立ち上げを政府に迫っていこう」と呼びかけました。

南京事件: 日本軍が中国に侵略戦争をしかけていた一九三七年十二月、南京攻略の際、中国兵捕虜、市民を殺害した事件。日本軍は食糧を略奪、民家に放火、女性を暴行しました。戦時国際法に違反して、中国軍の投降兵、捕虜、敗残兵を万、千単位で集団虐殺しました。
たしかに野中の「の」の字も出てこねえな。この集会の目玉は野中氏の講演じゃねえかよ。こう言っちゃ失礼だが笠原氏や俵氏や、一般にはほとんど無名の能川氏、尾山氏が300人もの聴衆を呼び込めるわけねえだろ。
断っておくが、決して野中氏がドタキャンしたわけではない。俺は行けなかったけどさ、以下の記事で野中氏が出席したことが確認できる。
◇ 南京事件71周年12・13集会が開かれる
◇ ひまわり博士のウンチク 南京事件71周年 12・13集会
◇ 野中広務の講演を聞いてきました - inti-solのブログ - 楽天ブログ(Blog)
◇ 後援会員が「殺した」と告白 南京占領71周年で野中氏 - 47NEWS(よんななニュース)
 (魚拓)
そりゃ、赤旗にとっちゃ元自民党議員の活躍を宣伝したくないだろう。しかし野中氏の講演内容について一言も触れなかった程度ならまだ可愛げがあるが、野中氏の存在自体を無視しているじゃねえか。都合の悪いものは黙殺する、無かったことにする・・・まるで旧ソ連や今の中国や北朝鮮そっくりだな。もしも日本共産党が政権を取っていたら、これらの国のような政治を行っただろうね。
つーか共産党って昔からこうだったらしいね。成田闘争のときなんか住民や学生が機動隊と激突しているのに安全な所で歌を歌ってたらしいぞ(そういう態度だから反対闘争から叩き出されたそうなw)。ごく最近の話だが2005年の杉並区の教科書採択の時には、熱心に活動していた「親の会」を完全に黙殺してたな。筆坂氏が粛清されたのもただの権力闘争じゃねえの?
これだから共産党は伸びないんだよ。つーかジリ貧なんだよ。
たしか2002年ごろだったと思うが、共産党の地方議員数は4千人以上だった。それが今じゃ3073人(08年12月1日現在)である。わずか6〜7年で約25%も減少している(これについては某所で指摘を受けた。近年市町村合併が加速し全国的に地方議員数が減少しているので、これは一概に党勢の衰退を示すとは言えない、とのこと)。まあドカンと消えることはないと思うけど、ジワリジワリと衰退していくと思う。俺みたいな何も知らんネトサヨもいいかげん目が覚めたぜ。


・・・共産党とはこういう組織なのだが、その主張自体はサヨクにとって、まあだいたい同意できる代物であり、昨今の雇用不安でも存在感を増しているみたいだな。(以下、朝日新聞1月11日「ルポ にっぽん」より引用)

ある失業中の40代の女性は自民党に電話で相談しようとしたが「一般市民の相談には応じられない」と突っぱねられ、共産党に助けを求めた。退職を強要された20代の男性は「土日は役所も労組も閉まっていて、相談に乗ってくれたのは共産党だけだった」と語る。
この「現代の駆け込み寺」のアドバイスを受け、入党を勧められる人々も少なくないという。07年9月から昨年12月までに約1万4千人が新たに入党し、購読者数が長らく減少していた「赤旗」も昨年5月から増加に転じているとのこと。
しかし新たに入党した人々も、自らの勢力拡大しか興味の無い共産党の本性を知れば大いに失望することだろう。
それにあそこはひどく人使いが荒いらしいぜ。ある事情通は、共産党の専従職員について「あいつらには人権が無い」「いつも『お前ら労組作れよ』と説教してる」と語っていた。地方議員や専従職員には重い負担を課し、党本部の方針には一切異論を認めない共産党の姿を見ていると自民党の方がよっぽど民主的だなと思うw

困っているのは、サヨクにとっては選挙のときに共産党という選択肢を外すといろいろと悩むことと、こういう共産党が現在の雇用不安の中で注目を浴びている、ということだ。
朝日の記者が共産党地区委員会の幹部に、
「でも、(不当に解雇された)彼らの政治的な受け皿が共産党しかない、みたいな今の状況は……」。
と言うと、
「それは、悲劇ですよ」と言葉を引き継いだという。
この幹部は「国政に於ける共産党の議席数は少なく、政治的影響力は強くない」という意味で「悲劇だ」と述べたと思うが、それは違うぜ。共産党みたいなのしか頼れる党が無いという状況と、こういう社会情勢が共産党に利用されているのが「悲劇」だ。
俺も今まで共産党ばっか投票してたのと、共産党への投票を薦めるような書き込みをしてたのを反省しなくちゃ。

つーか党としては異常だけど議員一人一人はまともな人の方が多いと思うよ、多分。たまに駅前で見る斉藤まきちゃんは密かに応援してますw


追記:6月24日、なんと赤旗に野中氏のインタビューが掲載されたという。
<特別インタビュー>野中広務さん 憲法・戦争・平和/いま日本がおかしい【しんぶん赤旗】|どこへ行く、日本。
しかし野中氏の改憲論を堂々と掲載するとは日共も随分懐が深くなったものだな?まさかそれに同調しているわけではあるまい。いくら日共でもそこまで堕ちやしないだろう。
もしや、この投稿で書いた件が党内外で批判を浴びたから、火消しのために野中氏へのインタビューを敢行したのではあるまいな?という邪推はやめときますw
posted by 鷹嘴 at 00:44| Comment(15) | TrackBack(1) | 日共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが日共w

この記事を読んで、早稲田大学の左翼主催イベントに右翼の鈴木邦男さんがゲスト出席することを妨害してきた革マルと変わらない共産党という体質を再確認スマスタw


『 「鈴木の講演会をやりたい」と言うと、革マル派が大挙して押しかけて脅した。「反動右翼を早大に呼ぶなんて許せない。呼んだら殺すぞ!」と脅した。「お前らが大学に来れないようにしてやる!」とも言った。本当の話だ。それも、通学路で待ち伏せる。アパートに押しかける。脅される方は大変だ。青くなり震え上がって中止した。

 僕もいろんな提案をした。「僕の講演会じゃなく、僕と革マル派の公開討論会にしよう。こっちが一人で向こうが5人でもいい」と。でも、「右翼反動と同席できるか!」「右翼は人殺しだ。権力の犬だ。そんな奴らを学内に入れるとは何事か!」と革マル派は言う。
「じゃ、そのことを学生の前で証明してみせたらいいだろう。僕は一人で行く。向こうは全国動員し、何万人でも集めたらいい。頭のいい人たちだから僕なんか簡単に論破されるだろう。その結果を新聞や立て看板に書いたらいい。“右翼反動を論破した”」と。 』
http://www.magazine9.jp/kunio/081112/
Posted by やつらだ@鷹嘴 殿 at 2009年01月12日 08:55
> さすが日共w

単なるネトサヨの私も、やっと目が覚めましたよ。でも民主党も嫌いだし・・・どうしようw
つーか共産党が、こういう本質を隠して若者をオルグしまくっているのを聞くと情けなくなります。
なんか昔の革マル派のほうがマシですねw
Posted by 鷹嘴 at 2009年01月13日 00:41
この件に関しましては私の方から赤旗編集部にきびしく言っておきました。
謝罪記事を載せるようならまだ共産党には希望があるかもしれません。
黙殺あるいは拒絶したならば私はもう既存政党のどこも支持しません。
いずれ力を蓄え無所属として出馬するか新党を立ち上げるか真剣に検討します。
もし後者を選ぶことになった際は鷹嘴さんも入党してくれたらうれしいです(笑)。
Posted by アッツィー at 2009年01月13日 18:41
お初です。

この辺が共産党クオリティーなんだよねえ・・なんで野中の名前くらい出せんのかなあ。
そういや、麻生豪邸ツアー弾圧事件も華麗にスルーしていましたね、共産党は。反応していたのは「ロスジェネ」の浅田大輔君と、ブロガーの土佐高知氏くらいか・・。あのyoutubeの映像を観て、公安の恣意的逮捕を見抜けないなら左翼なんて辞めろと言いたいですな。

鈴木さんは立命館でも共産党・民青によって講演会を阻止されていた筈です。早稲田・革マル、法政・中核、明治・解放、立命・民青・・強権的な学内支配と反対派排除という点では同じです。今じゃ、どこもトホホ状態ですが・・・
Posted by 一日千秋のプロレタリアート at 2009年01月14日 01:59
皆さん、コメントありがとうございます。承認が遅れてすいません。
このエントリーですが少々訂正と書き足しを行いました。
Posted by 鷹嘴 at 2009年01月15日 01:35
 だいたいこの世の中の左翼にせよ右翼にせよ政党の頭張ってる連中はいまやみんながみんな自分がボスでいられる共同体が好きなだけで、それに過剰な期待を寄せるのはおばかさん以外の何者でもないのかもしれません。
 たまさか利害が一致した時にのみ共闘するための道具ぐらいに考えた方がちょうどいいのかもしれません。
Posted by アッツィー at 2009年01月15日 17:56
せっかく昨年の『蟹工船』ブームで、そっち方面が見直されて、党員も増えたというのに何をやってるんだか・・・。

こういう時こそ、気を引き締めなければならないのだが・・・。
Posted by イヤハヤ南友 at 2009年01月15日 19:11
>共産党の地方議員数は4千人以上だった。それが今じゃ3073人(08年12月1日現在)である。わずか6〜7年で3分の4になっている

・・・・笑 増えたのか!!
Posted by 通りすがり at 2009年02月05日 00:32
>> わずか6〜7年で3分の4になっている

訂正しますた
Posted by 鷹嘴 at 2009年02月05日 01:17
こんにちは、「たかしズム」のたかしといいます。ま、どうでもいいですけど以下の記事をご覧になってみてください。どうぞよろしく。

http://www.sadaoka.net/blog/entry/001095.html
Posted by たかし at 2009年07月22日 16:05
その件知ってます。野中氏の改憲論を堂々と掲載するとは赤旗も随分懐が広くなったようですな。それとも(以下ry
Posted by 鷹嘴 at 2009年07月23日 10:47
裁判員参加判決の欺瞞的で邪悪な結果

09.8.6に東京地裁で裁判員参加の殺人事件の判決があった。
 検察の求刑16年に対し判決15年で、従来と全然変化なしだった。
それは、素人の裁判員らが裁判官の判断に盲従した結果だ。
 これで、裁判員制度は無意味化した。
 彼らは皆、取り返しのつかない殺人への殺人犯罪者による相応の償いの感覚を欠いている。
 「如何なる理由があっても、犯罪中で最悪の殺人犯罪は、同じ命で償う」という原則を
確立しなければ、5〜6年、今回は15年で殺人犯が出所してしまう現状が、殺人事件の多発の
原因になっている。
 これは、殺人犯への「人権擁護」の誤った理解と実行から起っている。
 これは、犯罪者を「人権擁護」でかばう愚劣極まる邪悪な社会の実体を示した。
 こういう状態だから、殺人事件は益々増加する。

 それを、犯罪検挙率10%未満、冤罪事件の多発、殺人犯罪者を事実上かばった軽い
刑罰、政治的でっち上げ逮捕・投獄、良心的裁判官・検事の謀殺事件の続発、など
で司法制度が事実上崩壊している現状の責任を国民に転嫁するために政治的策謀で
実施されたのが、裁判員制度である。
 また米ブッシュ政権による「年次改革要望書」に従って全会一致の国会可決で実施
され、思想・信条・良心の自由を保証した憲法違反の強制で実施されたのが、今回の
裁判員制度なのである。

 これで、日本社会は益々腐敗を深めた。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/64.html

Posted by たつまき at 2009年08月06日 19:33
最近元自民党幹事長で自民内閣の官房長官だった野中広務が、官房機密費を毎年500万ー1000万円首相、与野党幹部、評論家などに配っていたと暴露した。
 創造主らの宇宙ブロックス管理界の知らせによれば、
 反対派レプティリアンの変身体・不破哲三(元共産党委員長・議長)はレプティリアン変身体仲間の中曽根康弘が首相時代に、内閣官房機密費から毎年500万円もらっていた。つまり自民党内閣に買収されていた。最近不破が中曽根康弘と友好的に対談した記事を載せた週刊誌が出たのは、その傍証になった。
 彼が先年中国の北京まで行って、中国社会科学院で「市場経済の社会主義」論と称する自分のニセ社会主義論の演説をした出来事は、米国の独裁者でレプティリアン変身体ロックフェラーへの忠勤を示した。
 現在の共産党委員長志位和夫もレプティリアン変身体で、歴代自公内閣と鳩山内閣の内閣官房機密費から毎年500万円付け届けを受け取っている。
 核兵器廃絶運動での協力を理由に、志位は世界最大の国家テロリストで侵略者である米オバマ政権から09年12月に100万ドル(9400万円)の付け届けを受け取って買収された。オバマもレプティリアン変身体だ。
 オバマが核兵器廃絶を提唱した理由で、2010年1月の第25回党大会でオバマに尻尾を振って礼賛した決議を採択したのは、その結果だった。
 志位は2010年4−5月にはNPT会議の機会に訪米して、世界最大の国家テロリスト・侵略者米オバマ政権に尻尾を振った。今もNYCに滞在して、オバマ礼賛のウィルスをばら撒いている。志位は、米大統領選挙でオバマを支持したCPUSA=米国共産党と共に、歴史的な裏切りと腐敗を天下に曝した。
 こうして、体制内改良主義の日本共産党は落ちる所まで落ちた。
 50年前の60年安保闘争のとき、社会党の浅沼稲次郎委員長が演説中に売国右翼によって演壇で刺殺された事件とは、比較にならない程の腐敗・堕落である。浅沼は「アメリカ帝国主義は世界人民共通の敵である!}と宣言していた。
レプティリアンの映像:
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=tq1SgXIKI3U&feature=related
Posted by 大川 at 2010年05月04日 20:20
YOYOGI・・・共産党本部
夜毎 よからぬ 欺瞞の集い
Y・Y・G
Posted by ホワイト ルーク at 2016年03月23日 18:33
●ソビエト連邦 も 中国も 共産党の暴力革命でつくられた恐怖の国家だ。・・・ネットで調べるがいい。
共産党にとっての国民は共産党員だけだ。 一般国民に命の保証はない。
共産党に逆らう者と邪魔な者は、必ず殺された。 彼らには共産党が唯一絶対だ。
●日本共産党はチャンスを待っている・・・本音(暴力革命)をひた隠しにしている。
国民連合政府?  ふざけるな!
(小池・志位・穀田・山下)は極悪人につき  W A N T E D !
破壊活動防止法を適用すべし
Posted by チェックメイト キング2 at 2016年03月23日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112482482

この記事へのトラックバック

しんぶん赤旗の野中広務氏インタビューについて私も一言
Excerpt: 6月27日のしんぶん赤旗の第一面に載っていた「憲法・戦争・平和」というインタビュー記事に自民党の野中広務 元幹事長が登場していたことが、いろいろなブログで評判になっている。私はしんぶん赤旗を取っている..
Weblog: たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
Tracked: 2009-07-22 16:58