【追記のお知らせ 2017年4月9日】
 記事「【5月7日】雁屋哲さんの講演+井戸川克隆さんと対談」に、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」から福島現地での鼻血の症状についての報告例を引用しました

2009年07月24日

ゆるい人たち

 皆さんはサヨクのML(メーリングリスト)を覗いたことはありますか?

 ググるだけでは見つからない貴重な情報や、集会の告知、いろいろな論考が読めて有意義な面もあるのだが、とてつもなく「ゆるい」参加者も紛れ込んでいて失笑させてくれる。あれじゃネトウヨにおちょくられても仕方ねえなあ。
 今年3月に閉鎖してしまったAMLを読んだことがある人ならなんとなく想像できるだろう。(ってゆうかAML全体がゆるいんじゃなくて、ゆるい人も何人かいたってことだよ)。
 AMLのようにやたらと参加者の多いMLはまだマシな方だが、「**の会」の会員専用とか、参加者が限定されるMLのゆるさは目も当てられない。(もちろんゆるい人ばっかりじゃないけどね)

 「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」という市民団体がある。終戦後中国の「撫順戦犯管理所」に拘留された日本兵・将校が、己の戦犯としての罪を自覚し侵略戦争の愚かさを悟り、釈放されて帰国後「中帰連」(中国帰還者連絡会)を結成。メンバーの高齢化によって同会は解散したが、「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」が結成され活動を引き継いでいる。元中帰連の方々は現在も証言集会など精力的に活動を続け、そして若い会員がその活動を受け継いでいる。
 このように活動自体は有意義なものなのだが、同会のMLではたまに珍妙な発言が出ることがある。

 このMLで、元日本赤軍の西川純さんの上告審を支援している、という投稿があった。ハーグ事件とダッカ事件で起訴された西川さんは2007年無期懲役が言い渡され、08年の控訴審も棄却されている。ところがダッカ事件は目撃談だけの冤罪だという。俺は全然知らないが。
 すると某大学の教員を名乗る者が、

 「日本赤軍などニセ左翼だ、テロ集団だ。『政治犯』なんかじゃない。
 そんなテロ集団を庇うのは平和運動や人権擁護の運動とは別だ。
 あいつらを弁護することと、葛飾事件世田谷事件のような政治弾圧に抗議することと、一緒くたにしてはいけない。このMLをテロ集団の宣伝に使うな」


 と騒ぎ始めた。ずいぶん新左翼がお嫌いなようですな。
・・・もちろん葛飾事件や世田谷事件は本当に酷い弾圧だ。一方、俺は西川さんのことは全然知らない。しかしどんな凶悪犯だろうとテロリストだろうとオウムだろうと、正当な裁判を受ける権利はある。不当な判決が下されれば上級審で争わなくてはならない。それを支援することこそ、「人権擁護の運動」ではないか?それともこいつはどんな冤罪事件があっても気にしないのか?
 彼は他の参加者から抗議されても一向に反省しない。

 「警察の泳がせ政策に甘えてきたニセ左翼が、本当の平和運動への弾圧の口実を与えてきたんだ」

 ま、そういう構造もあったかもしれねえけど、日共だって新左翼だって弾圧の対象になるんだ。自分らも弾圧されてんのに同じように弾圧されてる集団を攻撃してどうする?敵は国家権力のはずだぞ?
 しまいに、

 「こういうニセ左翼と、『日本共産党や9条の会に結集する良心的な市民』を混同してはならない。
 護憲運動・平和運動の健全な発展のために、ニセ左翼の浸透を防がなくてはならない」


 などとほざき始める始末。自分の側が弾圧されれば騒ぐのに他の党派が弾圧されても黙殺するどころか罵倒するのが「良心的」なのか?笑わせるよな。てめーらこそニセ左翼だ!(俺も突っ込みを入れたが反応はなかった)しっかし日共とそのシンパの性根がよ〜〜く分かったぜ。金輪際あいつらとはつるまねえからな。つーか都議選惨敗ご苦労様です。来月の総選挙でさらに議席を減らすのを期待してまっせ♪

 ところでこの日共シンパを批判していた御仁とはチベット問題でやり合ったことがある。「中国はチベットを発展させた」「多民族を支配する中国には、内乱を防ぐための事情がいろいろある」「ダライ・ラマはCIAから資金をもらっていた」などと聞いたようなことを並べていたが、「日本は朝鮮を発展させた」「ラーベは武器商人だった」などというネトウヨの主張と全く同じであることに気付かないようだな。
 しまいに、「アンタが反革命に協力するのは勝手だけど・・・」などと口走りやがった。「反革命」っては、要するに中国に於ける反体制運動のことだよな。よーするに中共に逆らうこと自体が悪いことだと思ってるんだろうな。
 まあ、あのMLで中共を批判すりゃ反発が起きても不思議は無い(俺だって当時の中共が戦犯に寛大な処置をしたこと自体は評価したいが、建国以来の民族抑圧・人権弾圧は絶対に許せない。それが普通だろ?)。もちろん、チベット問題についてもまともな意見の方が多いけどね。

 つーか、日共シンパや中共シンパが、平和や人権に全く興味が無い「ニセ左翼」であることが分かったのは収穫だったな。今後も順調に絶滅へ向かっていくことを期待しよう。

※ ところで今あのMLでトラブルが起きている。俺もその渦中にいるわけだが、もし退会処分とかされたらまたここで報告することにしよう。それと、「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」と密接な関係のある「南京への道・史実を守る会」ってゆう市民団体があって、俺はそこの事務局員をやってたんだが、先月辞めました。ま、人生いろいろ、党派もいろいろってもんさw


【参考】
◇ 西川純 - Wikipedia
◇ = デラシネ日乗 = 元日本赤軍西川被告、二審も無期=ハーグ、ダッカ両事件−東京高裁
◇ 葛飾政党ビラ配布事件
◇ 世田谷国公法弾圧事件
◇ ニセ「左翼」への「泳がせ政策」とは?
posted by 鷹嘴 at 01:00| Comment(5) | TrackBack(0) | バカサヨ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、うだつの上がらないネット左派が、共産党を誹謗中傷しているが、共産党が反動だとかネトウヨに媚びているなどと言うことは有り得ない。

天皇容認は、洗脳された民衆に受け入れられるための苦肉の策だ。
Posted by 共産党は絶対に正しい at 2009年07月24日 16:29
「反米嫌日戦線」の興味深い記事を二件紹介します。


共産党よ 党費納入率6割未満でどうやって選挙に勝つのかw
http://anarchist.seesaa.net/article/124122740.html

共産党 宮本顕治は人殺し
http://anarchist.seesaa.net/article/51694633.html
Posted by 鷹嘴 at 2009年07月25日 00:06
共産党信者と称し、荒らしたことを認めます。
ごめんなさい

実は私は共産党支持者ではなく、アンチです。奴らは労働者の味方だとか言っておきながら、特権世襲公務員で高所得搾取者の特定郵便局長どもを擁護しやがった

あと、民商などと言う、個人資本家どもと結託したり、派遣を煽って正社員を侮辱するなど、許せないことが多すぎる。
派遣・非正規を救うのに、何で資本家と戦わないのか。正社員が努力して得た地位を利権だ何だと中傷するのは間違っている。弱者どうしで争うな

役人と自営と資本家が労働者の敵だろ

クソ共産党は、高学歴の癖に馬鹿だから現行一致できない
Posted by 革命戦士 at 2009年07月25日 06:49
>革命戦士

長州力?
Posted by ぶるうピーター at 2009年07月25日 20:06
 かみさんひとりオルグできないやつにいわれたかないと、その「ゆるい」人は思うでしょうね。
Posted by アッツィー at 2009年07月29日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123873567

この記事へのトラックバック