2006年02月10日

平沼ってのが、

面白いことを言ってたみたいね。
紀子さまご懐妊「政界・皇室が混乱」 世界の主要紙報道
2006年02月08日23時11分
 秋篠宮妃紀子さまの懐妊について、世界の主要紙は8日までに、「日本政界と皇室を混乱に陥れた」(英紙タイムズ)などと報じた。特に皇室典範改正論議に注目して、「世界最古の男性支配の皇室」(米紙ワシントン・ポスト)の変化が遠のく可能性などを伝えた。
 英国では保守系の主要2紙が取り上げた。タイムズは国際面1ページを使って報道。メディア報道が先行したことから「典範改正を望む小泉首相の計画を台無しにする意図がうかがえる」と指摘。デーリー・テレグラフ紙は「予想外の事態によって、女帝を禁じている皇室典範の改正論議は複雑化する」と論じた。
 ワシントン・ポスト(電子版)は「皇室の扉を開く法案の成立は、突如としてそう確かなものではなくなった」。男児が誕生した場合、「勢いづいていた愛子さまの皇位継承を認める動きが沈静化する可能性がある」と指摘した。
 独紙フランクフルター・アルゲマイネは「典範改正論議をめぐる積極派と消極派の対立が過熱せざるを得ない。株式市場にも影響している状態だ」と報じた。
 仏フィガロ紙は、平沼赳夫元経産相の「愛子さまが青い目の男性と恋に落ち、そのお子様が天皇になられることは、断じてあってはならない」との発言を紹介。台湾の自由時報も「伝統を守ろうとする勢力にとって、新たな子供は救いの星となる」と伝えた。
 ロシア新聞は「保守的な政治家は皇太子に愛人を持つことさえ勧めていた」と、反対派の一部にあった「側室論」を紹介した。
要するに平沼の本音は「天皇家が毛唐の血で汚されるのは許されない」って感じだね。
つーか愛子タソが将来天皇になることに賛成の連中でも、そういう時は反対するだろうね。仮に今の皇太子が雅子ちゃんじゃなくて外国人の女性に恋し、結婚の望んでも反対してただろうね。
女系・男系論争がアホらしいっつーよりも、そもそも血統という幻想に依存しなければその権威を保てない天皇制自体が馬鹿馬鹿しいことにみんな早く気付いてね♪

「アホらしい 今すぐやめよう 天皇制w」
posted by 鷹嘴 at 01:53| Comment(5) | TrackBack(2) | 天ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
まあ、もし、皇太子が青い目の女性と結婚したいと言い出したら、表沙汰になる前に、宮内庁内で潰されるでしょうな。と言うか、間違っても外国人と結婚したいなどと言い出さないように教育しているのかも。
Posted by 闘うリベラル at 2006年02月10日 20:08
天皇制について何か書こうと思ったら、昔フォークソング全盛時代に岡林信康が歌ってた「くそくらえ節」の一節が浮かんできてしまいました。
 「ある日明治のクソジジイ 若者呼んでこう言った 天皇陛下は神様じゃ お前ら態度がなっとらん ウソこくなったらこの野郎 こきゃがったなこの野郎 天皇さまもトイレにはいれば 紙(神)にたよってる」
 思えばこの当時、天皇制や皇室を茶化した歌はかなりあった筈ですが、最近の若者はどうなっちゃったんですかね?
Posted by 下等遊民 at 2006年03月21日 07:59
> 昔フォークソング全盛時代に岡林信康が歌ってた「くそくらえ節」

それって放送禁止になったんでしたっけ?

> 最近の若者はどうなっちゃったんですかね?

最近の話ではありませんが、TBSの「イカ天」で、何週か勝ち抜いたバンドが天皇制を批判する曲を演奏しようとしたら、ディレクターに「それだけはやめてくれ!」と必死に止められた、とかいう話がありました。

また、「ジュラシック・ジェイド」というインディーズのバンドがありまして、
http://www2.odn.ne.jp/jurassic-jade/contents.htm
その「ドクロドクハク」という曲の歌詞が印象的でした。
「くたばりやがれ神の末裔 殺戮の王」
年号が「平成」に変わった頃の曲です。
Posted by ノンポリ at 2006年03月23日 00:09
 >ノンポリ様
 「くそくらえ節」は仰る通り、放送禁止歌でしたね。岡林信康には他にも部落差別をテーマにした「手紙」などの放送禁止歌がありました。ただ厳密に言うとこれらの歌は放送禁止歌というより自主規制されてしまった歌ということらしいのですが。「イカ天」のエピソードや「ジュラシック・ジェイド」については全く知りませんでした。是非、聴いてみたいですね。
Posted by 下等遊民 at 2006年03月26日 00:43
天皇制がおかしいのなら、他国の王政もおかしいよね。
んならそれについても言及しないとまったくもって片手落ちも甚だしい。
Posted by qwert at 2006年03月28日 04:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

典範論争の残滓
Excerpt: 何故小泉が、皇室典範改正に執着したのか、その真意は分からない。紀子さんの妊娠が無ければ、これを軸に郵政改革騒動の再現で、政界再編を狙っていた、それはあり得たことに思える。
Weblog: 季節
Tracked: 2006-02-11 23:37

全身アングラ小説家・奥月宴
Excerpt: 「『噂の真相』25年トラブル裏面史に学ぶトラブルシュー ティング術!?」(帯のキャッチ)として今月出版された「編 集長を出せ!」(岡留安則・著 ソフトバンク新書)という本 には「『噂の真相』を創刊し..
Weblog: サブカル雑食手帳
Tracked: 2006-03-26 00:46