2010年02月05日

「南京!南京!」がアメリカの映画祭を辞退した

 アメリカで1月5日から18日まで、「パームスプリングス国際映画祭」というのが開催され、話題の「南京!南京!」も上映されるはずだったが・・・この映画祭では「雲の後ろの太陽」という、チベット問題を扱った映画も上映される。そのため「南京!南京!」の陸川監督が、この映画祭から辞退することを決断したそうな。
  「すべては国家の利益を重んじる。我々の態度はいかなる交渉の余地もない辞退だ」


◇ 「南京!南京!」米映画祭辞退 チベット独立映画に抗議

 ↓これが問題のチベット映画らしい


 非常に非常に非常に残念だけど、まあ陸川監督にも、国内で仕事を続けるための立場というものがあるんでしょうね。つーか「南京!南京!」来年日本で公開されるらしいけど、観る気なくなっちゃたよ。中国政府は、この作品だけじゃなく中国の映画全体へのイメージダウンというものを考えてみたらどうかな。つかあの国は映画どこじゃねえよな。
posted by 鷹嘴 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック