2006年04月16日

フジテレビ「スタ☆メン」にて

先ほどのフジテレビの番組「スタ☆メン」にて、教育基本法改悪について取り上げていた。出演者に「愛国心を法律に盛り込むことは必要か?」にYESかNOか問うたところ、爆笑問題の二人、阿川佐和子サマ、押切もえサマ、他1名は全てNOだったが、タレント弁護士の橋下徹のみYESだった。
しかも「愛国心がない人はこの日本から出ていけばいい」と、脳の程度を疑わせるような言葉を吐いていた。あそこまで馬鹿だとは思わなかったぜ。弁護士のクセに個々の思想信条は守られなければならないことを知らないようである。たとえば人権完全無視の某国に於いて「将軍様を讃えない者は、我が国から出て行くべきだ」というのと同様である。

何度も言うが、政権側が「愛国心」を口にするとき、それは現政権を愛せという本音がある。要するに自民党政権を愛せというのと同じである。政府に、統治機構に、盲目的に従えというのである。文句を言うなということである。
こんなことはあの馬鹿には分からないだろうが、自民党の連中の本音もあの馬鹿のたわ言と同じように、政府のやることに文句のある奴には消えて欲しいんだろうなあ。結局理想は北朝鮮のような国なんだろうねえ。あの番組でも最初に特集していたが、美容院には「女性はいつも化粧をして美しくあらねばならない」という将軍サマの言葉が飾られ、養成所では「金正日首領を命がけで守ります」というスローガンが飾られているような、ギャクみたいな国がね。しかし戦前はこちらもやってたんだから笑えたもんじゃねえが。

・・・しかし、喜び組が収容所送りになってなくて本当によかった。
posted by 鷹嘴 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 頭のおかしい人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋下徹弁護士のブログのトラックバックは
先生の悪口を書くところではありません。
トラックバックの意味をよく考えてください。
Posted by あひる at 2006年04月17日 22:40
ご意見ありがとうございます。
しかし弁護士という職業にありながらも、思想信条の異なる者の生存権を認めない発言をした橋下は強く糾弾しなければならないと思います。
Posted by ノンポリ at 2006年04月19日 14:33
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16664775

この記事へのトラックバック