【追記のお知らせ 2017年4月9日】
 記事「【5月7日】雁屋哲さんの講演+井戸川克隆さんと対談」に、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」から福島現地での鼻血の症状についての報告例を引用しました

2006年04月23日

NPO法人「アイ・メンタルスクール」って何?

戸塚ヨットスクールみたいなもんかな?
男性死亡のNPOから手錠など拘束具を押収 愛知県警
2006年04月22日10時09分
 引きこもりなどの若者らを支援するNPO法人「アイ・メンタルスクール」の名古屋市北区の寮で入寮者の無職男性(26)が死亡した事件で、寮から手錠など数種類の拘束用の道具が見つかり、愛知県警が押収していたことが分かった。
 男性は寮で手足などを拘束されたことがあるといい、県警は職員から引き続き事情を聴くなどして、拘束道具の使用実態を調べている。
 調べでは、男性は14日の入寮直後から、たびたび暴れたり職員に暴力を振るったりしていた。職員の一部は事情聴取に対し、男性が暴れた際に道具を使って拘束していたと話しているという。男性は両手足などに打撲の跡やすり傷などがあり、一部は道具の使用に伴ってできたとみられる。
 県警は、手錠などの拘束道具は、入寮者が暴れた際などに限定して使われていたとみている。どのような場合に道具を使うかといった基準や使用状況について職員らから聴き、行き過ぎた使い方がなかったかを調べている。

更生施設変死 男性の腕・足に打撲跡 逮捕監禁致死容疑 職員を聴取
入寮中の男性が変死した「アイ・メンタルスクール」(名古屋市北区) 名古屋市北区芳野の引きこもり者更生支援施設「アイ・メンタルスクール」(杉浦昌子代表理事)で、18日に急死した東京都世田谷区、無職男性(26)が、腕や足の打撲による外傷性ショックで死亡したことが19日、愛知県警北署の司法解剖でわかった。男性は寮内で暴れ、施設職員が取り押さえるなどしたといい、同署は逮捕監禁致死などの疑いで、職員らから事情を聞いている。
 解剖結果によると、男性の両手足には骨折などはなかったものの、複数の内出血や擦り傷があり、17日夜から18日朝までの間に、暴行を受けた可能性があるという。
 調べによると、男性は家庭内暴力と引きこもりを理由に、今月14日から入寮。他の入寮者9人と一緒に1階大部屋で生活していたが、17日夜から暴れだしたため、職員が押さえ込んだ末、添い寝をするなどしていたという。18日午前8時ごろに、男性が布団の上でぐったりしているのを職員が気づき、病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 男性はこれまでも、奇声を上げたり暴れたりすることがあり、施設では手足を拘束することがあったという。添い寝をしていた職員は「男性は18日未明には落ち着いた様子だった」などと説明しているが、同署では男性を無理に押さえつけるなど、行き過ぎた介護がなかったか調べている。
◇ ◇ ◇
 事件発生から丸2日たっても、「アイ・メンタルスクール」の杉浦代表理事は、報道陣の前に姿を見せず、同スクールの職員も「杉浦代表理事とは昨日から連絡が取れず、状況が全くつかめていない」と当惑気味だ。

 男性職員の1人は、入寮者への暴行の有無を聞かれると、「(入寮者が暴れるようなことがあっても)話し合いで、落ち着いてもらっている。(暴行は)見たことも聞いたこともない」と反論した。
 一方、スクールの約60人の入寮者は、近くのアルバイト先から帰宅したり、コンビニに買い物に出かけるなど、普段通りの生活を過ごしているというが、報道陣の取材には「何もわかりません」などと、言葉少なに答えるだけだ。
 同スクールは住宅街の一角にあり、近所の住民は「これまで特に問題はなかったが、施設の中でいったい、どんな指導や生活をしているのか」と不安そうだった。
(2006年4月20日 読売新聞)

「更生施設」民間任せ 引きこもり男性変死
行政、実態知らず 専門家「公的支援急ぐ必要」

逮捕監禁致死などの疑いで愛知県警による現場検証が行われた「アイ・メンタルスクール」(20日) 名古屋市北区芳野の引きこもり者更生支援施設「アイ・メンタルスクール」(杉浦昌子代表理事)で、入寮中の東京都世田谷区、無職男性(26)が死亡した事件は、行政の目が届かない民間施設で発生した。引きこもりが全国的に増える中、同様の施設は増加していると見られているが、心の病気や障害との関係が明らかになってきたのは、ごく最近のこと。行政は対応に乗り出したばかりで、施設の数や実態も把握できてなく、専門家からは「早急に対策を講じるべきだ」との声が上がっている。
 ■不透明な母体
 同スクールは1997年、引きこもりなどの若者を更生させる目的で設立された。2001年には、愛知県がNPO法人に認可。事件のあった施設では、寮生活を通じてカウンセリングが行われていた。
 しかし、同法人の定款や事業報告には説明がなく、県は、今年に入って市民から指摘されるまで、寮施設があることも知らなかった。
 さらに、寮施設は杉浦代表理事が代表を務める同名の有限会社が運営し、入寮者にカウンセリングや寮費などとして、月13万円程度を支払わせていた。このため、県は今年1月、NPOと寮施設を区別し、NPOへの相談者らに誤解を与えるような宣伝などしないように指導していた。
 ■力ずく?
 「(死亡した)男性は入寮した当初から暴れることが多かった」。県警の調べに対して、施設職員らはこう供述している。男性が入所したのは今月14日。暴れ始めると、職員が押さえつけることもあったという。
 こうした対応について、教育評論家の尾木直樹さんは「暴れるなら医療機関に橋渡しをすべきだった」と疑問を投げかける。
 引きこもりは病気ではないものの、うつ病や心身症などを併発することは医学的にも明らかになりつつある。このため、状態が長期化している場合は、医師による診察を受けることが社会復帰への近道であると指摘する専門家も多い。
 同施設はホームページで、「緊急時は専属の小児科医、精神科医が待機している」と宣伝していた。
 しかし、20歳代の男性の入寮者は「そんな医師がいるとは知らなかった」と打ち明ける。死亡した男性は10人の大部屋で生活していたことも分かっており、尾木さんは「ショック療法的で乱暴。医師による心のケアが行われていたのか疑わしい」と話している。
 ■全国163万人
 同様の民間支援施設は、国や自治体による認可や届け出が必要ないため、行政は監督・指導を行う立場にない。このため、同施設の実態調査などは一度も行われていなかった。
 しかし、引きこもりと病気の関係が分かってきたため、厚生労働省は01年5月、引きこもりに対応するための初の指針を作成するなど、ようやく対策に乗り出したばかりだ。
 NPO「全国引きこもりKHJ親の会」(さいたま市)によると、不登校や引きこもりの数は約163万人に上り、平均年齢は29歳。同会の奥山雅久理事長は「民間任せではなく、専門家の養成や施設整備費の補助など国は具体的な支援を急ぐべきだ」と訴えている。
監禁致死容疑で検証
愛知県警北署は20日、逮捕監禁致死などの疑いで施設内を現場検証した。同日午前9時50分ごろ、捜査員ら約20人が次々と施設内に入り、男性が死亡した1階大部屋などを調べた。検証は約12時間に及んだ。
 入寮者らはこの日も普段通り、アルバイト先に出かけるなどしていたが、報道陣の問いかけに「何もわかりません」などと言葉少なに話すだけで、施設もひっそりとしていた。杉浦代表理事は依然として報道陣の前に姿を現さず、スクール側は取材に応じていない。
(2006年4月21日 読売新聞)

親から子への電話認めず
入所者死亡の更生支援施設

 引きこもりの若者らの更生支援施設「アイ・メンタルスクール」(名古屋市北区、杉浦昌子代表理事)で、入所していた東京都世田谷区の無職男性(26)が死亡した事件で、同施設が親に対し、入所中は子どもに電話連絡しないよう求めていたことが、中日新聞の取材に応じた別の入所者の父親の証言で明らかになった。親が子どもの様子を知る手段は施設から月1回送られる報告書だけで、施設内の詳しい実態は分からなかったという。
 無職男性は入所4日目に死亡しており、連絡を取れない母親は、入所したてで体を拘束されている様子を知らされていなかった可能性が高い。
 取材に応じた父親は、引きこもりで高校を中退した長男を入所させた。その際、杉浦代表理事から「子どもには電話しないでほしい」との趣旨を告げられた。施設からは代わりに月1回、報告書が郵送されてきた。
 報告書には、カウンセリング結果のほか、施設内の子どもの写真のほか、将来の夢をテーマにした作文が同封されたこともあったが、集団生活や他の入所者との交流の様子は分からずじまい。「子どもがどのような生活を送り、何を学習しているのか、説明は聞いていない。ゴールデンウイークに帰省できるかどうかの連絡もなかった」と話し、施設側からは最低限の報告しかされていなかったと明かした。
 指示を守ってきた父親は事件を知って施設に電話。長男が帰宅したい旨伝えたため退寮させた。「一定の効果はあったと思う」と話すが、杉浦代表理事が事件後、公の場に姿を見せないことに「いったい何があったのか、知りたい」と困惑している。
こういう所に子供を入れること自体間違っていると思うな。
posted by 鷹嘴 at 13:35| Comment(24) | TrackBack(4) | アイメンタルスクール他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回、名古屋市北区のアイメンタルスクールで、寮生がショック死をしたことで報道をされていますが、その件について意見を言わせてください。
実は私の身内も現在そこで寮生活を送っており、私自身そこへ何度か行ったことがあり、スタッフの方々とも話したことがあります。
そこで私が確信していることは、杉浦先生をはじめ、スタッフのかたは家族の力ではどうにもならなかった事態をすべて受け入れ、薬ではなく愛情で更生してくれる場所ということです。
私の身内も、このスクールの前に精神科に通ったことがありますが、そこでは安定剤の薬を与えられるだけでした。つまりその場だけの解決だったのです。しかし杉浦先生は、生徒の一人一人の性格を見、長所を引き出し、今後一人の人間として社会復帰でき、ご飯が食べていけるように指導してくれます。このような身内をもち、経験したことのない方にはわからないと思いますが、暴力をふるっている人をおさえるのは当たり前なのではないでしょうか。逃げようとする寮生を必死で止め逃げずに乗り越える力をスタッフは何度も何度も正面からぶつかって教えてくれるのです。その結果今回のような事件につながってしまったかもしれません。ですので、一部の出来事だけを大きく取り上げ、このように報道するのはやめてください。お願いします。
Posted by 匿名 at 2006年04月25日 20:40
この記事へのコメントの方へ、身内の人に現状の話を良く聞きましたか?私の息子もつい最近までそこに居ました、カンセリングなど一度も無くいつも怒鳴られ、鍵部屋に入れられ酷い目にあっていたと帰って来て言っています、私もスクールを見に行った時、寮も良く、スタッフも良い事を言ってくれました、でもみんな嘘でうらぎられてしまいました、とても悲しいです、それよりも取材に応じた父親さん、私も同じ境遇です、中日新聞に連絡取り一緒に話をしたいです、お願いします。 
Posted by 匿名 at 2006年04月26日 22:09
実はこの事件の時、私はあのアイメンにいました。「1階{通称鍵部屋}」
彼は病院に行っていないし職員「スッタフ」に暴行などもしてませんでした。
私は運よく親との連絡がつき今は、家に居ます。
とにかくあの施設は、嘘で塗り固められたNPOを偽るため、全て経費で落とす最悪な施設です。
Posted by 名無し。 at 2006年05月02日 04:06
実はこの事件の時、私はあのアイメンにいました。「1階{通称鍵部屋}」
彼は病院に行っていないし職員「スッタフ」に暴行などもしてませんでした。
私は運よく親との連絡がつき今は、家に居ます。
とにかくあの施設は、嘘で塗り固められたNPOを偽るため、全て経費で落とす最悪な施設です。
Posted by 名無し。 at 2006年05月02日 04:07
アイメンタルを昔からよく知ってる者です。杉浦昌子は、とんでもない人間です。未成年の児童を預かって、働かせ、ピンはねしていました。ただひきこもりの児童を集めてアルバイトをさせ、ピンはねするという手口で大きくなった施設です。勿論子供の面倒などみません。言うことを聞かないと、つねったり、たたいたりなど、あざが出来るほどやられてました。それから、親をみて(懐具合を見て)料金を決めていました。寮の中は酒とたばこで、働きに行かない子は酒とたばこに浸かっていて、それすら管理できていませんでした。ただ金儲けの為に集められた子供たちを、人間としてあつかっていませんでした。プロのカウンセラーなどいません。よく、だましてNPOなんて認証されましたよね。
Posted by 匿名 昔から知ってる者 at 2006年05月02日 22:54
カキコ2〜3の名無しさん、名前の頭文字だけでいいから教えてくれない?
Posted by   at 2006年05月04日 19:11
名前の頭文字を聞いてどうしようと言うのですか?
まずあなたが何者かを明かすべきでしょう
Posted by at 2006年05月04日 20:29
てか名無しさんってほんとにいたんなら別に頭文字くらい教えてくれたっていいのに…だってほんとにいたんでしょ?
あと頭文字聞いた人も関係者??
Posted by ジジ at 2006年05月05日 16:15
関係者って言うか、元生徒だけど
事件後まで居た元生徒。
Posted by 6カキコ at 2006年05月05日 18:51
6カキコさんわ生徒なの?わお!
生徒にだけ分かる暗号とかあったり?
それだから23かきこの名無しさんにつっこんだんだ!!

Posted by ジジ at 2006年05月06日 00:48
ついに逮捕者でるようですね。

私のブログでも記事上げましたが、興味深い事件なので、司法の手によって事実を明らかにして欲しいですね。

ではでは。
Posted by xxx ヨシ xxx at 2006年05月08日 13:26
アイ・メンタルのような施設が増えることを期待する。今回の暴力致死事件は当然非難されるべきことで責任者以下関与職員は罪を認め襟を正して再起して欲しい。最近の警察は法律を盾にして暴力事件や犯罪を未然に防ぐための動きをまったく起こしてくれない。そのために何の罪もない善良な市民が犯歴者や薬剤中毒者にに命を奪われ暴力を受ける事件が頻発している。犯罪者はそこのところをよく知っていて完全に法律や警察を舐めきっている。市民よりも犯罪者を過剰に保護しているのが現在の法律だだ。罪を重くしても犯罪は減らないなどと世間を知らないバカインテリが何をぬかす。
こう言うやつらに限って臆病者が多い。間違いない
バカインテリ達よ「警察も親も手に負えない人間をおまえがを引き取って面倒が見れるか」それができてからモノを言え。
家庭で手に負えない、地域住民が手に負えない人間を知らぬふりをして守ろうとしない警察に代わって、アイ・メンタルが困っている人々に手を差し伸べているのだ。どれだけの人たちが助かっていると思う。アイ・メンタルさん是非出直ししてください。
善良な市民が安心して暮らせない世の中で月光仮面的な存在になってください。
Posted by ペガサスにまたがって at 2006年07月27日 16:03
この事件を見ていて、とても怖いと感じざるおえない
 「ひきこもり」を持つ家族(主に親)は子供が大きくなったのに、一人で生活できない状態の子供の面倒を一生みていかなければならない、などという状況になっていたら精神的に耐えられないはずである。
だからアイメンタルスクールや戸塚ヨットスクールなど自立支援を頼りにする家族が多いことは十分にわかる。
 しかし「ひきこもり」本人の気持ちはどうなってるのか。事件の中で「拉致」をするとまで言われる事から、了解はなく無理やりなことは想像ができる。
この問題は「姥捨て山」に似て、弱者を差別し監禁し排除している。事件の発覚は一人亡くなられたことでわかったが、家族からでも内部からの告発ではないのである。
「姥捨て山」を認めていいのだろうか?高齢化社会が進む現代、これから老人の介護が増えていく中で「ひきこもり」が差別されていくことを不思議に思う。
 最後に、少なくとも「ひきこもり」本人の問題や原因に理解を示してほしい。そのうえで自立支援の施設を増やすなどの考えを持ってもらいたい。
Posted by 関心を持つ人 at 2006年09月15日 13:43
えらそうに竹刀かたてに入寮者をはしらせてたねー
こいつは極道やとか この人殺しが
Posted by at 2006年09月22日 00:09
 もっと調べれば死体遺棄のひとつやふたつは見つかりそうですねぇ。これで更生指導とはもの恐ろしい限り。
 更生させようというよりかは、暴行を率先して楽しんでいるように見えます。
 世間の「ひきこもり」に対する認識も、「自分より下の身分階級」が出来上がったの如くで、良く目にする文章は「殺してもかまわない」と言った含みを感じ取れるものが横行していますね。
 どうであれ、そのような方々には「殺ったら犯罪、刑務所送り」であることくらいは認識して頂かないといけないですねぇ。
 まぁ、何を言っても無駄なのでしょうが、そのままいけばただのヤクザと同等ですよ。
 アイメンタルと同じく、密室での暴行を繰り返している方々、両手にワッパをはめられ、刑務所のまずい飯を喰らい、挙句には自分の経歴に殺人の前科を書き込まれる覚悟はおありかな?
Posted by Mirter Bation at 2006年10月13日 16:28
なんと恐ろしくまた殺伐とした異常な世の中になってしまったのか。「外国なんかよりまだ良いほうだ」なんて言うバカがいるが。麻薬中毒者や犯罪者が凶器を持って我が物顔でウヨウヨ歩き回っている。善良な市民は「いつか自分がやられるかも・・・」と、どこにも救いを求めることもできずに怯えながら暮らしていくのか。なんかこの数年間で急に凶悪で異常な犯罪が増えているように思う。何かが狂っている・・・誰に責任があるのか・・善良な市民も泣き寝入りしたり、指をくわえて傍観するのは限界にきている。家族を守り、安心して暮らすために、国が自衛隊を持つよに、我々も自衛のための手段を考えなければならない。いまの法律は善良な市民を守ってはくれない。
Posted by 平凡な市民の小さな怒り at 2007年05月16日 22:50
引きこもりの人たち働かせ給料をピンハネ出来るほど働けるようにするのは大変な努力が必要だと思う。
Posted by at 2008年01月14日 11:41
アイメンにも非があるのでしょうが、自分では何も行動しない、こうゆー所でしか、批判を言えない、自分に責任の取れない方に対して、同情の心しか出てきません。
Posted by at 2008年02月01日 02:50
突然起きる生きるか死ぬかの極限の事故に遭遇したとき・・・私はどんな行動をとるだろうか
もう何年も前、冬のアメリカ、ポトマック川に旅客機が墜落した。ニュースをテレビで見たとき、一生私の目に焼きつき忘れられないだろうシーンがる。救助ヘリから降ろされた浮き輪に中年の男性がしがみついた。私はその男性が助かって良かったナとホッとしたが、その男性はこともあろうに、数メートル先で溺れまいと必死にもがいている若き女性に、浮き輪を持って泳ぎよりその浮き輪を女性に渡し、引き上げられやすいように女性を輪の中に通した。女性はヘリに無事引き上げられた。その様子を見ていた男性は安心したように厳冬の氷の張った冷酷な水中に姿を沈めた。もし運良く降ろされたその浮き輪にしがみつき救助されていたら生き長らえただろうに・・・新たに救助を求めるのでもなく、その男性は至極当たり前に自死を選んだ。Vサインをだすこともなく・・・
Posted by 迷える子羊 at 2009年06月16日 19:51
鳩山由紀夫が政権運営できる顔をしているか?
あの顎の尖ったいじけた顔、与党の政策にことごとく難癖をつけ政治を停滞させている張本人は鳩山だ。
決して民主党を嫌っているわけではないが、万が一政権がひっくり返ったとしても腹の中が「自己中」の鳩山では民主党のマニュフェストは何一つ実行できないだろう。鳩山は本当に政権を奪取しようなんて思ってはいない。自分が野党の党首のうちに与野党逆転劇を実現したいだけ・・・目が覚めたら朝だった。
Posted by 世間知らず at 2009年07月01日 17:45
麻生首相の発言に案の定、鳩山が喰いついた。
懐が浅いと言うか器の小さい男だからきっと喰いつくと思っていた。麻生さんの仰るとおり、私は働くことしか才能がない高齢者です。首相発言の真意・深意がよく理解できるから大変有難いと思っている。
鳩山は首相の発言を逆手にとるケチな男だ。我々、長年企業や社会で培った技術や経験はまだまだ現役で通用するし、若い人には負けない自負を持っている。麻生首相が仰るように、我々高齢者が現役で働くことによって、我々自身生き甲斐を持って暮らせるし、企業や社会にも多いの貢献できる。税金も喜んで納められる。何よりも健康が保たれるだけでも医療費の削減にも貢献できる。その分本当に困っている人たちに回してもらえればいい。麻生首相には言葉を選んで発言していただきたかった思いがありますが、私には充分理解できたので、自民に妻とともに2票。「姥捨て山」を私語にしていただくことを切に祈って。
Posted by 働くことしか才能がない高齢者 at 2009年07月26日 10:33
もっと警察が真剣に善良な市民の命を護る強い意識があったなら救えた付きまとい事件が頻発している。警察は法律が・・・といつも逃げる。
過去に何人の将来ある尊い命が、異常な付きまといのために失われたか警察は知っているか?知らないだろうな。想像もできない極度の恐怖に震えながら殺された被害者の無念よりも、「付きまとい」の自由と権利を護るのが警察なのか。お前たちには善良な市民を護る勇気と使命感がもうないのか。
このままではこうした犠牲者はまだまだ沢山出る。殺った奴は、「無期懲役でもせいぜい○年で仮釈放だぜ警察なんてチョロコイぜ・・・」無期懲役の判決が出ることまずはない。こう言う奴らは善良な市民にはおよそ考えられない思考と凶暴を具えている。殺された多くの被害者は警察に相談していた。お前たちは護らないのか。警察は法律を盾に、組織ぐるみで怠慢を謳歌している。
恐怖を抱えて相談に来た何人もの被害者を死なせた責任を考えていますか。
Posted by ジャイアンツ at 2009年08月03日 18:49
>働くことしか才能がない高齢者

嘘つくんじゃねぇよ!ニセ高齢者w

おまけになんだコリャ?w

>。「姥捨て山」を私語にしていただくことを切に祈って

「私語」にしてどうすんだw

>麻生さんの仰るとおり、私は働くことしか才能がない高齢者です。首相発言の真意・深意がよく理解できるから大変有難いと思っている。

うそつけ偽高齢者がw 本当に高齢者で理解できるとしたら認知症だw

保守系の新聞ですら「今回の失言は意味がよくわからない。80歳過ぎて遊び云々など大きなお世話で、こんな発想がどこから出てきたのか」「言語明瞭意味不明」と散々だ。

>我々、長年企業や社会で培った技術や経験はまだまだ現役で通用するし、若い人には負けない自負を持っている。麻生首相が仰るように、我々高齢者が現役で働くことによって、我々自身生き甲斐を持って暮らせるし、企業や社会にも多いの貢献できる。税金も喜んで納められる。何よりも健康が保たれるだけでも医療費の削減にも貢献できる。その分本当に困っている人たちに回してもらえればいい

これこそコイツがニセ高齢者であることの証明w

サンケイスポーツの編集コラムから「知り合いの高齢者は苦笑する「65歳以上で元気な人は多いが、夫婦2人で国民年金が月9万円という人もいるし、みかけは元気でも高血圧で月7000円近くの薬代がかかる人もいる。人間お金があってこそ活力が出る者だ」」

「痛みばかり押し付けられ、職探しに行っても相手にされず、身を削る思い暮らしている庶民の感覚など首相は知るよしもないだろう。上から目線で、ただ元気だ元気だと決めつけられても高齢者はシラけるばかりではないか」

これこそが本物の高齢者の反応であろう。

>我々高齢者が現役で働くことによって、我々自身生き甲斐を持って暮らせるし、企業や社会にも多いの貢献できる。税金も喜んで納められる。何よりも健康が保たれるだけでも医療費の削減にも貢献できる。

世の中元気な高齢者ばかりだと思ってんのかよ?老人ホームや高齢者医療施設でも見てこい。たとえ元気な高齢者がいたとしても高齢者を雇う企業や業種があると思ってんの?若い人間がリストラや派遣切りにあってんのに。タダならともかく給料払ってまで雇うと思う?
「何よりも健康が保たれるだけでも」も何も働けば健康が保たれるのかよ?w

>自民に妻とともに2票。

そうして自分たちの首を絞めてるわけだwユダヤ人がナチスの応援するようなものだなw


ま、どう見てもコイツはろくに働いた経験のない甘ったれニートの(民主党叩きに余念の無い)ネットウヨだけどなw

Posted by 蛆民党は死すべし at 2009年08月03日 22:10
杉浦が今度は天白区でNPO開設
Posted by アイメン at 2010年05月08日 05:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16937945

この記事へのトラックバック

NPO施設で男性死亡事件(名古屋)の背景
Excerpt: ■先日、「ひきこもり」の わかものを自立させるとうたうNPO法人の入寮者男性が、外傷性ショック死で死亡した事件の続報「転載:NPO施設で男性死亡、入寮直後から拘束続く 名古屋」「転載:26歳死亡、引き..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2006-04-29 17:20

アイ・メンタルスクール+引きこもり更生支援施設+男性変死で逮捕
Excerpt: 先月から一部報道されて注目していた事件ですが、ついに警察が逮捕に踏み切ったようで
Weblog: ホーム&ワーク雑記
Tracked: 2006-05-08 13:23

No264 「治す」という発想から生まれるもの
Excerpt: こどもの日に何か書こうかと思っておったのですが、ぼやーとしている間に日がたってしまいましたがな。「子ども」か「子供」か、はたまた「こども」かという議論があり、「子供」と書くべきだとの社説を載せた、ピン..
Weblog: FUTURE不登校を考える会ホームページ管理人の世迷い事
Tracked: 2006-05-10 16:55

2006.5.23 引きこもりと劣等感な新聞記者
Excerpt: 引きこもりを殺したのは誰だ? 5月22日付朝日新聞朝刊2面(東京版)※に愛知県で起きた アイ・メンタルスクール事件を取り上げた記事が掲載されて ました。内容としては以下にあるリンク先の記事を圧縮..
Weblog: KIYOJIROUWEBlog+
Tracked: 2006-05-23 23:41