2006年07月27日

【A級戦犯、広田元首相の遺族 「靖国合祀合意してない」】

これについて秦郁彦センセは、
「戦前は、靖国神社の合祀対象者は、軍人でも戦場で無くなった人だけだった。A級戦犯の被告たちは、合祀されるとは予期しなかっただろう。ましてや広田弘毅は外交官出身で、軍人でもなかった。そこが靖国に祀られることを予期して戦場に赴いた兵士たちとの、決定的な違いだ。
靖国神社の松平永芳宮司は、東京裁判の不当性を訴える目的でA級合祀に踏み切ったようだが、少なくとも遺族には、事前に了解を取るべきだった。それを怠ったことが、今回の広田さんのご遺族の発言ではっきりした。A級の遺族で、明確に合祀に異議を唱えたのは広田家が初めてで、重い意味を持つ」
と述べている。(7/27朝日朝刊)
たしかに祀る基準が滅茶苦茶だな。結局靖国神社はクソウヨの広告塔に過ぎないことがはっきりしたね。

A級戦犯、広田元首相の遺族 「靖国合祀合意してない」
2006年07月27日06時05分
 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑された広田弘毅元首相が靖国神社に合祀(ごうし)されていることについて、孫の元会社役員、弘太郎氏(67)が朝日新聞の取材に応じ、「広田家として合祀に合意した覚えはないと考えている」と、元首相の靖国合祀に反対の立場であることを明らかにした。靖国神社は、遺族の合意を得ずに合祀をしている。処刑された東条英機元首相らA級戦犯の遺族の中で、異議を唱えた遺族は極めて異例だ。

 靖国神社へのA級戦犯の合祀をめぐっては今月、昭和天皇が不快感を示したとされる88年当時の宮内庁長官のメモが明らかになっている。
 弘太郎氏は広田元首相の長男、弘雄氏(故人)の長男。6人いた元首相の子は、全員他界している。
 A級戦犯が合祀された78年当時について、弘太郎氏は「合意した覚えはない。今も靖国神社に祖父が祀(まつ)られているとは考えていない」と話した。靖国に絡むこれらの思いは「広田家を代表する考え」としている。
 広田元首相は処刑された7人のA級戦犯のうち唯一の文官。外相当時に起きた37年12月からの南京大虐殺で、残虐行為を止めるよう閣議で主張しなかった「不作為の責任」などが問われた。一方で軍部の圧力を受けつつ終始戦争に反対していたとの評価もあり、オランダのレーリンク判事は「軍事的な侵略を提唱した日本国内の有力な一派に賛同しなかった」などとして、元首相の無罪を主張する意見書を出している。
 広田家の菩提(ぼだい)寺は故郷の福岡にあるが、遺族は元首相の遺髪を分けて鎌倉の寺に納め、参拝している。55年4月、旧厚生省は横浜で火葬されたA級戦犯7人の遺灰を各遺族に引き渡そうとしたが、広田家だけは受け取らなかった。弘太郎氏によると、戦犯遺族でつくる「白菊遺族会」にも参加しなかった。
 弘太郎氏は「靖国神社に行くことはあるが、国のために亡くなった戦没者を思い手を合わせている。祖父は軍人でもなければ、戦没者でもない。靖国神社と広田家とは関係ないものと考えている」と話した。
 靖国神社広報課は「広田弘毅命に限らず、当神社では御祭神合祀の際には、戦前戦後を通して、ご遺族に対して御連絡は致しますが、事前の合意はいただいておりません」としている。
 広田元首相の伝記小説「落日燃ゆ」の著者、城山三郎さんは「広田さんのご遺族の思いを聞いて、やっぱりそうか、との思いが深い。ご遺族の言葉に付け足す言葉はない。広田さんだったらどう思うか、どうしただろうか、熟慮したうえでの考えだと思う」と話している。
    ◇
 〈キーワード:広田弘毅元首相〉 1878年生まれ。1933年9月に外相、2・26事件直後の36年3月に首相就任。再度外相に就いた直後の37年7月、日中戦争のきっかけとなった盧溝橋事件発生。紛争の泥沼化を防げなかった。敗戦後、東京裁判に起訴され、48年12月、東条英機元首相ら他の6人のA級戦犯とともに巣鴨拘置所で処刑された。

■合祀決定権は神社に
 靖国神社の合祀の審査は戦前、神社を所管する陸海軍省が行ったが、戦後は宗教法人となった神社に決定権が移り、旧厚生省や各都道府県に照会した戦死者らの資料に基づき判断した。審査の過程で遺族の合意を得ることはなく、過去には太平洋戦争で戦死した台湾先住民の遺族らが「無断で祀るのは民族の意思に反する」として合祀取り下げを求めたが、神社側は「神として祀った霊を分けることはできない」と断っている。



わーい(嬉しい顔)靖国神社のアホらしさ腹がよじれている人は、人気blogランキングにクリックきぼんぬ!



*こちらだと同じウインドウで移動します。
posted by 鷹嘴 at 20:28| Comment(5) | TrackBack(2) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>広田弘毅は外交官出身で、軍人でもなかった。

つまり『東京裁判』とは軍人でもなんでもない人物を戦犯として抹殺した不当きわまる政治ショーだったということだ。遺族の主張の真意がそこにあることは明白。

Posted by 八木沢 at 2006年07月27日 22:32
怠慢ですね。靖国神社は韓国の生存者まで合祀してましたよ。本来、亡くなった人をどんな形で弔うか決める権利は遺族にあるはずです。その遺族の気持ちを無視して勝手に合祀するからこんなバカバカしいことになるのだと思いませんか?

「靖国が生存者5人合祀」
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20060710010046461.asp
Posted by yamaki at 2006年07月28日 10:49
yamakiさん、興味深いニュースを教えてくださいましてありがとうございます。こちらでコピペさせていただきます。



2006年7月10日(月)

--------------------------------------------------------------------------------

「靖国が生存者5人合祀」 ずさんな戦後処理と韓国


 【ソウル10日共同】韓国の政府機関「強制動員真相究明委員会」は10日、日本の植民地時代に強制連行された韓国人の生存者5人が、本人も知らない間に靖国神社に合祀(ごうし)されていることが確認されたと明らかにした。

 日本による強制連行被害の申請を受け付け、申請内容を確認する作業の中で判明したという。

 5人のうちの1人で、現在はソウル市内に居住する金希鍾氏(81)は19歳だった1944年、憲兵らに強制連行されてサイパンへ労働者として動員され、米軍の捕虜になり韓国へ戻ったという。金氏は「靖国神社まで行って名前を削除するよう求めた。日本政府がちゃんと調査していればこんなことはないはずだ」と日本側を批判、補償を求めた。

(共同通信社)
Posted by 鷹嘴 at 2006年07月28日 13:54
小泉が自らの靖国参拝について「心の問題」だから他からとやかく言われる筋合いはないと言うなら、広田元首相の遺族の「心の問題」も尊重されてしかるべき。卒業式での君が代斉唱拒否も「心の問題」ですよね。
Posted by 下等遊民 at 2006年07月30日 00:38
>鷹嘴さん
新しいハンドルネーム、爽やかで辛口な吟醸酒のような名前ですね。

>下等遊民さん
その通りです。遺族の気持ちを尊重せずに、いったい誰のための追悼なのかと言いたいです。
Posted by yamaki at 2006年07月30日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【A級戦犯合祀不快メモ】 昭和天皇がA級戦犯合祀に不快なワケ
Excerpt: 今回、発表された昭和天皇のA級戦犯合祀不快メモ、スクープが経団連機関紙の日経だから、コイズミ参拝の所為で中国市場でババを引いている、財界からの要望で遺族が公開に同意したのだろう。 昭和天皇が、不快感..
Weblog: 反米嫌日戦線「狼」(美ハ乱調ニ在リ)
Tracked: 2006-07-28 23:16

[靖国問題]内外に波紋を呼ぶ靖国神社の無断合祀
Excerpt: 靖国神社関連のニュースを2つ紹介します。 まずは、靖国神社がA級戦犯を合祀した際に、実は遺族に了解を取っていなかったという記事からです。 遺族、靖国合祀に異議 東京裁判でA級戦犯として起訴、処刑され..
Weblog: blog*色即是空
Tracked: 2006-07-29 23:25