2006年08月05日

【「ボランティアは自発的」谷垣氏、安倍氏の「義務」批判】

これは全く当然。安倍は「ボランティア」って言葉の意味がちっとも分かってないらしい。つーかあの馬鹿は「勤労奉仕」とかイメージしてんのかもね。それくらい馬鹿だよw
「ボランティアは自発的」谷垣氏、安倍氏の「義務」批判
2006年08月02日22時01分
 自民党総裁選に立候補を表明している谷垣財務相は2日の記者会見で、安倍官房長官が提唱している若者へのボランティア義務付けについて「ボランティアは内発性、自発性に基づかないと教育効果が十分に上がらないと思う」と批判した。

 安倍氏は、自著で「若者のモラル回復」のため、大学入学の条件などとして「一定のボランティア活動を義務づける」ことを提案している。
 谷垣氏は会見で「根本的には、世のため、人のために働く気持ちを次世代にどう涵養(かんよう)していくかは、教育の基本的な課題だ」とも述べ、教育が果たす役割を重視すべきだとの考えを強調した。

ところであの馬鹿はこっそり靖国を参拝してたらしいね。どうせ安倍がキチガイなのはみんな知ってるから堂々と行けばいいのにw
安倍氏、4月に靖国神社参拝 総裁選の争点にも
2006年08月04日11時16分
 安倍官房長官が今年4月15日に靖国神社に参拝していたことがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。昨年10月の官房長官就任後の参拝は初めて。自民党総裁選では谷垣財務相が靖国参拝を控える考えを明らかにしており、参拝の是非をめぐる議論が熱を帯びそうだ。公明党の神崎代表は4日、安倍氏の参拝に不快感を示した。中韓両国の反発も避けられそうにない。

 安倍氏は同日午前の記者会見で「この問題が外交問題化、政治問題化しているなかで、(靖国に)行くか行かないか、あるいは参拝したかしないかを申し上げるつもりはない」と明言を避けた。一方で「戦没者の方々に手を合わせて、ご冥福を祈り、尊崇の念を表する。その気持ちに変わりはない」と語った。
 政府関係者によると、安倍氏は4月15日朝、公用車を使わずにモーニング姿で靖国神社に参拝した。玉串料はポケットマネーで払い、「内閣官房長官、安倍晋三」と記帳したという。安倍氏は参拝後、東京・新宿御苑での首相主催の「桜を見る会」に出席していた。
 安倍氏は自民党幹事長だった04年、幹事長代理だった05年には終戦記念日に参拝した。官房長官就任後は自身が首相に就任した場合も含め、今後も参拝を続けるかどうかについては明言を避けてきた。
 そのうえで、小泉首相が8月15日の参拝を総裁選の公約に掲げ、中韓両国との関係が冷え込んだ経緯を踏まえ、安倍氏は「8月15日に参拝すれば、総裁選で争点化し、国益に反する」と判断。同日の参拝にこだわらない方針を固めていた。
 ただ、安倍氏は「靖国に祭られた近代以降の戦没者を追悼するには、太平洋戦争終結の日よりも春秋の例大祭が適切」というのが持論。今回の参拝時期も、4月21日から行われた春季例大祭の直前にあたり、こうした主張に沿ったものだ。総裁選への影響などを配慮して、参拝の事実を公にしなかったとみられる。
 一方、公明党の神崎代表は4日朝、記者団に「私は、日中、日韓関係改善を考えれば、首相、外相、官房長官は靖国参拝を自粛すべきだと申し上げてきた。それだけに極めて遺憾だ」と述べ、強い不快感を示した。
 中国側は王毅・駐日大使が昨年11月の朝日新聞記者との会見で、首相や官房長官、外相は参拝を控えるよう求めている。

そら小沢、もっと突っ込めるんるん
小沢氏、「安倍首相なら中韓との関係改善せず」
2006年08月04日19時13分
 安倍官房長官が4月に靖国神社を参拝していたことが明らかになり、野党各党は4日、対アジア外交や歴史認識論争への悪影響を懸念して一斉に反発した。

 民主党の小沢代表は4日午後、「(現職の官房長官である)今の時点で行くということは首相になっても(参拝方針を)変えられないだろう。安倍首相なら日中、日韓関係は、今と同じような話し合いもできない状況になる」と指摘した。訪問先の京都市内で、記者団に語った。
 小沢氏は「参拝して何が悪いということなら、隠れて行くことない。政治家は自分の信念なら、堂々と公にして行動すべきだと思う」と述べ、参拝の事実を公表しない安倍氏の姿勢も批判した。
 共産党の市田忠義書記局長は同日、朝日新聞記者に「靖国神社は、侵略戦争を正しい戦争と美化するための宣伝センターの役割を果たしている。官房長官の参拝は、政府がお墨付きを与えることになり、戦後日本の出発点を根本的に覆すもので許されない」と語った。社民党の福島党首も国会内で記者団に「首相(の参拝)をむしろたしなめなければいけないはずが、官房長官自ら行っていたことに強く抗議をする。(自民党)総裁選で大きな争点になるべきだ」と強調した。

ちなみにこの小沢の発言も同感だな。
中国の軍事力、「対抗しようという発想ダメ」 小沢代表
2006年08月01日20時19分
 民主党の小沢代表は1日、防衛白書が中国に「軍事力の透明性」を求める項を新設したことについて「不安定要因を除去するためには本当の信頼関係を築くのがまず大事だ。対抗しようという発想だけでは良いことは何もない」と指摘。そのうえで「日中・日韓・アジアの関係もまったく本音ベースの話し合いができない。中国に至っては形の上さえ話し合えない。それが今の小泉政治の問題だ」と批判した。
 視察に訪れた三宅島(東京都三宅村)で、記者団の質問に答えた。
たしかに、中国と張り合って何を得するってんだろうか?
つーかさっきNHKでおもろい番組やってたぞ。ブラジルとかインドでは砂糖キビを原料にエタノールを作り、ガソリンと混ぜたりして車の燃料に利用してるんだって。アメリカが北米・南米大陸を自由貿易圏にしようとする企みを、南米諸国はみんな反対してるんだって。そりゃそうだ、「利益を生まない活動以外は、全て民営化する」「多国籍企業は雇用に責任を持たない」なんて、アメリカの植民地計画みたいなもんじゃんか?
一方極東の島国はアメリカから自立しようともせず、ひたすら近隣諸国に対して虚勢を張っているだけか。本当に救いようの無い国だな。どうせならアメリカに併合してもらえばいいんじゃない?わーい(嬉しい顔)


安倍というお馬鹿さんに憐れみを感じている人は、人気blogランキングにクリックきぼんぬ!


*こちらだと同じウインドウで移動します。
posted by 鷹嘴 at 00:25 | TrackBack(1) | 困った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

韓国メディアから見た安倍壺三
Excerpt: AbEnd (安倍を「the END!」させよう)に賛同しているブロガーとしては今さらのように感じないでもないですが、韓国の聯合ニュースに安倍が次期総理になることへの危機感がにじみ出ているような記事が..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2006-08-09 15:49