2006年08月08日

【旧日本軍の中国への遺棄兵器、化学砲弾は697発と確認】

ゴミが2個紛れ込んでいただけか。ソ連製が大量に混じっているとか主張していた国辱野郎もいたようだが・・・
旧日本軍の中国への遺棄兵器、化学砲弾は697発と確認
2006年08月08日07時20分
 旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器を調べていた内閣府の遺棄化学兵器処理担当室は7日、7月25日から中国で実施していた調査で、旧日本軍の化学砲弾697発を確認したと発表した。同室によると、7月に黒竜江省綏化市で中国側が発見した699発を日中両国の専門家が鑑定し、2発を除いて旧日本軍のものと確認した。

 調査は日本から政府関係者や専門家ら20人が参加。旧日本軍のものと確認した砲弾は密封して同省ハルビン市内の一時保管庫に保管し、残る2発は中国側に引き渡した。



(追加)
実に月並みなコメントがついたので晒しあげw
この記事へのコメント
武装解除で引き渡した物を処理に困ってその辺に
埋めた挙句、その尻拭いを日本にさせる。

必要の無い大規模施設建設や支那人作業員の日当まで
要求するタカリッぷり。

流石、アカの国。

Posted by アカ野郎 at 2006年08月12日 00:53
前にも書いたが、残念ながら終戦時毒ガス弾をテキトーに処分したという証言がある。
しかし、それでもなお「武装解除されて国民党政府に引き渡した兵器の中に毒ガス弾もある」と、どうしても主張したいのなら、その引渡し証の詳細(毒ガスの成分、個数、双方の氏名所属など)を示していただきたい。そして今回発見された毒ガス弾と照合していただきたいものであるw
もっとも仮にそれが証明できたとしても、日本の費用で処理するのは日中両政府が協議して決まったことなのである。気に食わないなら、こんな一介の低賃金労働者が趣味でやってるブログで文句を垂れるよりも、国会をデモ隊で取り囲んだりする方が効果的と思われ(@∀@)

つーか、どっちにしろ日本が中国に毒ガス弾を置いてきたことは事実なので、仮に正式な引渡しが行われていたとしても、日本の費用で処理することに何が不満なのか?その義務云々ではなく、旧日本軍の兵器が埋もれたままになっているのである。被害が広がらないうちに国費で回収、処理するべきではないか?そういう道義的責任を感じないのか?
どうやらネットウヨという人種は、自分の国に誇りを持ちたいとは決して思わない一種の売国奴(笑)のようである。まあ何を忠告してあげても無駄なようだけどね。

ところで、「旧日本軍が遺棄したとされる化学兵器の中には中国製やソ連製が大漁に混じっている」あるいは「中国やソ連が大量に遺棄した化学兵器の中には日本製も混じっている」などという主張はネットウヨお得意のものだったようだが、紹介したコメントはそのような主張はしていない。
またメタモルフォーゼ・ニッポンというブログでも、
「正しくは、旧日本軍の砲弾を、旧ソ連や中国が接収した後、中国が遺棄したものなのですが、」
と述べている。どうやら最近のネットウヨ連中も、都合のいい妄想の愚かしさを恥じたのだろうか?
もっともメタなんとかでは、新聞記事の「2発を除いて」という部分をわざわざ赤文字に変え、さらに、
「旧日本軍が旧日本軍の兵器を遺棄したのなら、なんで他国のものと混じってるの?そもそも、残る2発は、どこの国のものだったのか?
ちゃんと問題提起しろ。」
などと述べている。だいたいタイトルが「他国製2発と一緒に埋められていた化学砲弾」だぜ。
699発中のうち697発が日本軍の遺棄兵器であると認識され、判別不明のゴミがたった2個紛れていただけであるから、常識的に考えれば無視できることだと思うけどね?まあ「TBSの放送免許を剥奪しよう」とかいうバナーを貼っているようでは、常識以前に(ry
posted by 鷹嘴 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦後補償 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
武装解除で引き渡した物を処理に困ってその辺に
埋めた挙句、その尻拭いを日本にさせる。

必要の無い大規模施設建設や支那人作業員の日当まで
要求するタカリッぷり。

流石、アカの国。
Posted by アカ野郎 at 2006年08月12日 00:53
>仮に正式な引渡しが行われていたとしても、日本の費用で処理することに何が不満なのか?その義務云々ではなく、旧日本軍の兵器が埋もれたままになっているのである。被害が広がらないうちに国費で回収、処理するべきではないか?そういう道義的責任を感じないのか?


私は一切の責任を感じません。
引き渡した物に関しての管理、及び廃棄処理は引き受けた側の義務であり、引き渡したほうに処理する義務も責任も発生するとは考えられません。

ただ、鷹嘴さんもおっしゃっている通り処理する事は既に合意済みであり、今から文句をつけるのは見苦しいことだと思うので、処理することそのものは仕方のないことであるとも思っています。

日本側の処理の見積もりが3000億に対し、中国は1兆円を見積もっているとどこかで見た気がします。
中国の言いなりになって1兆円の費用の負担をする必要はないと考えています。

>日本の費用で処理することに何が不満なのか?

本来使う必要が全くなかったと考えている事に金を出すことを不快に感じるのは普通の感覚だと思いますけど?
Posted by uj at 2006年08月17日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック