2006年08月09日

【「靖国の国営化を」麻生外相が私見を発表】

麻生ってかなりパワーのある馬鹿だと思っていたが、まさかここまでキングオブお馬鹿だとは知らんかった。「なんとかサティアン」を国有化するようなもんじゃんw
「靖国の国営化を」
麻生外相が私見を発表

 麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で、靖国問題を解決するための私見を発表した。靖国神社が自主的に宗教法人を解散し、特殊法人「国立追悼施設靖国社」(仮称)への移行を提案。実質的な国の管理とすることで、A級戦犯の分祀(ぶんし)に道を開く。靖国問題をめぐっては、安倍晋三官房長官が4月に参拝したことが明らかになる一方、谷垣禎一財務相は参拝しない方針を表明している。麻生氏の私見発表で、9月の自民党総裁選での靖国論争が活発化しそうだ。

 私見によると、宗教法人である靖国神社が自主的に任意解散手続きをとって非宗教法人化。国会で特殊法人「靖国社」の設置法を制定し、実質的に国営化する。
 A級戦犯の分祀を含め、慰霊対象をどうするかについては「設置法を論じる国会が議論を尽くした上、決断すべきもの」と主張。分祀を可能にすることで、天皇や首相が中国、韓国などから批判されずに、靖国神社を参拝できる環境を整える。
 参拝環境整備の必要性を指摘したことにより、麻生氏は自身が首相に就任した場合でも参拝を見送る意向だ。

「非宗教法人化」するには、「**神社」の名は捨てないとね。神様を祀ってあるとか、そういう宗教的な表現も廃止しないとね。
それから、「大東亜戦争は自衛だった!」とかいう、「ミイラは生き返る」とか「尊師のお小水を飲めば健康になる」などと同類の妄信も捨ててもらわんとw
posted by 鷹嘴 at 00:17 | TrackBack(1) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

天皇と靖国の戦争責任
Excerpt: ▼****さん:> 気持ちはわかりますが、この論法でいけば、昭和天皇はA級戦犯合祀後も、あるいはA級戦犯が合祀されたからこそ、靖国神社に参拝し、自分の代わりに犠牲になった被告たちの慰霊につとめるべきだ..
Weblog: とほほブログ
Tracked: 2006-08-09 06:03