2006年09月21日

【式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁】

最初は驚いたが、よく考えてみりゃ全く当然のことだな。

Internet Zone::WordPressでBlog生活では大きな写真入り。

レイバーネットも。写真速報 : 画期的判決!「君が代」不起立の自由を認める

[AML 9485] <国旗国歌>学校強制に違憲判決教職員401人が全面勝訴!にて控訴反対のアクション!

「都教委情報メールニュース」も参照のこと。
【都教委News65】《特集》国旗国歌の強制は違憲−「予防訴訟」勝訴!
【都教委News66】国旗国歌通達 都義務化を堅持、全都立高にヒアリングへ(産経)

式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁
2006年09月21日21時30分
 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代の斉唱を強要するのは不当だとして、東京都立の高校や養護学校などの教職員が都教委などを相手に、起立や斉唱義務がないことの確認などを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は、違反者を処分するとした都教委の通達や職務命令は「少数者の思想・良心の自由を侵害する」として違憲・違法と判断。起立、斉唱義務がないことを確認し、違反者の処分を禁止した。さらに、401人の原告全員に1人3万円の慰謝料を支払うよう都に命じた。都側は控訴する方針。

 教育現場での国旗掲揚や国歌斉唱を巡り、憲法19条が保障する思想・良心の自由の侵害を明確に認めた判決は初めて。同種の訴訟では、処分を争う教諭側が敗訴する例が相次いでいた。
 判決は、都教委の通達などは各校長の裁量を許さない強制的なもので、教育基本法が禁じた「不当な支配」にあたるとし、都教委の指導を全面否定する内容となった。
 問題の通達は03年10月に各校長あてに出された。教職員が国旗に向かって起立し、国歌を斉唱するよう定め、違反すれば、停職を含む懲戒処分の対象とした。
 今回の裁判の特徴は、職務命令や処分が出る前に、起立や斉唱などの義務自体がないことの確認を求めた点だ。都教委は「具体的な権利侵害がない」と門前払いを求めたが、判決は「回復しがたい重大な損害を被る恐れがある」として、訴えは適法と判断した。
 難波裁判長は、日の丸や君が代が皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられてきた経緯に言及。式典での掲揚や斉唱に反対する主義・主張を持つ人の思想・良心の自由も憲法上保護に値する権利だと述べた。
 通達について「教育の自主性を侵害し、一方的な理論や観念を生徒に教え込むことに等しい」と指摘。国旗掲揚の方法まで指示するなど「必要で合理的な大綱的な基準を逸脱した」として、校長への「不当な支配」にあたるとした。
 その上で、起立や斉唱の強要は思想・良心の自由を保障する憲法19条に違反すると判断。国旗・国歌は自然に定着させるのが国旗・国歌法の趣旨であることにも照らし、教職員への職務命令は違法とした。
日の丸と君が代は、侵略戦争と大虐殺のシンボルであり、それを強制することなど憲法違反であるという、当たり前の判断をしただけ。こんな当然の判決に俺みたいな厨房がビックリしちまうほど、この国では「思想・良心の自由」が脅かされているということ。

で、こんな簡単なことが分からないほど愚かな男が首相の座にいたわけだ(多分次の奴はもっとヴァカだぞw)
国旗や国歌に敬意「法律以前の問題」 判決で小泉首相
2006年09月21日20時29分
 小泉首相は21日夜、入学式や卒業式で国歌斉唱などを強要した東京都教委通達を違法とした東京地裁判決について「法律以前の問題じゃないですかね、人間として国旗や国歌に敬意を表するのは。人格、人柄、礼儀の問題とか(だと思う)」と語り、強要によらず、礼儀作法として国旗・国歌に敬意を表するべきだとの考えを示した。
「敬意を表す」ことを押し付けるのは「国旗・国歌法の趣旨」に反するんですけどね。つーか俺は別に日の丸が国旗、君が代が国歌だなんて、認めた憶えはねえけどなわーい(嬉しい顔) これを認めたくない国民の自由はどうなるんですかね。国旗と国歌の問題ではなく、日の丸と君が代の問題なんですけど。

一応これも貼っておくか。
都知事「当然控訴します」
“国旗国歌の強制”違憲の地裁判決を受け

【ライブドア・ニュース 09月22日】− 東京都の石原慎太郎知事は22日の定例会見で、国旗国歌をめぐる東京地裁の違憲判決について控訴する意向を示した。

 東京地裁(難波孝一裁判長)は21日、卒業式や入学式などで日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう教職員に義務付けた東京都教委の通達について、「憲法が定める思想・良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」だとして違憲との判断を示した。
 この日の会見で石原知事は開口一番、「当然控訴します」と発言。ごく平均的な高校を生徒に分からない形で2回視察したという知事は、「あの裁判官は、東京の都立高校の実態を見ているのかどうか。全部が全部とは言わないが、乱れに乱れていて先生の言うことを全然聞かない。授業を受けているのは前列の2列か3列だけ。あとはワイワイ弁当食ったり、勝手なことをしていたよ」と自らの体験を披露した。

 その上で、「そういうものの規律を取り戻すために、ある種の一つの統一行動は必要だ。その一つが式典に応じての国歌・国旗に対する敬意だと思う」との考えを示し、「指導要領でこういうことをしなさいといわれている限り、教師としての義務が生じる。教師というのは子どもに範をたれるのだから、俺はこれは気に入らないでは済まない。指導要領で要求されていることを行わなかったら、教師の義務を怠ったことになり、処分を受けるのは当然だ」と語った。【了】
ほう、お忍びで。いったいどんな高校を視察したんでしょうかw
つーか君が代を強制すればそういうが直るって思うのが馬鹿なんだよ。
posted by 鷹嘴 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 教育問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>俺は別に日の丸が国旗、君が代が国歌だなんて、認めた憶えはねえけどな これを認めたくない国民の自由はどうなるんですかね。国旗と国歌の問題ではなく、日の丸と君が代の問題なんですけど

ところが世の中こういう愚か者がいるのも悲しい事実なんですけど。

http://youmenipip.exblog.jp/3380787#3380787_1

http://blog.goo.ne.jp/plank/e/50edacc1f5a760552057f14f169fd3d0

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51089206.html
Posted by どりる at 2006年09月22日 16:06
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51089733.html

至極当然の主張をした有志に対しさらし者にした上に火あぶりにするとは、
何たる卑怯、何たる陰惨、何たる愚劣。

心あるものは有志を支援しようではないか。
Posted by どりる at 2006年09月22日 18:39
期待通りの反応thx
Posted by at 2006年09月22日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック