2011年06月30日

過去ログ移転:皆殺し作戦

 過去ログ移転作業の続き。
--------------------------------------------------------------------------------
 Re(1):ベトナム戦争
 投稿番号:18710 (2003/08/03 00:33)
--------------------------------------------------------------------------------

内容
サッカーでもなんでも、「アウェイ」よりも「ホーム」の方が有利なのは当たり前です。
ほとんどのアメリカ兵にとって生まれて始めて経験する熱帯のジャングルでの戦いは地獄でした。北アメリカ大陸という比較的乾燥した大地に生まれた者にとって、熱帯の気候は耐え難いものだったのです。ジャングルの熱気と湿気の中をよたよたと歩くアメリカ兵を、ある解放戦線兵士は「象のように鈍重だった」と回想しています。歩くだけでも苦痛な上に、蚊など害虫類、毒ヘビ、吸血ヒル、マラリアなど風土病も襲いかかりました。当地に生まれ育ったベトナム人のような害虫類の上手なあしらい方など知らなかったのです。
また「ベトコン」(南ベトナム解放民族戦線 ・・・語源は“Vietnamese communist”??)によるワイヤー仕掛けの手榴弾(ブービー・トラップ)や、竹串を仕込んだ落とし穴が彼らを待ち受けていたのです。
また、往々にして非戦闘員との外見上の区別がない「ベトコン」のゲリラ戦術は大いなる脅威でした。アメリカ軍は女性どころか子供まで自分たちを攻撃するのではないかとの疑心疑惑に陥っていました。
解放戦線は南ベトナム民衆から広く支持され、食糧などの支援を受け、また村落に潜んでいました。そもそも「ベトコン」と民間人の完全な識別など無意味でしょう。南ベトナムの民衆はあるときは畑を耕し、あるときは南ベトナム政府軍兵士やアメリカ兵を狙撃しました。こうした状況のため南ベトナム政府軍とアメリカ軍は解放戦線を支援し匿っていると見られる村落への厳しい捜索を行ないました。

疑わしい村落に多数のヘリで降り立ち、周囲は自動小銃を携えたアメリカ兵が警戒し、スピーカーで村人に集合を命じますが、大抵は出てくるのは女子供か老人だけなので、「ベトコン」の消息を吐かせるための拷問が始まります。それでも埒が明かないと地下壕や洞穴に手榴弾を投げ込んだり火炎放射器で焼き払ったり、十代の少年を家族の哀願も顧みず容疑者として連行することもありました。
こういった厳しい「ベトコン」捜索にもかかわらず民衆という海に潜んだゲリラ攻撃による被害は拡大し、民衆からの解放戦線への支援を断絶することはできませんでした。そして捨て鉢になった旧日本軍が民衆を虐殺したように、約500名の女子供を含む非戦闘員を虐殺した「クァンガイ省・ソンミ村ミライ第四地区」での事件のような虐殺行為が多発するのです。
「ソンミ――ミライ第四地区における虐殺とその波紋」の見開きページに、一人の少年が自分より幼い少年をかばって路上にうずくまっている光景が掲載されています。この幼い少年二人は殺害直後に殺害されたそうです。殺害直前の光景というのは死体の写真よりも恐ろしいものです。身の毛もよだつ光景です。

ゲリラ戦に業を煮やした侵略軍がこのように全く無意味な殺害を行なってしまうことは洋の東西を問わず共通と言えます。ところで日本軍が行った虐殺事件の中で南京大虐殺だけが突出して有名ですが、しかしそれは日本軍が行なった無数の虐殺の中のほんの一例なのです。同じくベトナム戦争での虐殺事件としてソンミ村事件がもっとも有名ですが、これはアメリカ軍が行なった数知れない民間人虐殺の中のほんの一例に過ぎないのです。ソンミ村事件は、情報を得た兵士が除隊後告発したために明るみに出たわけであり、こういう勇気ある告発者が現れなかったために闇に葬られた事件は無数にあるでしょう。
そして虐殺を行なった兵士の多くはその行為に疑念をもつことはなかったのでしょう。
ソンミ村がアメリカ全土で大問題になったとき、ウエストポイント(陸軍士官学校)卒業のある将校は、
「ベトナムにいく人はみんな質問することだと思うが、こんな問題がありますよ・・・・、それは、いったい民間人とは何かということです。昼間はわれわれのために働き、夜になればベトコン・パジャマを着る連中のことですかね」(同上より引用)
と述べたそうです。「ベトコン」と「民間人」の厳密な区別など不可能な状況に於いて、無差別殺戮に抵抗感を持たなくなるのも当然でしょう。

民間人の犠牲者数が、敵兵の死者数として計上されることも往々にしてありました。「死んだ者は肌が白くなけりゃみんなベトコンさ」という冗談(同上より)を言う者もいたそうですが、むしろこれがアメリカ兵の本音だったのかもしれません。
また、18683 で示しましたが日本軍の戦果報告の中には、「遺棄死体」+「俘虜」と、「鹵獲」した兵器数が不釣合いなケースも見受けられます。同じようにソンミ村の虐殺を行なった「チャーリー中隊」は、当日の戦果を「敵の死体128と武器捕獲3個」(同上より)と臆面もなく報告したそうです。この数字自体が民間人の虐殺が行なわれたことを告発していると言えます。
posted by 鷹嘴 at 21:13 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251777454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック