2012年03月11日

3.11郡山 「がんばろう日本」ではなく「変えよう日本」

 今更だけど書いておく。


 どうせ仕事で行けないだろう、と思ってたら偶然休みになってて、実は行くべきかどうすっか悩んでたんだよね。原発を造ったのも、原発の電気を使ってたのも首都圏の人間じゃん。その首都圏の人間が、原発事故のあった日に、原発の被害を受けてる現地に行ってデモやっていいんだろうかと。どうせなら原発を造った連中・造らせた連中の目の前でデモやるべきじゃねえか、と。
 結局行くことにして、いつもお世話になってるユニオンのバスに乗せてもらうはずだったんだけど・・・職場で欠員が出て、下手すりゃこの日は急遽出勤になる危険性があったんでバスはキャンセル。結局休めたけど、バスはもうキャンセルしちゃったんで電車で行くことにした。もちろん鈍行。
 早めに行って市内を一回りとかしてみようとか思って、朝5時ごろ起きた。浦和→宇都宮→黒磯→郡山と乗り継ぐつもりだったが、乗ったのが小金井止まりで、小山で降りてコンビニで買い物して次の宇都宮行きに乗り換えたり・・・などロスがあったが、どうせ集会は14時からだからね。黒磯から先は雪景色、またスキーに行きたくなってきたよ。
 郡山に着いたのは10時ごろだったかな。雪は無いがやっぱ寒い。駅前(西口)でイベントやっててチアガールが踊ってた。浦和より全然都会だな、高層ビルが建ってるし。そのビルの7階でプレ・イベント的なのやってるらしいんで行ってみた。けっこう人が集まってたがマイク無しで喋ってるんでよく聞こえなかった。つーか帰りどうしよう、鈍行の本数あんま無いしモタモタしてっと大宮まで帰れなくなるぞ。新幹線で帰っちまおうかな?
 東口も行ってみたが閑散としてた。西口の商店街には屋台が並んでて、いい臭いがして、今思えば屋台でなんか食っときゃよかったな。なぜかウヨクの街宣車がウロウロしてるけど?
 いちおう駅周辺は一回りしたんで、早いけどそろそろ会場の開成山公園球場に行くか、歩いて。かなり遠いな、バス乗ればよかったか。腹減ってきたが店が少ないな、吉野家はパス。仕方ないから焼肉屋に入って、カルビを“おろしニンニク”に浸し、生ビール飲みながら食った。いったい私は郡山まで来て何をやってるんでしょうか?つーかウヨク元気いいなあ、店の中まで聞こえるぞ。つーか会場に近づくにつれ権力の数も増えて、やっぱそれなりの雰囲気になってる。結局1時間ぐらい歩いてた。

120311kooriyama 002.jpg
 カクマルの人たちも元気だったよ。JR東労組も来てたよ。

120311kooriyama 006.jpg
 まだ集会スタートまで時間があるんで開成山大神宮に行ってみた。ここまで来るとやっぱ雪があちこち残ってる。当然「世界中全ての原発が無くなりますように!」とお祈りしましたよ。



 公園の中の池。除去ってどうやったんだろう。底の泥をさらったとか?

 そろそろ時間だから会場入った。森山良子さんのライブやってる。内野席はもう満員、通路はすごい混雑、外野席も開放するとのこと。参加者1万6千人とのことだがもっと多かったような印象。

120311kooriyama 017.jpg
 この写真は2階席の最上部から

120311kooriyama 019.jpg
 ウロチョロしてるうちに集会が始まった。師匠に連絡し、結局1階内野席の通路に座った。大江健三郎氏の発言中

 福島県民の方々からの発言が行われたがその中で、(福島の農業の)「再生の光」たる有機農業を営む男性の発言が心に響いた(参考)
 福島の農業が原発事故で大打撃を受けたのは言うまでもないが、「粘土質の有機的な土壌ほど作物へのセシウムの移行が低減される」という。また「福島の玄米は98.4%が50ベクレル以下」であり、「センセーショナルな報道」が福島の農民を苦しめた、と憤った。
 さらに、かつて東北の農民は戦地に駆り出され、戦後は出稼ぎ労働を余儀なくされ、そして都市部に食糧だけでなく電力を供給することになった歴史を語った。つまり地方の農民・労働者は、都市部というか中央経済の犠牲にされてきたわけだ。
 そして、 「生産者と消費者を分断するのではなく、都市も農村も力を合わせて、大資本中心の日本のあり方を変えましょう。「頑張ろう日本」ではなく「変えよう日本」。今日を転換点にしよう」 と語り、大きな喝采が起こった。俺も携帯とカメラを放り出して拍手した。全く同意である!

・・・常々感じていたことだけど、「がんばろうニッポン」って何を頑張れってゆうんだ?頑張って原発を再稼動するってか?頑張って火力発電所を増設して大量に二酸化炭素を出そうってか?つまるところ、大量生産・大量廃棄社会を維持しようってことだろ。早く3.11以前の社会に戻そうってことだろ。そういうのが原発事故を招いたのに、環境破壊と経済破綻・労働環境の悪化を生んだのに、全然分かってねえよな。これは電力だけの問題じゃねえよ。
 仮に「再生可能エネルギー」で原発や火力を補えたとしても、その電力で何をさせたいんだ?何をしたいんだ?夏になったら部屋を閉め切ってエアコンをガンガンかけろってか?照明を不夜城のように輝かせろってか?非正規雇用労働者を搾取しつつ工業製品を大量生産し、ゴミの山を築きたいってか?それが目的だったら電気なんかなくなっちまえばいいさ。
 いまの資本主義の仕組みの中じゃ、絶えず消費者の関心を惹くために新製品開発を続け、採算が合わなきゃパッと引かなきゃ競争に勝てない。そのため、工業製品を短いサイクルで買い替えさせようと煽り、まだ使える製品をドンドン捨てさせる。処分しきれないゴミの山が積みあがっていく。そりゃ車だって電化製品だって社会に必要な物だけど、こんなやり方を続けてていいわけがない。
 だってさ馬鹿らしいと思わねえか?なんか買えば包装紙とか梱包材とか山のようにゴミが生まれ、リサイクルなんてごく一部、ほとんどは焼却か埋め立てだろ。余った食べ物が飼料や肥料に回るのはごく一部で大半は燃えるゴミだろ。原発は「トイレの無いマンション」というが、現代の経済活動全てが、限られた資源をゴミに転換し廃棄することを競う「トイレの無いマンション」だ。こんな文明終わらせなきゃ。
 こういう競争を続けるため、労働者の非正規化が進み、外国人労働者が搾取され、不景気のたびに切り捨てられる。小売業や飲食業は大資本が支配し、地方は過疎化が進む。弱者を犠牲にしなければ維持できないシステムだ。
 こういう社会が原発事故を招いたんだ。原発を無くすだけじゃ何も変わらない。原発だけの問題じゃない。「大資本中心」の政治・社会の「あり方を変え」なければ。『“豊かさ”に駆り立てられ』た社会を変えなければ。
 
120311kooriyama 022.jpg
 14時46分に1分間の黙祷、15時半ごろからデモ出発。デモコースは何種類もあったが、俺たちの隊列は一番長いコース。知り合いがデモ中に線量を測定したところ、1.3マイクロシーベルトあったという。せめて子供は避難させるべきでは?

120311kooriyama 024.jpg
 会場を出るまで時間がかかったのは仕方ないだろうが、デモは順調に流れた。郡山市役所前に到着し、俺らの隊列で総括集会+団結ガンバロー!をやって解散。帰りのバスは空席があったそうだが都内行きなので、なんとなくまた鈍行電車で帰ることにした。

 郡山駅まで路線バスで戻り、黒磯行の発車時刻が迫っていたので慌てて駅弁買おうとしたが売り切れ!途中宇都宮でビールやツマミを買い、単なる通勤電車なのに車内で一人で打ち上げ。ちょっと恥ずかしかった(笑)つーか、三里塚に行くときみたいに貸切バスで連れて行ってもらうのは楽だけど、たまには自分で電車の路線や時刻を調べて単独で行ってみた方がいいと思う。自分の頭を使って行き方を調べることが、集会やデモの目的について自分で考えてみることに繋がると思う。労働者は自主性がなくちゃね。
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会、デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック