2007年02月10日

コロンビアがアメリカの援助を受けて枯葉剤作戦を実行している

2月7日朝日新聞より引用(これもアサヒ・コムに掲載されず!)
コロンビアは反政府ゲリラの資金源であるコカの栽培を撲滅するとして、ゲリラの支配地域であるジャングルに除草剤を空中散布している。これは風に乗って隣国エクアドルにも降り、住民に健康被害を与えている。

コロンビア政府は左翼ゲリラの「コロンビア革命軍」(FARC)などとの内戦を40年以上続けており、アメリカからゲリラ鎮圧のための「プラン・コロンビア」という巨額の資金援助と軍事協力を受けている。除草剤の空中散布は2000年12月から行われている。これが国境沿いのエクアドルの住民にも被害を与えているのである。
「ラゴアグリオ市」の、除草剤を直接浴びたという住民は、褐色だった肌がまだらに白くなってしまった。日焼けをするとヒリヒリ痛むという。バナナを栽培している農民の腕からは3年前から発疹が消えない。除草剤を浴びたバナナは黒く焦げたようになって枯れる。
地域の農民団体の調査によると、多くの農民が頭痛、吐き気、発疹などを訴え、農作物の収穫は減り、家畜も多く死んでいるという。コロンビアの農民に対しても調査を行ったところ、「少なくとも4人の児童が空中散布の後に肺炎などで死んだ」という。
ラゴアグリオ市の、この地域で唯一の総合医療施設も、除草剤空中散布以降、呼吸器疾患、下痢、皮膚炎の患者が増加したことを認めている。癌の発生や無脳症児の出産も報告されているという。首都キトにある衛生研究所で調査したところ、この地域の植物に付着した除草剤の濃度は、一般的な使用時の100倍という分析結果が得られた。


・・・ベトナム戦争の最中、解放戦線の攻勢に悩まされていたアメリカ軍は、敵の根拠地である熱帯雨林を消失させることを計画した。ジャングルが消えて真っ平らな地面になればゲリラが隠れる物も無くなる・・・という単純な発想だったのだろう。
当時のジョン・F・ケネディ大統領の承認の下、南ベトナムの傀儡政権の単独計画であるかのように装い、枯葉剤作戦を実行したのである。(あまり知られていないことだが太平洋戦争末期に日本の水田地帯に散布する計画もあったという。戦後はそんな国に軍事的にも経済的にも深く従属している日本政府のなんと愚かなことか!)
この作戦は結局逆効果だった。見通しがよくなったために逆にアメリカ兵が容易に標的になり、さらに焼け野原のようになった地面には「アメリカ草」と呼ばれた雑草が生い茂り、アメリカ軍の移動を困難にした。木々を伐採して日当たりが良くなれば丈の低い雑草の天下になることも想像できなかったのだろうか??
しかしベトナムの大地を汚染し、住民へ甚大な健康被害を与えたことは言うまでもない。今でも障害児が出生することがある。今後も数世代にわたって影響が続くだろう。
そして現在でもアメリカは、左派政権の誕生が相次ぐ南米で数少ない戦略拠点となったコロンビアの現政権を維持するために、再び恐るべきジェノサイド/エコサイド(環境テロ)作戦を行わせているのである。


・・・エクアドル側の対応と比べて当事国であるコロンビア側では、被害の調査は遅々として進んでいない。この地域に散在する先住民の集落では出産の際に医療機関を利用せず、胎児に異常があっても人目に触れぬように遺棄してしまう場合が多いと見られるが、そもそも空中散布が行われている地域は反政府ゲリラFARCの支配下にあるので情報収集が困難である。コロンビア政府も除草剤の人体への影響を否定し、住民の訴えを封殺している。
ラゴアグリオ市の診療所で国境付近の患者を診察してきたメダルト・サンチェス医師は、
「米国の強い支援を受けたコロンビアから世界へは、被害を訴える声は発信されない。隣国の我々が伝えなければならない」
「このままでは、枯葉剤がまかれたベトナムと同じ悲劇が起こる。未来に対する犯罪だ」

と語る。
エクアドルのコレア大統領は昨年末現地を視察し、その後コロンビアのウリベ大統領と会談した。「一滴たりとも除草剤を流れ込ませない」と語ったコレア大統領に対し、ウリベ大統領は空中散布の継続を譲らなかったという。



*アメリカの悪行に憤る人は、人気blogランキングに投票して下さい。


*こちらだと同じウインドウで移動します。





posted by 鷹嘴 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にひどいものだ。コロンビア政府の住民の意見を無視し、他国への損害をも無視してまでベトナムにするとは許しがたい。
一度ウリベに枯葉剤を撒いたらどうだろうか?そうすればやめるだろう。ああいうゴミは体験しないと分からないんだな。せめてコロンビア領内で行うことならまだしもエクアドルにまで被害が拡大していると言うことが許せない。コロンビア革命軍よ売国政府転覆させてしっかりしたコロンビアを作ってください
Posted by j at 2007年03月27日 04:08
本当にひどいものだ。コロンビア政府の住民の意見を無視し、他国への損害をも無視してまでベトナムにするとは許しがたい。
一度ウリベに枯葉剤を撒いたらどうだろうか?そうすればやめるだろう。ああいうゴミは体験しないと分からないんだな。せめてコロンビア領内で行うことならまだしもエクアドルにまで被害が拡大していると言うことが許せない。コロンビア革命軍よ売国政府転覆させてしっかりしたコロンビアを作ってください
Posted by kllpこk at 2007年03月27日 04:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33322125

この記事へのトラックバック

除草剤散布機の迎撃、空軍に命令 エクアドル大統領
Excerpt: 2007年02月15日21時46分  エクアドルのコレア大統領は13日、コロンビアとの国境地帯を訪れ、空軍に対して、領空侵犯する航空機をすべて迎撃するよう命じた。この地域ではコロンビア軍が米軍の..
Weblog: マイナーなニュースをスクラップするブログ--Worldwide ver.
Tracked: 2007-02-16 02:28