【追記のお知らせ 2017年4月9日】
 記事「【5月7日】雁屋哲さんの講演+井戸川克隆さんと対談」に、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」から福島現地での鼻血の症状についての報告例を引用しました

2014年02月01日

【鈴木達夫弁護士、都知事選を闘う】オリンピックは、お・こ・と・わ・り!

 2014年1月23日、東京都知事選挙が告示され2月9日の投票日に向けて選挙戦に突入した。選挙ポスターの掲示が開始され、各候補の支援者は一斉に街に出て、東京都選挙管理委員会が設置した掲示板へポスターを貼る作業に取りかかった。俺もユニオンの仲間と、都内某所にて鈴木たつおさんのポスター貼り作業に加わった。もちろん初めての体験。想像していた以上にハードな作業でしたw

鈴木たつおとともに歩む会 弁護士・鈴木達夫公式ホームページにご注目!

 朝8時過ぎに都内某所に集合。各人の割り当て分のポスターと掲示板設置地図が配布されたが、掲示場所の決定は9時になるので、それぞれが自分の担当地域で待機。極力日が落ちるまでに終わらせてほしい、とのこと。暗くなってから作業していると近隣住民が怪しむ場合もあるという。
 そして同志からの「5番だよ!」という伝令を受け作業開始。一番乗りかと思ったら既にU候補の運動員が作業に取りかかっていた。タオルで掲示板の汚れを落としてから貼っていたので俺も真似した(コンビニで学校用の雑巾を買った)。枠内に真っ直ぐ貼るのがけっこう難しい。掲示板が設置された位置自体がかなり高い場所もあったし。うっかりすると皺が入ったり気泡が生じたりする。交通量の多い場所など煤でかなり汚れていて、雑巾を濡らして拭いた。
 それにしてもどの掲示板に行ってもU候補に先を越されていたなあ。運動員が自転車で移動してテキパキと作業を進めていたからな。さすが組織力が違うね。つーか、俺はただでさえ方向音痴なのに、右も左も分からない街で選管が作成した分かりにくい地図を見ながら廻ったので苦労した。大通りに面した場所は分かりやすかったが、狭い路地や団地に囲まれた場所ではなかなか掲示板が見つからなくて迷った。親水公園に沿った場所なら楽勝かと思ったが、地図に示された掲示板のポイントがアバウトで、公園の中なのか沿道なのか分かりにくい。川の向こう岸に見つけたけが、橋が遠すぎたり。他とかなり離れた場所の掲示板もあり、ひたすら歩いた。大部分の時間を移動と場所探しに費やすことになってしまった。焦るぜ。
 最初のうちはU候補のポスターだけが貼ってあったが、そのうちH候補やM候補のポスターにも先を越されてしまった。最後の方ではT候補のポスターも貼ってあった。(この日は最後まで、鈴木たつおさん以外はこの4者のポスターしか見かけなかった)。ってゆうか、こんなペースでやってて終わるんか?
 日が落ちたころやっと自分の割り当て分を完了した。最後の方は小走りだったよ。同志らも完了していたらしい。しんどかったけど、ちょっと楽しかったな。

 そして、18時から鈴木たつおさんの街頭宣伝が行われる新宿駅西口に向かうつもりが、最寄り駅が分からず時間をロスし、着いたのは18時半ごろ。動労千葉田中委員長や椎名千恵子さん(俺が到着したときには椎名千恵子さんの発言も終わっていた)、NAZEN事務局長の織田陽介さん、憲法と人権の日弁連を目指す会・代表の高山俊吉弁護士、そして鈴木たつおさんが発言。

140123_190259.jpg
 ↑ガラケーで撮影



 鈴木たつおさんの主張は、
 戦争させない⇒ 秘密保護法廃止、集団自衛権容認阻止、護憲、辺野古新基地建設反対、都教育委員会による日の丸君が代強制10.20通達破棄

 被曝させない ⇒全ての原発いますぐなくそう。原発・放射能と人類は共存できない。再稼働も輸出もさせない、東電の最大株主である東京都は国と東電に全責任を取らせる

 貧困・過労死ゆるさない⇒ 過労死すれすれの長時間労働を強いるブラック企業を許さない。都営交通の24時間化はしない。国家戦略特区は中止。労働者派遣法は法自体を廃止

 オリンピックはやらない⇒ 安倍首相が「汚染水は完全にブロックされている」「健康問題は現在も将来も全く問題ない」と大嘘を述べて招致し、福島切り捨て・原発再稼働を前提とするオリンピックを返上。この利権に群がる金権腐敗を断ち切る。都だけでも500億円を負担する新国立競技場建設の中止し、高齢者・貧困・被災者対策に充てるべき。

 弾圧と闘う⇒ (犯罪捜査が名目の)通信傍受の範囲拡大を許さない、裁判員制度はいらない、弁護士潰しの司法改革反対。獄中39年無実の星野さんを取り戻そう

 というもの。俺たち(ネットの住人もリアルの活動家も)が言い続けてきたことを全て代弁してくれている。またこの日、「政見放送の収録が行われたが、他の候補が決して言わないであろう二つの事を述べてきた」と語った。その二つの事とは、オリンピック返上と、労働組合の本来の姿を取り戻そう!ということである。経営者側と癒着し利権を貪る御用組合を見限り、労働者の団結によって闘う労組を取り戻そう、ということだ。たしかにこれは都知事選のみならず国政選挙でも地方選挙でもこれを言える候補は滅多にいないだろうな。

 ↓1月31日に放送された政権放送が早速アップされてる
◇ 政見放送 NHK 2014都知事選 無所属 鈴木たつお - YouTube


 1月26日は渋谷駅ハチ公前で街頭宣伝が行われ、全学連書記長・坂野陽平さんの司会のもと、鈴木たつおさん本人、織田陽介さん、君が代不起立による非常勤教員合格取り消し処分を受けた元教員の米山良江さん、東京西部ユニオン執行委員長の吉本伸幸さん、全学連斉藤委員長・齋藤郁真さん、倉岡雅美さん、森川文人弁護士が発言。酔っ払いおじさん乱入事件もあったが(笑)、多くの人々が足を止め、スマホで撮影し、鈴木たつおさんの話に聞き入っていた。

140126 shibuya.JPG

140126_170220.jpg
 俺もちゃっかり握手させていただいた。鈴木たつおさんの手は大きく力強かった。身長も俺(172cm)より少し高く、がっしりして力強い体格だ。政治のリーダーに向いてるな!





 この日、坂野さんがスローガンとなりそうなフレーズを述べた。「オリンピックは、お・こ・と・わ・り!」 これ、流行らせたいな。
 ちなみに俺はポスター貼り以外にも多少ボランティア作業に参加したが、現在インフルエンザで自宅待機中のため(笑)、1月31日の官邸前も行けなかった。タミフルを服用しているが異常行動の発生も無く(笑)回復傾向にあるので、また鈴木たつおさんの街頭宣伝に行ってみたい。



 というわけで、
 戦争させない!
 被曝させない!
 貧困・過労死許さない!
 オリンピックは、お・こ・と・わ・り!
 弾圧と闘う!

 ・・・と宣言して出馬した鈴木たつおさんを都知事に!



※ 当ブログ作成者のメールは↓こちら。「at」の部分を「@」に変えて下さい。
  factories_of_death at yahoo.co.jp

※ ちなみにツイッターアカウントは@usachankoです。

posted by 鷹嘴 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386730812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック