2005年06月08日

町村信孝というネットウヨ以下の馬鹿

夜勤をまたいだ時は少なくとも約24時間、更新出来ないのは悲しいものがあるが・・・
一昨日、町村信孝というヴァカが、
「靖国のことで軍国主義とか言われてもねえ、日本は世界中に“ODA”の形でいっぱい援助してんだよ。文句あっか?」とアホ丸出しの発言をしたらしい。

いくら歴史認識を歪めても、巨額な“ODA”がそれを相殺すると言いたいのか?「日本の戦争はアジアの平和を守るためだった」などと言い放つ団体に与しても、諸外国に援助をしてさえいれば、侵略戦争を美化していることにはならないというのか?
クマさんも言っていたが、本当に町村とはネットウヨ以下の屑である。





中国外務省:
「歴史問題で間違った見方」町村外相を批判

 【北京・大谷麻由美】中国外務省の劉建超報道副局長は7日の定例会見で、町村信孝外相の最近の発言に対して「日本の高官は歴史問題で間違った見方をしている」と批判した。
 町村外相は6日の講演で「靖国神社に行ったから日本は軍国主義だとか批判もあるが、とんでもないことだ」と述べた。また、日本が政府開発援助(ODA)を通じて果たした役割に言及して、中国などの姿勢をけん制した。
 劉副局長はこの発言について「歴史を正視せず、いろいろと理由をつけてごまかそうとするのは、かえって馬脚を現すだけだ」と指摘。日本の指導者の靖国神社参拝について「日本の軍国主義による侵略の歴史を否定しているのは明らかだ」と述べた。また、町村外相がODAを引き合いに出したことについて「日本が援助を提供したことで、アジアの国々を傷つけたという歴史を抹殺することはできない」と批判した。
 中国各紙も7日、町村外相の発言を取り上げて「アジア各国に事実無根の罪を着せた」「外相がでたらめの弁護」などの見出しで、批判記事を掲載した。
毎日新聞 2005年6月7日 20時06分


「援助で歴史は封殺できない」 中国外務省副報道局長
2005年06月07日21時05分

 中国外務省の劉建超(リウ・チエンチャオ)副報道局長は7日の定例会見で、町村外相が前日、日本政府の途上国援助(ODA)に触れながら靖国神社参拝への批判に反論したことについて「援助をしたからといって過去の歴史を抹殺することはできない」と批判した。
 町村外相は6日、有識者による外相の諮問機関「ODA総合戦略会議」の会合で「靖国神社に行ったから軍国主義だとか批判はあるが、とんでもないこと。赤字国債を出してまでODAを一生懸命出し続け、90年代は第1の供与額だったことは、胸を張って国際社会に言える」と発言した。
 劉副局長は「中国も他のアジア諸国も、日本が他の国に援助をしたことを理由に、軍国主義の道を歩んでいると言ったことはない」と指摘。「我々は日本の指導者の靖国参拝と誤った歴史認識に反対しているのであって、二つの問題を明確に分けなければならない」と述べた。
posted by 鷹嘴 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック