2016年06月09日

ツイッターに書いた話だけど、今年の2.11反紀元節+4.29反昭和の日

 既にツイッターに書いた話だけど、ブログにも書いておく。国家権力の妨害ってゆうか嫌がらせがハンパなかったよ。マジで。


 2月11日の反「紀元節」行動、4月29日の反「昭和の日」行動、8月15日の反「靖国」行動などは、反天皇制運動連絡会、アジア連帯講座、立川自衛隊監視テント村など諸団体の呼びかけで毎年行われている集会&デモである。俺も時々参加している。
 ここ数年は反戦反天皇制労働者ネットワークが呼びかける「3.11天皇出席の震災追悼式典―全国一斉黙祷反対!集会・デモ」も行われているが、俺は3月11日は郡山に行っているので参加したことはない。8月15日靖国デモも参加したことはない・・・。
 これらのデモに一度でも参加したことがある人は、大勢の警察官による過剰な警備、右翼の街宣車の凄まじい罵声、威嚇に度肝を抜かれただろう。
 俺もAML(CMLの前身)を読んでいたから定期的に行われていることは知っていたが、初めて参加したのは2009年4月29日だった。
 右翼がどういう連中か承知しているつもりだったが、あまりの妨害の凄まじさに唖然とした(一番ひどいのが8月15日らしい)。執拗に罵声を浴びせながらデモ隊に接近しようとするウヨクの連中を、大勢の機動隊が制止していたが。

 これ以降も、休日(または夜勤明け)が合うときだけ時々参加していた程度だから、未だに主催者の方々とお近づきになれない(笑) 顔見知りには一人や二人会う程度。
 たまに参加したとき、機動隊もいい仕事してるな、などと思っていたが、油断はならないよ。デモ解散後はさっさと立ち去るべきだ。帰りに知り合いと立ち話などしながらモタモタしていると思わぬ襲撃を喰らうかも。俺も街宣右翼に突然後ろから突き飛ばされてタックルされたことがあったからな。すぐ警官が引き離したが。あんときはマジでビビったw 
 今まで俺はこんな程度だが、街宣右翼の暴力で負傷者が出たこともあるという。ある時は警備が手薄なせいで、いわゆるザイトクのようなネトウヨ系が大勢でデモ隊になだれ込み、プラカードが奪われるなど被害が出たという。ネトウヨ系だって危険だぜ、時々歩道からペットボトルが飛んでくるからな。中身入りの。
 ウヨクのデモに対してこんなことすりゃたちまち連行されるだろうが、こういうウヨク連中が逮捕されたという話は聞かない。警察はウヨクに対して甘いというか・・・デモ隊に飛び込もうとするウヨクに対しても、制止というか宥めているような感じだぜ。しかもデモ隊に向かって「早く歩いて下さい!」「早く進んで下さい!」などと、先頭のコールが聞こえにくくなるほど喚きながら背中を押してくるし。「圧縮!圧縮!」っていうのは部隊に号令かけてるのかな。デモ参加者が警察にちょっと抗議しただけで連行されたこともあったらしい
 一般的に新左翼系のデモは警察の態度が悪く、ウヨクの妨害も多いが、これらのデモは特に、警察とウヨクの妨害がひどすぎる。天皇制を否定されるのがそんなに怖いのか?
 所詮天皇制なんぞ、薩長が徳川から政権を奪う口実に用いた虚構ではないか。その薩長が政権を掌握した後の侵略戦争の口実に使われたイデオロギーではないか。無用かつ危険な制度ではないか。これの廃止を訴えないほうが頭がおかしいと思うよ。

 東日本大震災後?の数年間、警備の不手際(あるいはサボタージュ?)のせいで危険な状態が続いていたらしい。これらのデモに毎回参加しているムキンポさんが詳しいと思う(反紀元節反昭和の日反靖国)。ここ数年は以前のように警察がしっかりウヨクをブロックするようになったそうだが。
 今年はたまたま2月11日も4月29日も休みだったので、俺としては珍しくどちらも参加した。


 というわけで2016年2月11日はたまたま休日だったので、神宮前穏田区民会館で行われた「安倍戦争国家と天皇制を問う 2.11反『紀元節』行動」に参加した。日帰りスキーに行きたい気もしたが(恐らく雪質バッチリ)、この「紀元節」前後は混むからなあ(笑)
 毎度のように会場の周りは機動隊と私服だらけ。集会が始まる直前にはかなり近い位置からウヨクのトラメガの罵声が聞こえた。そのうち排除されたようだ。
 まず近現代史研究の須永守氏が「戦争国家と天皇の『慰霊』」と題して講演を行った。東日本大震災の被災地を明仁が訪問した際、「天皇陛下が来てくれて、被災者が救われた」という滑稽な反応もあったそうだが、アジア・太平洋戦争の戦没者遺族運動にとっても天皇が支えだったらしい。
 かつて吉田茂は、戦没者は「平和の礎」であり、「国家の貢献者」だと語ったという。さらに天皇は平和を願っていた(願っている)という神話がでっち上げられ、戦没者・遺族・天皇の「三位一体構造」が出来上がった。
 さらに現在、「平和を願う天皇」が、戦争を狙う安倍と「相互補完関係」にあり、共に「戦没者の再生産サイクルを形成」していることを指摘した。
 まあ安倍政権が狙っているのはそういうことだろう。天皇陛下は平和を愛している。だから陛下のために、お国のために、戦って死ね。死んだら陛下が慰霊して下さる。遺族を慰めて下さる。だから陛下に感謝し、戦って死ね・・・ということだな。要するに天皇制は、「国民」を戦争に誘導するためにあるんだよ。この制度を自公政権と資本家が利用しているんだよ。
 各団体の活動報告の後、いよいよ渋谷デモに出発。出発直後、ビルとビルの間からウヨクらしき集団が見えた。「あれが、反日極左のデモですよ〜!」などと叫んでいた。今回も大荒れかなあ、と思いきや、意外にもウヨクの接近は少なかった。



 しかし!機動隊がデモ参加者の背中をしつこく押してくるぞ。今回は特にしつこいぞ。あんまりにもウザすぎだから、すっと避けたら、俺を押してた若い機動隊、キレた顔して「早く歩けよ」とか凄むし。何だこいつらヤクザか?


 「前に詰めろぉ!」って怒鳴ってる奴も多くて、最初は部下に指示してんのかと思ったけどデモ隊に向かって言ってたんだよ。何様のつもりなのお前ら?何でお前らに怒鳴られなきゃなんないの?




 というわけでゴール地点まで、機動隊がデモ参加者の背中や腕を押しながら「前に詰めろ」「早く歩け」って怒鳴りっぱなしでした。こんなひどいの初めてだな。


 当然主催者は厳しく抗議した。
◇ 安倍戦争国家と天皇制を問う 2016・ 2・11 反 「紀元節」行動に参加を! 【声明】2.11反「紀元節」行動における機動隊の理不尽な規制とデモ妨害に抗議する
 俺は押されたり怒鳴られたり睨まれただけだったが、こんなひどかったのか!

 なお、◇ 「3.11天皇出席の震災追悼式典―全国一斉黙祷反対!集会・デモ」は、俺は郡山に行っていたので参加していないが、2月11日と同様に警察官が怒鳴り続けていたという。



 そして4月29日もたまたま?夜勤明けだったので、新宿で行われた反昭和の日行動に参加した。もちろんデジカメは持参したが、今度は動画も撮ろうと思った。警官が怒鳴りまくっているところを撮影してYOUTUBEにアップしないとね。この日本国の警察の暴力性というか前近代性を全世界の人民に知らしめようと思ってね。
 早く着いたから、久しぶりの新宿をブラブラしてた。そういえばクロスアンジュの聖地だよな(笑) ちなみに新宿は俺にとって若い頃の苦労というか愚行というか、血と汗と涙とその他のアレが入り混じった、思い出深い街です。本屋でチバレイ氏の暴露本が平積みになっていた。買えばよかったな。反原発からネトウヨに転向するとは理解し難いけどさ。それにしても、人はなぜ、「パヨク」になるのか?まあサヨクの世界だっていろんなことがあるけど・・・。
 西新宿は既に多くの機動隊や私服が集まり物々しい雰囲気。集合場所の柏木公園に入る前に機動隊に声をかけられたが「集会があるんでしょ!」と言ったら通してくれた。たぶん妨害目的のネトウヨに見えたんだろうな。俺、ウヨクじゃねえかと疑われることが多いな。たまにカクマルや権力と間違われることもあるが(笑) 

 まずこの公園で前段集会が行われ、14時から新宿一周デモスタート(西新宿を廻り、新宿駅南口前で山手線を渡り、靖国通りのガードをくぐり、柏木公園でゴール)


DSCF6112.JPG
 毎度のように「新宿大ガード西」交差点の角にはネトウヨ系が陣取っていた。

DSCF6114.JPG
 西新宿の高層ビル街を進み、新宿センタービル前にて、辺野古新基地建設工事に関わる企業の一つである大成建設を弾劾!




 当然ながら今回も機動隊と私服に取り囲まれながらのデモになった。右翼の街宣車の騒音も遠くから聞こえてくる。歩道からトラメガで怒鳴っている輩も多かったが、やはり今回もデモ隊に近づこうとする者は機動隊がブロックしていた。

DSCF6134.JPG
 今回は警官がデモ隊に向かって「早く歩け」などと怒鳴りまくることは、なかった。しかし途中から機動隊が無言で、デモ参加者の背中をずっと押してくるんだよ、ずっと。無言で。けっこうな力で。

DSCF6135.JPG

DSCF6138.JPG
 これだと動画を撮っても、デモ参加者がどれくらい圧迫を受けているのか分からないよな。たぶん警察は、2月11日や3月11日の悪質な妨害がネットで拡散されたので、批判を避けるためこういう手に出たのかも。
 デモ参加者に恐怖心を与え、委縮させ、意思表示を封じようとするのはウヨクと同じだ。要するに警察の本当の目的はウヨクと同じなのではないか。天皇制に反対するような非国民どものデモは封じ込まなければ・・・という。


 ガードをくぐり西新宿に戻ってきて、「新宿大ガード西」交差点を右折するとき、さらに圧迫が激しくなった。

DSCF6141.JPG

DSCF6142.JPG
 こういう嫌がらせが最後まで続いたが、無事に柏木公園まで戻ってきた。公園の入り口の近くでスクーターにまたがってトラメガで喚くバカがいた。そういやデモの最中も見たな。俺が知る限りでは弾圧もなく、権力やウヨクの暴力で負傷した人もいなかったようだ。
 総括集会で今日の状況について報告が行われた。俺は見ていないが、工事現場に落ちていたパイプを拾おうとしたり(引っかかって拾えなかったらしい)、自転車を持ち上げて投げつけようとした(力が足りなくて持ち上げられなかった)バカがいたらしい。また、明治公園野宿者支援の有志が4月16日強制執行を弾劾し、不当逮捕されたBさんの奪還を報告した。天皇制もオリンピックも基地も原発も、まとめてサヨナラだ!
 言うまでもないが、国家権力や右翼の嫌がらせが行われるのはこれらのデモだけではないよ。



 2.11や4.29とは全く関係ないが、5月29日は「オール埼玉総行動」に行ってきた。地元だからな。
 わざわざ埼玉までご足労です!

 北浦和駅西口を降りると、私服がたむろしてる。北浦和くんだりじゃ百年に一度の光景ですな?着いたのが遅かったから山城博治さんの発言は終わっちゃった。
DSCF6393.JPG
 俺の実家は北浦和駅が最寄り駅だけど(東口側の、チャリで15分くらいかかる所だけど)、まさか北浦和公園でこんな大きな集会が行われるとは。いや埼玉県内でこの規模の集会は珍しすぎる。昔は知らんが。もっとも・・・共産党系の労組や「九条の会」など諸団体、生協、それにJR東労組・・・などの動員があったのでこれだけの規模になったのだろう。呼びかけ団体に地元の市民団体の名もあったのはうれしかったが。まあ万単位が結集するときはいつもそうだけど。無党派の人民や俺のようなネトサヨ系だけで大規模な結集を見るのは、ごく一時期の反原発デモ、昨年の国会前闘争ぐらいだろ。昔は知らんが。
 日本共産党、社民党、生活の党、民進党!などの議員も発言した。ところで民主党って昔から壊憲狙いじゃねえのか?しかも維新なんぞと野合し、どの面さげて出てくるのか。いや、所詮この集会はそういうもんだと割り切るべきか。
 そして集会が終わってデモスタートだが(北浦和駅経由の与野駅コース、南与野駅コース、浦和駅コース)かなりの人数のためなかなか進まない。送り出しライブ&集会で山城博治さんが力強く基地撤去を訴えた。
DSCF6399.JPG

 「野党は共闘!」などというコールに辟易しつつ、何となくついていったら浦和橋の手前を左に曲がるので(与野駅コースだったのか!)離脱し、浦和駅コースに合流した。地元だからやりたい放題だw

 ところが旧中山道に入ると、なかなか進まないなあ。反対車線を右翼の街宣車が何台も、拡声器で怒鳴りながら通っていくし。すげえ騒音だよコールが全然聞こえないよ。


  警察に促されつつチンタラチンタラ通っていくし。なんでもっと厳しく言わないんですか。もしかしてお前らつるんでるんですかw 


 振り返ると、デモの隊列の間に街宣車が割り込んでるし。


 路駐してるし。埼玉県警やる気なさすぎw

 仲町交差点を過ぎてやっと街宣車はいなくなったが、今度は東北本線をくぐって東口に抜ける細い道の歩道にネトウヨ系が集まっていた。まあこれは大したことなかったが。
DSCF6420.JPG










 まとめると、今年の2月11日反紀元節と4月29日反昭和の日は、警察がウヨクを遠ざけていたが、その代わりデモ参加者の背中を押すなど威嚇行為を行った。5月29日のオール埼玉は、埼玉県警が街宣車をまともに規制せず、嫌がらせが放置された。これを埼玉県警の怠慢だと言うのは簡単だが、デモを妨害する者が入れ替わっただけではないか?
 所詮は警察もウヨクと同質の妨害者だ。そりゃそうだよ日本の警察は、日本帝国主義が体制を維持するための暴力組織だからな。この体制を覆そうとする者を、あの手この手で圧力をかけて沈黙させようとする。
 だからそういう覚悟で臨まなければならないが、何をどう闘うべきかはっきり定めなくては。

 この5月29日にウヨクが「お前らだって強盗に入られりゃ応戦するだろ」などと怒鳴っていたが(そりゃ個別的自衛権だろ頭悪いなあw)、そもそも自衛隊も日米安保も憲法違反であり、そもそも憲法云々以前に戦争も軍隊も絶対に認めてはならないのだ。そうでなければ戦争法の廃止を訴える意味がない。
 しかしこの日の集会に参加していた「野党」は・・・自衛隊も日米安保も沖縄の米軍基地も天皇制も容認(又は事実上の容認)する立場だ。所詮は自公政権の補完勢力ではないか。憲法9条第2項を改正せよなどと唱えるSEALDS界隈の動きを見ていてもわかるだろう。奴らは我々労働者人民に敵対してるんだよ。
 だからこそ我々は、「野党」に対する一切の期待を捨て去った上で・・・日本帝国主義と資本に対して、一歩も譲歩することなく闘わなくてはならない。国家権力、右翼、疑似市民運動による妨害・襲撃を覚悟し、これに屈してはならない。全ての軍隊を解体させ、全ての核利用を廃止させ、戦争に誘導するイデオロギーを打倒し、我々人民が社会の中心である社会を創らなければならない。自衛隊も日米安保も天皇制も原発もオリンピックもまとめて廃止だ。これらを容認する立場の奴らは権力側だと思ったほうがいいね。
posted by 鷹嘴 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会、デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438477934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック