2016年07月13日

南伊豆・妻良(めら)海岸 + 伊豆サブカルスポット(?)探訪

 唐突だが2015年8月に南伊豆・妻良海岸に行ったことを書く。なんで一年前のことを今更書くのかって?そりゃ、だからさw
 伊豆で透明度が高い海水浴場と言えば南伊豆・中木のヒリゾ浜(中木のかっちゃんのHP参照)が有名だよな。俺も数回行ったことがあるし(過去ログ参照)。だけど妻良海岸から渡し船で行ける谷川浜もかなり透明度が高いよ。


◇ 南伊豆町観光協会(Minami-izu Tourism Association) - 妻良(めら)海岸
◇ 南伊豆町観光協会(Minami-izu Tourism Association) - 妻良谷川浜渡し
◇ 南伊豆町 妻良観光協会

 アクセスについては・・・それほど迷うことはないだろう。下田の街を抜けて国道136号を進み、南伊豆町に入り、途中「日野」交差点で右折する(西伊豆+浜勝崎方面)。国道自体が右に曲がってるってこと。しばらく進み、中木に行くときは「二條」交差点を左折(石廊崎方面。国道自体が左に曲がってる)するが、妻良に行くときはここを直進する(西伊豆+浜勝崎方面)。俺はここを左折しちゃったから迷っちゃった。あとから合流するけどね。あとは道なりに走ってりゃ看板が出てくる。
 まあ、今どきの車はナビ積んでるから大丈夫だろう。スマホもあるし。先月、選挙のポスター貼りのため車を出したんだけど、同志AのiPhoneがナビ代わりになった。「あと何十mです」とか音声付きだぜ。充電は車載のライターのソケットから。時代はどんどん進んでいくね。おっちゃんついていけねえや。ちなみに以前使ってたガラケーは一応GPSが付いていた。「ガラホ」に買い替えたら、GPSが付いてない。グーグルの地図がナビ代わりになると思うんだけど、なぜか「位置情報」を検出してくれないw
 ところで中木も妻良も下田駅から路線バスで行く方法があるね。路線検索で簡単に出てくるぞ。本数は少ないようだが・・・


 そういうわけで2015年8月19日、早朝にさいたま市の自宅を出発、毎度のように首都高C2から東名高速、そして小田原厚木有料道路を走り、国道135号で伊豆半島をひたすら南下。下田に到着したが、今夜の宿を決めていなかったので、手あたり次第ホテルなど当たってみたがどこも満室。夏休みだからな。観光案内所で探してもらった。こういうロスもあり、しかも南伊豆の山中で迷ったため、妻良に到着したのは11時ごろ。
DSCF4456.JPG
 駐車場はほとんど満車、整理のおっちゃんに誘導してもらった。

 思ったより全然混んでるな。皆さん立派なテントを立てているし。リア充の臭いがハンパない。ってゆうかスキーをやっても何をやっても中途半端だな俺ってw 我々も簡易テントを設営したが、腹が減ってきた。海の家など見当たらない。仕方ないから国道を歩いて戻り、個人商店でオニギリとスナック菓子を買った。そういえばラーメン屋があった気がするが、皆さん食料など準備してきてるんだろうね。

DSCF4384.JPG
 「海上アスレチック」はちょっと面白かったな。体力いるぞ


 ところで谷川浜の渡し船はどういうスケジュールで運航してるんだろうか。と思ったらすぐ出航だというので慌てて乗り込んだ。まだ12時半くらいだったがこの日の最終便なんだって。

DSCF4390.JPG
 岩肌が迫力ある


 これ、柱状節理っていうやつだろ。マグマとか溶岩が冷えたときに出来たとかいう・・・。伊豆のあちこちにあるよな?



 これは下田の爪木崎。行くたんびに同じ場所から写真撮ってるw ここ数年は行ってないけど・・



 


 この2枚は南伊豆・中木。「トガイ浜」から岩を超えたところ。遊泳禁止。


DSCF4392.JPG
 ヒリゾ浜の渡し船よりちょっと距離があるかも。同行者は微妙な表情になっていた(船に弱い)。ピピ島で漁船みたいなのに乗ったときは酔いつぶれたみたいになってたw

DSCF4398.JPG
 まあ、ものの5分くらいで到着。ヒリゾ浜と似たような、割と狭く、大きめの岩がゴロゴロしている浜だ。ヒリゾ浜と違って仮設トイレがある。早速海に入ってみると・・・おお!けっこう透明度高いぞ!

DSCF4407.JPG
 この日はうす曇りだったのに海底まではっきり見える。同行者は腰が冷えるなどと抜かして泳がなかった。

DSCF4429.JPG
 フグみたいな魚がいた。フグそのものか?

DSCF4438.JPG
 美味そうな魚

 ここ、天気が良かったら相当キレイだぞ。ヒリゾ浜危うしw もっと泳いでいたかったが、同行者が飽きたとか抜かしやがるんで(そりゃそうだ寝転んでいただけだからな)、1時間ほどで撤収。まあヒリゾ浜ほどの奥行、深さ、バリエーションはないけど、伊豆のきれいな浜で泳ぎたいんだったら候補に入れておいたほうがいいよ。

DSCF4453.JPG
 港に着き、また水中アスレチックにチャレンジ。ふと思ったがこの漁港から海岸伝いにもっと先まで行けるのではないかと。途中に天然のトンネルがあっって、シーカヤックが通っていた。写すの忘れたけど。
 そして撤収し、この日の朝に予約した蓮台寺温泉(下田市内)の旅館に一泊。


 さて翌日は、久しぶりに下田の爪木崎で泳ごうかな、と思ったが・・・この海水浴場の駐車場の手前から眼下を見渡すと、白い波しぶきが派手に立っているなあ。やめとくか。この日はヒリゾ浜も谷川浜も波が高いため渡し船は欠航になったらしい。
 そういうわけで下田を後にした。このまま帰るだけじゃつまらんから、以前から気になっていた「怪しい少年少女博物館」に行った。なかなか楽しいサブカルスポットだよ。
DSCF4500.JPG

DSCF4501.JPG
 大して広くない館内に、様々なオブジェが所狭しと飾ってある。ろくろっ首、一つ目小僧、恐竜の体の中の変な生き物(しかも動いてたし。すごいアートじゃねえか金かけてるな!)、お化け屋敷、高倉健や寅さんなど昭和の人気者(の蝋人形)・・・さらには「けっこう仮面」、各種のフィギュアなど、現役の少年少女だけでなく、かつて少年少女だった世代も楽しめるよ。ごく一部だけアップさせて頂こうかな。

DSCF4475.JPG
 フィギュアがずらりと並んでる

DSCF4491.JPG
 他にもエロいフィギュアだらけ

DSCF4481.JPG
 あ、あやなみ!

DSCF4474.JPG
 ゲバ文字の看板

DSCF4473.JPG
 「赤軍-P.F.L.P 世界戦争宣言」のポスター、本物だったら値打ちもんだよな?

DSCF4493.JPG
 これら各セクトのメットは模造品と思われ

 などと気楽に見物していて、ふと隣を見ると変なおぢさんがいて度肝を抜かれますよ。現地で確認してくださいねw

DSCF4482.JPG
 お化け屋敷はマジで怖かったw
 次は「まぼろし博物館」にも行ってみたいな。


 それから昼飯食ってから、「熱海秘宝館」に行った。ここも前から気になっていたが初めてだった。

DSCF4512.JPG
 熱海の温泉街からロープウェイで登れると思う。眺めが良すぎ。残念な空模様だったが

DSCF4515.JPG

DSCF4516.JPG
 これらはエントランス部分。残念ながら館内は撮影禁止

 入場料が高いけど、あまりにもエロくて下品な展示ばかりでとても気に入ったw 俺的には「魔女のシーツ」が好きだな。全裸の魔女が自宅?でくつろいでいるだけ。いつも気取っているほむらも自宅じゃあんな恰好で、円環の理と化したまどかを想いつつ悶々としているのだろうか?
 マミさんの休日は・・・職場のストレスその他の鬱憤が溜って、ひたすら飲んだくれてるかも。マミさんってさ、人が良さそうで、詰めが甘いところがあるから、男に騙されりとかありそうじゃん。「こらベベ!酒買ってきなさい」って怒鳴ってたりして。ベベに「マミさん、飲み過ぎなんですぅ。なぎさはチーズが・・・」とか忠告されてもひっぱたくかも。「ごしゅじんちゃま」と「えびちゅ」みたいだなw 
 最後に無駄話してごめんなさい。そういうわけで、伊豆や熱海は美しい海と山だけでなく不思議なスポットもあって楽しめるから、今年も遊びに行くつもりですよ!


 関係ないけど、俺は行ったことないけど沼津の「あましまマリンパーク」という施設は「ラブライブ サンシャイン」の聖地の一つなんだってね。萌えキャラもいるのか。変な水族館だな。機会があったら行くかもね。
posted by 鷹嘴 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439641842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック