2016年09月09日

あさま山荘へのアクセス

 連合赤軍が立て籠もった「あさま山荘」は軽井沢の別荘地にあるらしいが、軽井沢と言っても広いよ。いったいどこにあるんだ?そもそも事件があったのは1972年だぞ、とっくに立て壊されてるんじゃねえか?・・・と思ってググってみると、現地レポートなど数々の情報が出てきたので下記にリンクを貼った。


 先に要点を言うと、あさま山荘の建物はレイクニュータウンという別荘地の728番地に現存する。「CK DESIGN」という表札が出ている。もっとも別荘地だから部外者は立ち入り禁止・・・だという。誰が作ったのか知らないがこのグーグルマップにピンが差してあるところらしい。
 なおレイクニュータウンのサイトから別荘地の詳しい地図(PDF)がダウンロードできる(直リンは自粛)
 レイクニュータウンのトップページ
  ⇓ 
 物件販売情報・土地を探す
  ⇓ 
 別荘地地図・申請用紙等ダウンロードサービス
  ⇓ 
 各別荘地の地図・レイクニュータウン



 さらに詳しい情報は、以下の現地レポート等を参考のこと。(残念ながらブックマークしていなかったサイトは行方不明)

◇ あさま山荘に行ってきました! こんな狭い場所で銃撃戦をやっていたの?:気に入った本:So-netブログ
◇ 【A面】犬にかぶらせろ! 連合赤軍事件の現場、現在のあさま山荘探訪
◇ 長野県軽井沢町・連合赤軍「あさま山荘事件」の現場は今どうなっているのか (全2ページ) – 新日本DEEP案内
◇ さくらんぼ倶楽部 浅間山荘事件現場を訪ねてみた
◇ 浅間山荘 熊野皇大神社
◇ 軽井沢の別荘地 レイクニュータウンホームページ
◇ 軽井沢レイクガーデン|美しくやさしい水辺のガーデンリゾート
◇ ブラッセリー ナカガワ
◇ 楽しいグループに遭遇しました!|ニュル太郎のページ|ブログ|ニュル太郎|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
◇ (CK DESIGN オフィシャルページ?)

 まとめると、

 あさま山荘は軽井沢のレイクニュータウンという別荘地にある

 別荘地なので関係者以外は立ち入り禁止。管理会社が巡回しているという情報も

 上信越道碓井軽井沢ICを降り、峠を越えてゴルフ場の脇を進み、「レッカーサービス110」の角を左折する(もしくは軽井沢駅からタクシー)

 しばらく道なりに進むと、左側に門柱が見えてくるので入る。ちょっと進んだところの交差点の右手に管理事務所(検問は無し)、左手にレストランと「軽井沢レイクガーデン」がある。この交差点を右折すると「軽井沢レイクガーデン」の無料駐車場

 「レイクガーデン」は有料施設(冬季は無料)。別荘の住人or関係者でなくとも入場できる

 ちなみに「レイクガーデン」の中には「レ マン湖」という池というか沼がある

 この「レイクガーデン」の脇を別荘地に向かって進むと、「関係者以外立ち入り禁止」の看板あり

 別荘地の中の道路は道幅が狭く、車で行けばすれちがうのも大変。駐車スペースなんかない

 広大な別荘地なので歩くとかなり大変。上り下りもあり。ハイキングの覚悟が必要。それに細くグニャグニャとした道が何本もあり、さしたる目印もなく、スマホ等で地図を見ながらじゃないと無理かも

 ちなみに別荘地のすぐ横を通っている妙義荒船林道は通行止め区間あり、やめておいた方がいいと思う

 わりと奥というか端っこの方に「ポプラ通り」がある。道案内の看板に「CK DESIGN」も出てくる。あさま山荘の番地を示す「728」という表示は見当たらず(もっとも隣の建物に729という表示が出ている)

 あさま山荘は傾斜地というかほとんど崖に建っている。地図で見ると道路に挟まれているが北側が入口。南側は崖だから、この建物を下から見上げることが出来る。写真でよく見るアングルだ(3階建てなのか4階建てなのかよく分からないw) しかし藪なので接近出来ない

 当たり前だが夏場は南側から見上げても草木が生い茂っていて山荘の姿がよく見えない。冬場なら見通しがいいと思われるが、車で行くならスタッドレスタイヤかタイヤチェーンが必要。軽井沢も冬は寒いし時々大雪が降るからね

 当たり前だが人んちだから中には入れないw

 北側(入り口側)だと、まるで半分地下に埋まっているように見える。「CK DESIGN」という会社(バイクのチューニングの会社?)の看板があるが、今でもこの会社の所有物なのか、全く不明

 外観を観た限りでは、老朽化も目立ち、今でもここを別荘あるいは保養所として利用しているようには見えない。廃屋になっているのかも。軽井沢に保養所を構えたのはいいが、あとから世間を揺るがす大事件があった場所だと知り、従業員も敬遠し、売りたくても買手が付かず放置状態・・・とか?

 鉄球をぶつけられたはずだが、その痕跡は全く見当たらない。とっくの昔に修繕したんだろうね

 (言うまでもないが)かつてこの建物に、同志を「総括」しつつ山中を転々としていた連合赤軍が最後にたどり着き、国家権力と銃撃戦を繰り広げたことを示す掲示物や碑は全く見当たらない。知らなきゃ通り過ぎちゃう。単なる古くてボロッちい建物にしか見えないw


 以上、ググってみてこれらの情報が得られた。これでもう行った気分になったね。結論を言うと、行ってもつまらないだろう。 観光サヨクor野次馬ブロガーの好奇心を満たすほどのものはないだろう。それでもあえて、列記した様々なリスクを覚悟の上で行きたいというなら、とめないけどね。


 ちなみにレイクニュータウンの建設は1961年、昔はそれなりに賑わったが今では寂れているらしい。そもそもここは本当の軽井沢じゃねえだろ(笑) 軽井沢の人気にあやかって山を切り開いたんだろ。しかし元祖軽井沢もとい旧軽井沢の商店街は竹下通りのように混雑する(笑) 観光客が多すぎだよ。都会の喧騒を離れたいんだったら軽井沢は違うんじゃないの。まあ別荘地自体は静かだと思うけど。

 もしも軽井沢方面で、高原の大自然の中でのんびりしたい、あるいは別荘を購入したいというなら、旧軽井沢から車で約30分の北軽井沢をお勧めしたい。途中クネクネとした峠を越えるけど。群馬県だけど。ここだって本家軽井沢にあやかって原野を切り開いて無理矢理別荘地にした所だけどさ。
 ここも軽井沢のように賑わうだろうと言われていたが、そうはならなかった(国道146号の星野温泉までは賑わっているがその先はほぼ山林や牧草地)。牧草地がオートキャンプ場になると噂されていたが計画が立ち消えになったり、一軒だけある大きいスーパーはたちまち潰れ、「居抜き」で別の業者が入ったけどまた潰れ、また別の業者が入居したりを繰り返しているような状態。つまり軽井沢より全然閑散としている。アクセスが悪いからね。
 だからその分、のんびりするのには向いてるよ。国道から離れれば人通りは途絶えるし。軽井沢より標高が高い分、かなり涼しいし、「植生」が違うってゆうか・・・そこらの山とは景色が違うのも高原の雰囲気が出ているってゆうか。観光の目玉はないけど、そもそも観光地と別荘地って違うだろ。雄大な浅間山を眺めながら散策したりボケっとするだけなのもいいだろ。別荘なくてもホテルとかキャンプ場とかあるぜ。
 ただし冬場はすっげえ寒いよ。水道管の凍結対策とかしっかりやっておかないと破裂するし、スタッドレスタイヤでもズルズル滑るし。大雪が降ることもあるし。それに浅間山が大爆発したら溶岩か火山灰の下だろうなw
posted by 鷹嘴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441754534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック