2007年06月12日

≪「潔く死んで」兵隊は言った 集団自決の地 慶良間≫

ちょっと古くなったが、5月14日朝日新聞の特集記事
≪「潔く死んで」兵隊は言った 集団自決の地 慶良間≫
より引用。

「太平洋戦争の末期、沖縄で起きた『集団自決』をめぐり、高校教科書の検定で『日本軍の強制』が修正された。
軍と民が一体となった状況で、現地の部隊は惨劇にどう関与したのか。悲劇の舞台となった慶良間諸島で生き残った人々に、
当時のことを聞いた」

座間味島ではアメリカ軍上陸後の1945年3月26日、集団自決が行われた。
●宮里育江さん(82)は部隊の事務をしていたが、米軍上陸の際に部隊と同行したいと求めるが断られ、代わりに「万一のことがあったら、これで自決しなさい」と手投げ弾を渡され、使い方を教えられた。
そして激しい砲爆の中で住民たちは次々と自決していく。宮里さんの手榴弾は不発だったが、後に母や妹が自決したことを知る。

●宮平春子さん(80)が逃げ込んだ壕の中で兵隊に言われた言葉は「『捕まらないように潔く死んで下さい』との内容だったという」。

●上洲幸子さん(84)は家族や他の住民と山中に逃げていたが、そこで軍人が住民を集めて、
「こうなったからは仕方がない。敵に見つかったら、舌をかみ切ってでも死になさい」
と言った。「青年の一人は『死にたくない』と言って泣き出したという」。
しかし上洲さんの一家は偵察をしていたという兵士に「捕虜の住民は食事を与えられている。出て行った方がいい」と告げられ、アメリカ軍に投降した。


渡嘉敷島の集団自決は3月28日に行われた。
●村役場に勤めていた吉川勇助さん(78)の証言によると、住民が避難していた場所に、
「一人の防衛隊員が『伝令』と叫びながら村長に走り寄り、何かを告げた。攻撃の爆音で会話は聞き取れなかったが、村長はうなずいた。『天皇陛下万歳』『発火用意、発火!』が聞こえ、あたりで手投げ弾の爆音が響いた」
しかし不発が多く、男たちは家族を手にかけた。吉岡さんの一家は4個を地面にたたきつけたがどれも不発だった。
その現場に防衛隊員らがいたことについて吉川さんは、「戦闘中に部隊を離れれば罰せられるが、とがめられていない。命令があったはずだ」と言う。

沖縄国際大の安仁屋政昭名誉教授は、住民が手榴弾を持っていたことについて、
「軍隊では武器の部品がなくなっただけでもなぐられる。民間人が勝手に手にできるはずがない」と語る。
他の投稿で紹介したが、部隊が住民に「一つは敵に投げろ、もう一つは自決用」と言って手榴弾を手渡したという証言がある。

一方、渡嘉敷島の海上挺進戦隊の将校だった知念朝睦さん(84)は、「隊長の自決命令や訓示など聞いたことはない」と否定する。
仮に隊長からの自決命令が無かったとしても、住民の自決は日本軍の、日本帝国主義の強制に等しいのである。少なくとも日本軍は住民を守るような存在では無かった。
最近、自衛隊艦船の辺野古への派遣や、幹部によるクラスター爆弾の使用もあり得るという発言、そして国民への監視活動の発覚などが相次ぎ騒然としているが、
沖縄戦の惨劇を振り返り、軍隊とは本質的に国民を守るものではなく、むしろ危害を加えるものであることを思い出してみれば、なんら不思議はないだろう。


関連:◆歴史歪曲 3500人抗議/「集団自決」修正
(保存)
posted by 鷹嘴 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄の地上戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄戦の悲劇は国民保護が上手く機能しなかったからでは?
知事が真っ先に本土に逃げたわけで(笑
>「一人の防衛隊員が『伝令』と叫びながら村長に走り寄り、何かを告げた。
防衛隊員って軍人じゃないやん(笑
>幹部によるクラスター爆弾の使用もあり得るという発言、
上陸してきた敵部隊をまとめてなぎ払うのに有効だと思うけど(笑
不発弾は後で丁寧に処理すればOK。
Posted by 人民艦隊&中核自衛隊 at 2007年09月29日 18:35
人民歓待じゃない、人民艦隊&中核自衛隊さんは、楽天家でよろしいですね。「国民保護が上手く機能しなかった」とは。機能する条件があったのでしょうか。わからないなぁ。クラスター爆弾もOKか。まぁ、敵が攻めてきたら、人民艦隊&中核自衛隊さんが防いでくれるでしょうから、安心でしょう。私は逃げます。
Posted by 臆余子 at 2007年12月24日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

みどりの風
Excerpt: 朝方は然程でもなかったのですが、昼過ぎから蒸し蒸しする不快な午後になりました。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2007-06-13 19:11