2007年09月25日

イランのアフマディネジャド大統領がコロンビア大学で講演、失笑を買う

ナチスのホロコーストを否定した馬鹿が、国連に出席したついでにニューヨークのコロンビア大学で講演したそうな。
◆イラン大統領がNYの大学で演説 周辺で学生デモも (魚拓)
◆米コロンビア大でイラン大統領講演、賛否巻き起こす
◆イラン大統領 批判のなか米大学で講演
◆イラン大統領が米大学で講演、独自の理論を展開

このニュースさっき報ステでやってたけど、アフマディネジャドはナチスのホロコーストについて
「もし事実であるとしても、なぜパレスチナ人がその代償を受けなくてはならないのか?」
と発言。そりゃそうだがイスラエルがやっていることを非難するのらナチスがやったことも認めろよボケ。

また、
「イランには同性愛者はいない」
と発言して失笑を買っていた。
自分の国では同性愛者を見つけたら処刑していることを忘れたのかね?
ま、イスラム教の教義にはいろいろあるんだろうけどね。つーかアメリカで講演したこと自体最強のKYだなw
posted by 鷹嘴 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57242470

この記事へのトラックバック