2007年10月22日

谷垣「共産党の伝染困る」

東大阪市は共産党推薦の長尾淳三氏が市長を務めていたが、自民・公明・民主の市会議員による不信任決議によって市長は失職した。それに伴い今月28日の市長選挙が告示され、もちろん長尾氏も出馬する。
(不信任決議が成立した場合市議会も解散することになるので、9月23日に行われることが決まっていた市会議員選挙を見越して、不信任決議が提出されたという)

ところで東大阪市内の集会で自民党の谷垣で、(共産党の勢力が)「関西で伝染するようなことがあったら困る」と述べたという。

ちょっと頭が薄くてメガネかけてて温和そうなオジサンに見えるけど、こんな奴だったのね。所詮は自民党の議員だから、本質は麻生みたいな低脳と変わらんのよ。


◆共産党の拡大 「関西伝染困る」 谷垣政調会長が発言 (魚拓)

自民党から見れば共産党は伝染病であり、共産党支持者は伝染病患者なのである。どんな汚い手段を使っても潰そうとするのである。そういう自民党の方がよっぽどバイキンなんだけどね。

◆出直し東大阪市長選が告示 共産前市長と保守2人の争い (魚拓)

9月の市議会選挙では共産党候補9人が全員当選し、自・公は議席数こそ維持したものの定数が減ったので実質後退している。
分裂した保守勢力と前市長のどちらが有利か言うまでも無いだろう。
posted by 鷹嘴 at 18:42| Comment(3) | TrackBack(1) | 政治ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>9月の市議会選挙では共産党候補9人が全員当選

市議会での勢力は一気に倍増w

バイ菌なみに市民に嫌われてるのは
「税金の無駄遣いをやめさせた市長に不信任案」
なんてことをした自民党の方だったというオチ。
この市長選挙もほんとならしなくてよかった。
自民党は本当に税金の無駄が好きじゃのう。
Posted by 九郎政宗 at 2007年10月24日 12:23
>市議会での勢力は一気に倍増w

 それでも共産党の議員数は、自民より少ないでしょ・・・・http://www.senkyo.janjan.jp/city/27/272272.html
 「どっちが嫌われているか」なんて、共産のほうが分が悪い・・・・。

 もっとも地方議会は、個人戦の傾向が強い。『どの政党か?』とは、あまり意味がないと思います。
Posted by さざなみ at 2007年10月25日 01:17
自民党など保守系議員への投票者は
昔からの付き合いとか仕事での付き合いとかで
投票する人が多い。

一方共産党支持者は、自民党の政策や政治姿勢を
問題視するからこそ支持する人が多い。

政治意識としては言うまでもなく
共産党支持者の方が高いでしょう
Posted by カーラ at 2007年10月25日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

思いやり。
Excerpt: ☆☆ 
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2007-10-22 19:54