2007年11月04日

強制連行されて被曝した韓国人への国家賠償が確定

強制連行されて広島で働かされていたときに原爆で被曝し、戦後帰国した韓国人には被爆者としての援護が行われていなかったが、この不当な扱いに対し、被害者らに4800万円の賠償を命じる判決が2005年1月、広島高裁で下された。
国は上告していたが、今月1日、最高裁第一小法廷でこの判決が確定した。全く当然のことである。
しかし被害者への賃金支払い要求の棄却も確定した。原告らは2日に三菱重工本社を訪れ、賃金支払いを改めて求めた。働かせた分は金を払うのは当然のことだと思うのだが、戦争に負けたことを理由で拒否できるとはなんとも都合がよろしいですなあ。

◆在外被爆者除外した国の通達は「違法」 最高裁判決 (魚拓取り忘れ!)
◆韓国人元徴用工訴訟 在外被爆者 初の国賠確定 最高裁上告棄却 「国の通達違法」 (魚拓)
◆深いしわ 勝訴に笑み少なく '07/11/2  (魚拓)
◆「賠償、賃金支払いを」 原告、三菱重工へ申し入れ '07/11/2  (魚拓)
◆被爆元徴用工 国賠償確定大きな意義 '07/11/3 (魚拓)
◆コラム社説2007年11月04日(日)付 愛媛新聞
韓国人元徴用工訴訟 在外被爆者初の国賠確定が重い
 (魚拓)


posted by 鷹嘴 at 23:00 | TrackBack(0) | 強制連行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック