2007年12月03日

やっぱレッズはレッズでしたw

12月1日は昼から出勤し、電球の交換やトイレのウンコ詰り直しなどに駆けずり回っていた。休憩室に通りかかり、テレビをチラリとのぞくと、なんと前半1-0で横浜FCがリードしているという試合経過を知った。
その1時間後詰め所で、あのまま試合が終わったことを知った。なんか嫌な予感があったけど、やっぱり、という感じだな。
その後、俺がレッズファンであることを知っている同僚や他の関連企業の社員から、「レッズ負けましたね。残念ですw」「アントラーズ逆転優勝かよ。メチャ笑えるw」などと、傷口に塩を塗りこむような言葉をたっぷり浴びせられ、ケンシロウに秘孔を突かれた悪党のように見も心もグタグタになりましたわい。


10月20日の第29節の勝利以降は、0勝1敗3引き分け、4試合で得点僅か1点というお寒い内容。しかもカップ戦では二部のチームに0−2で負けている。
こんなチームが、今季たった3勝しかしていないどん底最下位チームに負けても不思議はないよね。今はどことやっても負けるんじゃねえかな。まるでJリーグが始まったころのダメチームに戻っちゃったな。でもこっちは昔みたく降格争いしてたわけじゃねえから助かったけどね。

ま、これが実力です。来年は頑張ってね。愚痴を言わせてもらえば、こういう大スランプはシーズンの前半に向えてもらいたかったなあ。優勝できるんじゃねえかと勘違いしちまったじゃねえか。てか仕事サボって横浜に行かなくてよかった。「レッズサポ暴れて逮捕」とか新聞に載るとこだったぜw

つーかこんなサッカー後進国のリーグの中でも(現時点の実力では)低レベルなチームが、クラブチーム世界一トーナメントに参加するというのも不条理だが、それなりに頑張ってくらはい。
うっかりしてミランと闘うことになっちまったら、失うものなど何もないから玉砕精神でぶつかってね。
posted by 鷹嘴 at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 浦和レッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 クライマックスシリーズで中日ドラゴンズにコテンパンにやられた読売ジャイアンツファンの心境と同じと見てお察しし熱く共感します。
 というか傷口に塩を塗る発言した連中元から鹿島ファンじゃなくただ勝ち馬に乗っただけだとしたら余計腹立ちますよね。
 私の周りでも、今回の浦和と鹿島にしろ先に述べたクライマックスシリーズにしろボクシングの内藤亀田戦にしろ戦前と戦後でまるっきり言うことが違う二枚舌勝ち馬乗りたがり野郎がいたことを思い出します。

 
Posted by アッツィー at 2007年12月03日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック