2008年02月07日

三・一独立運動の原因

(自宅のパソコンが壊れて現在入院中につき、マンガ喫茶より投稿。つーか問答有用より転載)

悪名高き「マンガ 嫌韓流」のP-219〜220に、三・一独立運動について以下のような記述があります。
「朝鮮民族は主権回復のために三一運動などの様々な独立運動を起こし民族解放に向けて抵抗してきた!」

「併合してしばらくはそのような抵抗があってもそれは仕方がないことじゃないかしら?」
「朝鮮には改革派もいれば守旧派もいたわけですし」
「韓国側の要望もあって併合という形になったのにその恩を忘れてテロや暴動を起こすなんて身勝手にもほどがあります!」
はて、当時の「大韓帝国」が日韓併合を望んでいたのでしょうか?「盗人猛々しい」にも「ほどがあります」。
そもそも先方の希望で「併合」という「恩」を売ったのならば、独立運動が起きるほど嫌われてしまったのにその「恩」を解消しなかったのは不可解ですね。もっともそれより少し前のP-208では、
「清から独立した韓国は今度はロシアに事大して日本の安全にとって癌でしかなかったから
日本の保護国にした後 併合したのよ!」
と、日韓併合は「日本の安全」(つまり、アジア戦略)のためだったと述べています。それを正当化するために「大韓帝国」側も併合を望んでいた、という歴史歪曲を理由の一つに加えているわけです。(ちなみに作中ではこの無茶苦茶な論理に対して「韓国の大学生」が全く反論していないのも滑稽です)

それはともかく、独立運動の原因の一つとして「守旧派」の存在を挙げていることに強い違和感を持ったのですが、調べてみると当時そのような見解もあったことを知りました。もちろんそれだけが原因として述べられているわけではありませんが。
以下に、この独立運動を論じた数々の資料を列挙します。

1.「守旧派」の動向
2.憲兵の横暴
3.官・民の朝鮮人差別
4.「鮮人を獣扱ひ」する日本人
* おまけ:明治以降現在まで続く日本人の差別意識
* 補足資料(1):朝鮮人に対する非道な扱い
* 補足資料(2):「夫役」という奴隷労働
* 注釈一覧:

1.「守旧派」の動向
これは日本軍の内部資料です。
1、併合に伴ふ不平
世界何れの国民と雖も他の国家国民の為に併合されたるものにして不快の念を有せざるものなし 即ち埃及(エジプト)、印度、波蘭(ポーランド)、愛蘭(アイルランド)の如き表面或は平静を装ふも征服者たる国家の弱点を見出すときは必すや之れと離脱せんとす
被併合者にして表面事なきか如く併合者の頤使指導に甘んするは併合者たる国家の威力と人智とが被併合者と格段の差ありて被併合者は併合者の偉大なる国家の勢力内に包擁され其の蠢動は何等成効の望なく却て自己に重ねて不利なる影響を齎すを覚知せるが故なり 圧迫の手より免れんとする裏面の暗流は常に旺に流れつつあり
朝鮮に於ても四千有余年の歴史を有し時に他国の隷属たるが如き関係にありしと雖も不完全なから一国を為し一時なりとも独立国の体面を維持し来りし関係上独立を希望しあるものにして 李朝五百年の統治は一方に悪政に苦めるものならんも他方に於ては恩顧を受けたるもの少なからず然らざるも農民の膏血に依り一身一家の安静豪奢なる生活を為せしもの亦尠からず 之等か併合なる一大鉄槌に依り一朝にして其の地位を失ひ豪奢を奪はれ心中平ならざるは当然なり
即ち李朝当時の官吏、両班、儒生に於て殊に然り之等の輩が陰に不平を懐き活動を続け鮮内に於ては表面的活動はなさざるも接壌地方に於ては或は結社を設け機関新聞を発行し陰に活動を続け時機を窺ひつつありしは己に周知の事実にして今回騒擾遠因の一をなせし事は明かなり(以下略)(*注1)
つまり、
「どこの国民だって併合されてうれしいわけがない。支配国が強いうちは静かにしているだろうが、そりゃ表面上のこと。朝鮮だって一応独立国だったから、独立の希望を捨てやしないだろう。
李朝のころは農民は苦しんでいたが贅沢していた特権階級もいたわけで、そいつらは日韓併合で立場を失って恨んでいるだろう。国境の外ではそいつらが活動をしている。これも今回の騒動の原因だろう」
ということです。もちろんこの報告でも、これだけを原因としているわけではなく、
# 「自由思想」の広まり
# 内政への不満
# 朝鮮人官吏に対する差別的な待遇
# 日本人が朝鮮人を軽蔑することへの反発
# 第28代アメリカ大統領ウィルソンが唱えた民族自決主義
# 大韓帝国初代皇帝だった高宗の死
# 3キリスト教宣教師からの影響
これらも原因として挙げています。

一方、旧拓殖局の文書では、
# 憲兵の横暴
# 朝鮮人に対する差別待遇
# 東拓(東洋拓殖会社)の移民事業
などを指摘しています。(これらには言及されていませんが、「夫役」という強制労働も貧しい農民を苦しめ、独立運動の原因の一つとなったようです)

2.憲兵の横暴
特に、朝鮮統治時代の初期の憲兵の行動は横暴を極め、強い反感を買ったようです。
朝鮮騒擾の原因
第一、憲兵政治の弊
「今回騒擾の原因は多数あるも憲兵政治の幣亦与てかあるは争ふの余地なし 惟ふに併合の後未だ年所を経ざりし頃民心当険悪所在不穏なりし当時に在ては 権宣の手段として憲兵政治亦実際に適したるならんも 其後文化の程度年と共に進み殊に民族自決小国独立の声盛なる今日に於て 尚ほ依然として此制度を維持するは実際に適せざるものあり 蓋し現行制度に在ては総督の下に政務総監其下に各部長官警務総長外事課長等ありて 朝鮮に於る全憲兵並に警察官は陸軍将官たる警務総長管掌の下に在り
而して警察官が無辜の鮮民を殴打するが如き事例は枚挙に遑あらざる所なるも 憲兵に至りては更に甚しきものあるが如し 會て或検事が一憲兵の不法行為を検挙したる際 該憲兵の射殺する所となり
又某地に於て某本邦人の姪に懸想し 事に托して該邦人を拘留したる上 其店舗を閉鎖したる後 該邦人を釈放し該邦人帰宅の上 之を発見して事の顛末を訴へんとしたるも他の憲兵等の遮る所となり遂に思止まるに至ると謂う
凡そ是等は本邦人に対する憲兵の態度なるも以て朝鮮人に対しては一層激烈なるものあるを想察するに足るへし 朝鮮人が憲兵最も怖るべしと称するもの蓋し事実ならん 例へば憲兵が鮮人を殴打する等の事は固より一々言ふに足らずと雖 騒擾事件に関連して執りたる各地方に於ける憲兵の措置は誠に顰蹙に堪へざるものあり
例へば水原に近き松山面地方に於て憲兵が検挙と称して幾多の家屋に放火したる如きは其甚しき実例の一にして 果して尽く憲兵の所為なるや否やは確知し難きも同地方に於ける焼失家屋は凡そ二百十一戸にして 如何に憲兵の所為の残虐なりしやを知るに足るべし(*注2)
このように憲兵は意味のない暴力を振るっても、日本人の女性を強姦しても、罰せられることはなかったのです。しかも憲兵が、自分を告発しようとした検事を射殺したこともありました。

それに、朝鮮人に対して理不尽に振舞うのは憲兵だけではありませんでした。日本の支配は朝鮮人から独立国家の国民としての誇りを奪っただけではなく、人間としての誇りを傷つけていたのです。

3.官・民の朝鮮人差別
朝鮮半島に移住した日本人が、朝鮮人をどのように扱っていたのかを示す資料を引用します。
イ.内鮮人官吏待遇の差異
鮮人官吏と内地人官吏とは其間大なる径庭あり 即ち有形上物質上に属する俸給の如き旅費の如き内地人官吏に比し遥に小額なり 例へば郡守の旅費は其の許に使用しある内地人判任官の旅費よりも小額なり 其他武官の俸給の如きも亦然り
 又無形上に於ても一般に軽侮的観念を以て之に対し同一階級を以て同一官庁に奉職しつつも其の待遇に差別を附しある為彼等は常に不快を感じつつありしなり 今回の騒擾に於て鮮人官公吏にして其の渦中に投せしものは稀有なるも彼等の心情を解剖せば今回の騒擾に於て暗に之に同情を寄するものは決して鮮少にあらざるべし(*注3)
このように朝鮮人の官吏は、部下である日本人よりも旅費が安いなど報酬上の差別を受け、それ以外でも朝鮮人であるということで侮られ、差別的待遇を受けていたのです。

また、民衆に対する官吏の態度は、差別を受ける側である朝鮮人官吏も含めて褒められたものではなかったようです。
イ.下級官吏の軽侮的態度
下級官吏にして態度暴威或はその行為に於て卑むべきものあり 而も鮮民に対するや一般に軽侮的態度を以て臨むが故に其の怨恨を買ひ嫌忌せられあるもの尠からざるが如し
内地人に非ざるも憲兵補助員、巡査補にして其の職権を濫用し地方人民に対し倨傲の態度を持しある為 地方人民の感情を害しありたることも亦否むべからざることとす(*注4)
民間に於いても朝鮮人への差別は激しく、官吏ではない一般の日本人も朝鮮人に対して悪質な態度を取っていました。
(上からの続き)ロ.一般内地人の軽侮的態度
前項記する処の下級官吏のみならず一般内地人も鮮人に対するや侮蔑的態度を以て之に臨み 而も内地人中其の行為の野鄙なるものあり為に彼等の怨恨と憤激とを買へること尠からず(*注5)
さらに生々しい記録もあります。
第二、差別待遇
「朝鮮に於ける帝国官民の鮮人に対する態度は概して甚感服し難し 憲兵巡査等が鮮人を殴打し蹴るか如きは珍しからさるのみならず 同等の官吏たる日鮮人の間に俸給額に於て差異あるか如き亦鮮人の快とせざる所にして 技能に於て差異なき以上俸給等の待遇に於て差別を設けざるを可とす
 現に朝鮮銀行に於て其行員たる日鮮人間に俸給上の差別を設けざる為 同銀行は今回の騒擾事件に依り何等影響を受けざりし由 是等は差別待遇の不可なること並に事情の許す限り之を廃止するの良策なることを証明するものと謂うべし
仕事の能力に差が無くても朝鮮人官吏の給料は日本人より安かったことが独立運動に一因になったのは、そのような差別を設けない銀行に全く影響が及ばなかったことからも明らかでしょう。
(上からの続き)将又一般日本人特に下級日本人が朝鮮人に対し常に「ヨボ」なる侮辱的代名詞を用ヰ 鮮人に対しては常に上下の区別なく呼び懸くるに「ヨボ」を以てするか如きは甚だ心なき仕打にして 朝鮮服を着用する場合には貴族紳士も尚ほ時として日本料亭に入り難きことありと云ふ 又宴会席上に於て日鮮人共に会合する場合は日本人相互談笑して鮮人と談話を為さざるが如き 又は何等事あれば独り憲兵巡査のみならず一般住民も鮮人を殴打するが如きは別段世間の意に介せられざるが如き風あり
如此一般に朝鮮人を待遇するに同等の人種を以てせざるの風は滔々として上下に瀰漫し其根底頗る深きものあるを以て之を矯正せんとせば大なる決心を要すこと勿論なり 彼の四月十五日水原の附近たる堤巌里に於ける惨事(同日午後四時過我守備隊の隊長たる某中尉 兵士に命令して耶蘇教徒天道教徒たる村民二十余名を同村耶蘇教会堂に召集し 耶蘇教徒たるの理由を訊したる際外部より発砲して堂内の教徒数人並に逃れんとする者を射殺したる後教会堂に火を放ち残余の教徒全部を焚殺したる上更に同字各所に放火して二十余戸即ち殆ど同字全部を焼きたり)の如きも蓋し我官民平素の心得も亦与つて力ありと謂うべし
而して鮮人の我官民より受くる枉屈侮辱冤罪等に付ては之を上級官憲に訴ふるも採用せられざるを常とするが如し 従両鮮人としては益々其不満を重ぬるの結果に至ること亦不得己なり」*注6(以下略)
官憲だけでなく一般の日本人も朝鮮人を激しく差別し、蔑視し、暴力を振るうこともザラだったのです。

大正デモクラシーの論客として有名な吉野作造も、日本人の差別意識を嘆いていました。
朝鮮問題に就て  吉野作造
朝鮮の教育は、内地人と鮮人とに差別的で、鮮人を馬鹿にして居る。総督府でも鮮人を高等官にせぬ不文法あり、判事の末席はあるが検事には鮮人が無い。彼らは教育を受けても前途に希望なく、学校を卒へても、下らない巡査補か憲兵補になる位だ。という俗謡もある。例へ内地人と同じ地位に居ても、俸給は内地人の三分の一位しか取れぬ。私の識る農学士李氏は斉藤家の養子と成つて朝鮮の農事試験場に努めて居た所、鮮人の出であることが分り、急に俸給が三分の一に減じた。
民間はこの差別が尚ほひどい。京城の弁護士会長に鮮人が推薦されたら、内地人の弁護士は怒つて再選挙せんとし、総督府も之に応援した。鮮人が上に居てはいけぬと彼らいふ。実力に依らず、唯だ鮮人を下に置けよと云ふ差別観念が働いて居る。(以下略)(*注7)


4.「鮮人を獣扱ひ」する日本人
石坂亀治という人は事件の前年、「ハリス監督」(内村鑑三や新渡戸稲造の洗礼をした宣教師かもしれませんがよく分かりません)と共に朝鮮を訪れ、恐ろしい光景を目撃したそうです。
朝鮮騒擾事件を論ず  石坂亀治
(抜粋)私らが京城に行つたとき、鮮人中第一流の牧師は監獄に入ったので、第二流の牧師や長老らと会見した、その時或る人は、内地人は官民ともに我ら鮮人を獣扱ひにして居ると、嘆いた。大邱の長老教会で卅年来イエスを信じる者に遭うたが、種々の苦痛を訴へた後、内地人の鮮人に対する態度は実に怪しからぬ、郵便局に行っても、局員は他に用事がないのに取扱ってくれない、内地人が来ると直ぐやるが私たちのは毫も顧みない、と嘆じた。満員の電車のとき、内地人が鮮人に命じて席を明けさせ、無理に席を占領する。斯んな実例は日に何度もあるという。
昨年ハリス監督と私と朝鮮を旅行した時、内地人が五十計りの鮮人老婆の頭上の籠を面白半分に突き飛ばして、中の金が四方に散った。時既に薄暮、何うしても見つからぬ。老婆は遂に泣き出して了った。ハリス監督は、懐中より金子を与えたので、老婆はあつく謝して去った。鮮人に対する宣教師と内地人や役人の違ひは、凡って斯くの如し。彼らが一方を怨みて一方に親しむを、誰が無理と言へやう。(*注8)
このように日本は武力を背景に朝鮮半島を自国の領土に編入し悪政を行うだけでなく、職業上でも日常生活でも朝鮮人を激しく差別していました。しかも一般の日本人は同情するどころか、朝鮮人を人間として扱っていなかったのです。
このような状況下での激しい独立運動の発生は、全く当然だったと言えます。

* おまけ:明治以降現在まで続く日本人の差別意識
以下はおまけです。
日本人が朝鮮人や中国人に対して激しい差別感情を抱くようになったのも、明治維新以降のことだそうです。
しかし朝鮮をばかにするのも、ただ近来のことだよ。昔は、日本文明の種は、みな朝鮮から輸入したのだからのう。特に土木事業などは、ことごとく朝鮮人に教わったのだ。いつか山梨県のある所から、「石橋の記」を作ってくれ、と頼まれたことがあったが、その由来記の中に、「白衣の神人来たりて云々」という句があった。白衣で、そしてひげがあるなら、疑いもなく朝鮮人だろうよ。この橋ができたのが、既に数百年前だというから、数百年も前には、朝鮮人も日本人のお師匠様だったのさ。(角川文庫「氷川清話」P-181)
開国以来、朝鮮や中国に対して軍事的・経済的な優位な立ったこと、そして日本が両国より強く欧米化を進めていたことが、差別感情が生じた原因ではないかと思います。
そしてこれはアジア・太平洋戦争の終結後も、改まることはありませんでした。かつて本多勝一先生はアメリカの留学生から、とんでもない体験を聞いたそうです。
シュナイダーさん(白人留学生)は、ある銀行で行員にイギリス語会話を教えたこともあった。グリーンさん(黒人留学生)を、ある行員にルーム=メイトとして紹介した。黒人と知って戸惑った彼は、シュナイダーさんにあとでいったそうだ―――「彼女にどういう態度で接したらいいんですか。あなたが女中のように扱うのでしたら、ぼくもそうしますが・・・。それとも、日本人が朝鮮人をみるようなふうにみればいいのですか」
> 彼が朝鮮人に対してもひどい偏見を抱いていることが、これでわかったという。(1971年5月25日朝日新聞・・・朝日文庫「殺される側の論理」P-174〜175収録)
まあこれは極端な事例だと思いますが、これほどではなくてもアジア諸民族に対する差別感情は根強いものがあります。普段は良識的に振舞っている人に強い差別感情があることを知り驚かされることも少なくありません。そもそも「嫌韓流」のようなマンガが書店に平積みにされていることこそ、日本人の差別感情を雄弁に語っているといえます。

また、あのマンガはある種の屈折した感情を有していることは一昨年ニューヨーク・タイムズで指摘されました。主人公やヒロイン?は少女漫画のように大きな瞳で目鼻立ちのはっきりした顔立ちですが、在日韓国人の「コウイチ」は目が釣りあがり頬骨の尖った、まるで「2ちゃんねる」のアスキーアートのような風貌です。アメリカのコミックに登場する、出っ歯でメガネをかけた日本人の顔を思い出します。
結局、「自分たち日本人は、朝鮮人や中国人や東南アジアの人々より、欧米化が進んでいる(と錯覚している)ので、彼らより高等である」・・・という心理が潜んでいるのではないでしょうか?
上記の留学生たちは日本人の差別感情について、次のように分析したそうです。
第一に、経済的にアメリカが優越してきたこと。「だれだって、カネをもらった相手に対しては劣等感を抱くものですからね」
第二。敗戦による自信喪失。占領の結果の白人的視点による教育。「日本人が教えられたアメリカは、歴史も制度も、すべて白人世界のことだけですよ」
これと関連して第三に、美意識までも白人化したこと。ポスターや雑誌のモデルは、外国人の、しかも白人ばかりだ。
第四。イギリス語を「支配者の言葉」とし、それを話せないことに対する不当な劣等感。「どうして日本語に堂々と誇りを持たないのでしょう」
結局、二人は「白人に対する日本人の劣等感が、黒人や東南アジア人に対する裏返しの優越感となって現れる」と結論する。「だから白人への劣等感というフィーリングを捨てて民族的誇りを持たぬ限り、黒人への差別感情も消えないでしょう」(1971年6月12日朝日新聞・・・朝日文庫「殺される側の論理」P-177〜178収録)
獨島は日本の領土だと主張する一方、国内にある他国軍の基地の駐留費用まで支払わされていることは全く無関心な「プロ奴隷」たちに、これを読ませてみたいものです。(もっともこういう差別感情については韓国も日本を笑えたものではありませんが)


・・・ところで「プロ奴隷」の代表格である山野車輪は、「嫌韓流」のヒットでだいぶ増長しているのか、一生嫌韓ネタで食べていく覚悟を決めたのか、ある作品の中で在日韓国人に、

「私が在日韓国人ってだけで何かしら日本に迷惑をかけているおそれもあるんだ・・」

と、言わせるシーンがあるそうです。人気ブログ「▼CLick for Anti War」より。
これは実に恐ろしい発言です。欧米諸国で、
「私が黒人ってだけで何かしらこの国に迷惑をかけているおそれもあるんだ・・」
「私がユダヤ人ってだけで何かしらこの国に迷惑をかけているおそれもあるんだ・・」
などというセリフが入ったマンガが発売されたら、出版停止に追い込まれるだけでは済まないでしょう。(そもそもそんなマンガを発売すること自体不可能ですね)
そろそろ、このような差別的言動に対し何らかの対策を行うべき段階ではないかと、思います。


* 補足資料(1):朝鮮人に対する非道な扱い
三・一独立運動が発生した様々な要因については、各道の憲兵隊の調査報告もあります。
「(秘)大正八年 朝鮮騒擾事件状況 大正八年六月憲兵隊長警務部長会議席上報告、朝鮮憲兵隊司令部」(昭和44年9月20日発行復刻版・極東研究所出版会)より抜粋して引用します。
京畿道
一.待遇上の不平
1.内鮮人官吏待遇上に差別あること
2.内地人は朝鮮人を蔑視す
3.内地人は理非の如何に拘はらず直に殴打するの癖あり
二.法規上の不平
1.鮮人に限り笞刑を行はれつつあること
2.各種行政施設の繁雑なること
3.法令頻発して民度の副はず
4.産業奨励は多く民意に反し而も強制的なること
三.徴税の不平
1.諸税徴収の負担過重にして又何物にも税を課する、其の苦痛は寧ろ韓国時代の暴政に若かずと云ふにあり
2.賦役の過重なること(P-383〜)

忠清北道
一.不平
1.鮮人官吏は待遇劣等なること
2.朝鮮を殖民地視し鮮人を蔑視冷遇すること
3.国費を以てすべき工事の賦役を人民に課すること
4.人民の権利を無視し諸種の工事を為すこと(P-387〜)

忠清南道
鮮人間に唱へらるる不平及希望は実に多種多様なるも之を総合せば大体次の六種とす
一.官公吏の待遇向上に属するもの
二.内地人より受くる侮辱的待遇に属するもの
1.内地人は一般に侮辱的代名詞として「ヨボ」なる語を用ゆるは不快に堪へざる所なり、宜しく矯正を望む
2.内地人は一般に鮮人を侮蔑するも就中下層社会の傲慢不謙遜侮辱の態度は実に鮮人の感情を害するの甚しきものあり、内地人側の反省を望む
五.勧業の施設嫌厭に関するもの
1.勧業の施設奨励其の度を過ぎ、強制的なるは不平なり、農民の自由意志に委せられ度
2.右の主なるものは陸地棉の栽培、桑苗其の他植林上の苗木購入米作改良上の干渉等(P-391〜)

全羅北道
一.不平
14.朝鮮人に対する待遇を差別し殊に官吏に於て甚しく一般人民に於ても此の感を抱くもの多し
15.内地留学生は校友間に於ける冷遇下宿屋に於ける虐待に対し深き怨恨を有する者多し(内地留学生)
16.国語を能くする鮮人官吏(殊に高等官に在りて)汽車、汽船、旅館に於て其の鮮人たることを知るときは直ちに其の待遇を変じ冷遇する向多く、之に対し不快の感を抱き居れり(官吏)
20.内地人の多数が鮮人を蔑視し言語上態度上劣等民の待遇をなし、聊かも先輩者たる態度、又は真の友愛の情を示さざる遺憾なり、併合の詔勅に依るも同等の権利義務を有すべきに此の実なきは不平とする所なり(官吏及一部有識者)(P-395〜)

慶尚北道
四.税金の種類夥多にして増税に次ぐに新税を以てし、糊口に窮するの貧民亦富豪と同じく課税せられ、
其の額は異れりと雖も貧民に於て却て苦痛を感ず、斯の如き公平なるが如くして決して公平にあらず。
韓国時代は苛斂誅求を極め税金の総額の如き或は今日より多かりしならんも、之を負担するは富豪に止まれり、殊に現時に於て税金の種類極めて多く納税の方法煩雑に堪えず(中略)
七.朝鮮の財政独立は尚早なり、朝鮮人民今日の如く生計難に陥り中には之が為墳墓の地を去り遠く海外に移住せざるべからざるに至りしは、財政独立を急ぐ為増税に次ぐに新税を以てし加ふるに多大の賦役を課せられ人民の負担苛重に堪へざるに基くものにして、併合後僅かに十年を出ずして財政の獨立し得るものならば毫も併合の要を見ざりしなるべし、と唱へる者あり(中略)
17・小作料過大にして、細民の生活愈困難なり、政府は地主の横暴を制限せられたし(間島移住民の如きも之に基くもの多し)(小作人)
21.朝鮮人に限り笞刑制度を設くるは不公平なり(中流以上)(P-403〜)

慶尚南道
鮮人間に唱へらるる不平及希望
現時一般鮮人間に唱へられつつある不平及希望を挙ぐれば左の如し
一.不平事項
1.併合以前、即ち統監府設置時代迄は日本は飽迄朝鮮を獨立せしむるべく保護したるも、
明治四十三年八月に至り時の皇帝陛下及内閣総理大臣其の他高等官等に対し甘言を以て併合を実施したるは甚だ遺憾とする所なり
2.併合後は内鮮人の区別を為し朝鮮人は常に劣等の地位に置き、官吏の如きも相当資格あるも高官に採用せず、亦俸給の如きも大なる区別を為し下級官吏の如きは俸給を以て生活すること能はざるに恰も小使の如く使役虐待せらるるは甚だ遺憾に堪へず
6.濫りに諸種の法令を乱発して取締を厳にして、且、種々なる課税を為し漸次其の税率を増加して人民を苦しましめるは鮮人の甚だ遺憾とする所なり
9.内地人は一般に朝鮮人を奴隷視し殊に甚しきは地方屈指の資産家に対して「ヨボ」と呼ぶものあり、今日「ヨボ」なる語は「お前」と云ふ代名詞と化したるを以て侮辱と認むるの外なく憤慨に堪へず(P-411〜)

咸鏡南道
従来吾人の耳にする鮮人の不平及希望を摘記するに大略左の通にして不平の多くは内鮮人差別的待遇にあるとす
一.不平 
1.内地人が鮮人の相当位置を有すものに対し尊敬を払わず其の態度不遜なるは鮮人を軽蔑するの甚しきものなり
2.汽車汽船等に於て内地人が鮮人の座席を追ひ自ら其の席に着くが如きは殆んど朝鮮人を犬豚視するものなり
3.内地人の湯屋に鮮人を入浴せしめざるは不都合なり
4.内地人の官憲は内地人の厚くして鮮人を虐待すること甚し
5.内地人商人が物品を売買するに当たり来客の前後に不拘内地人を先にし鮮人を後にするは不都合なり
6.内地人医師が患者を診断するに患者来着の前後に不拘内地人を先にし鮮人を後にするは不都合なり
7.内地人旅舎が鮮人に対し身分の高下に不拘冷遇するは不都合なり
8.人民の希望ぜざる勧業を強制的に勧むるは不都合なり、一例を挙ぐれば土地を有せざる者に対し強いて桑の植付を勧むるが如し
9.道路を官に於て開設するに當り、民有地を強制的に寄附せしむるは不都合なり
10.鮮人を官人に登庸するも実権を与へず
11.内鮮人官吏の俸給の差異あり(P-428〜)

江原道
二.一般に唱へらるる不平
1.差別待遇を撤廃せられたし、内地人は鮮人身分如何を問はず「ヨボ」なる呼称を用ひ、其他一般の待遇を卑下す、之に反し鮮人は内地人に対し相当の敬意を払い遇しつつあり
2.不急の土木を起し民力を顧慮せず、夫役現品の夥多なるは最も苦痛とする所なり(P-423〜)
「笞刑」については、引用文の中にもあるように朝鮮人だけを対象に行われていました。
朝鮮笞刑令(1912年3月制令第13号)
第一条 三月以下の懲役又は拘留に処すへき者は其の情状に依り笞刑に処することを得
第二条 百円以下の罰金又は科料に処すへき者左の各号の一に該するときは其の情状に依り笞刑に処することを得
    一 朝鮮内に一定の住所を有せさるとき
    二 無資産なりと認めたるとき
第六条 笞刑は笞を以て臀を打ち之を執行す
第七条 笞刑は笞三十回以下に在りては之を一回に執行し三十迄を増す毎に一回を加ふ
    笞刑の執行は一日一回を超ゆることを得す
第十三条 本令は朝鮮人に限り之を適用す
(朴慶植/著 青木書店「日本帝国主義の朝鮮支配 下巻」P-265より)
その残酷さについては memoさんの投稿があります。日本の朝鮮支配はまさしく「朝鮮人を犬豚」扱いするものだったのです。

* 補足資料(2):「夫役」という奴隷労働
さらに、この当時は夫役(賦役)という、朝鮮人を無償で土木工事に動員させる制度もありました。中野正剛は、著書の「我が観たる満鮮」(大正四年五月二十八日 政教社)でその過酷さを訴えています。
試みに一歩地方へ踏出せば憲兵に対する怨嗟の声は、至る所の巷に充てり。余は先日湖南線視察の途次、其第一日を大田に暮らしたるが、忽ち同地に於て憲兵の弊の一例を発見したり。大田の市街を西に去りて公州に向ふの一道路あり、当時よりの商習慣によりて可なりの往来あり、夙に坦々たる大道となれり。然るに忠清南道の警務部長は大田橋より見渡して、之と並行する他の直線道路を設けたり。其理由とする所は、当来の道路が屈曲蛇行するは、前方を直視するに不便なりと云ふ一事に帰せり。
(中略)
而して此道路を開くには、人民の土地を没収し、人民に負役を課せざる可ならず、其困難は警務部長が机上に鉛筆を弄して、直線道路を書くの比に非ざるなり。然れども斯の如き人民の怨嗟は毫も上に達せられず、且又人民の為に苦痛を訴えんとする新聞紙もなし。是に於てか警務部長は軍隊的に其成績を報告して曰く、大田より公州に向ひて直線道路を開く、一路坦々軍隊の通過に対しては、別して便利を興ふと。総督は遂に此れ以上の報告を得る能はず。
大田にて憲兵専制の実例を目撃せし余は、世人の憲兵に対する怨嗟の、決して偶然ならざるを感じたり。然れども更に南下して江景に到り、諸種の事情を見聞するに及びて、余が曩に(さきに)大田にて目撃せしが如き事例は、此地方一円に行はるる尋常茶飯事なるを知り、喫驚禁ずる能はざるに至れり。
(中略)
且又同地方を巡覧して憲兵の施設を見れば人民が憲兵に対して積怨を抱くの、決して無理ならざるを首肯し得べきものあり。曩に(さきに)大田に於て示せし例の如く、憲兵が机上にて計画せし道路を目し俗に鉛筆道路と言ふ、鉛筆道路は鮮地内随所に之を発見し得べし。憲兵の之が開設を命ずるや、頗る厳格にして、先ず任意に道路の経由すべき地域を決定し、人民に命じて其土地を寄付せしむ、而して後愈々工事に取懸かるや、再び命令を発して負役を募るなり。 百姓は自己の田地を没収せられ、剰へ自己の労力を提供して、自己の田地を潰すを怨めども、如何せん官憲の命ならば、之を拒むに由なきなり。中に最も可憐なるは、一日一食をすら難しとする鮮人が、弁当を携帯して、終日無賃にて駆使せらるるの一事なり。彼等の或者は三里、五里、十里の遠方より召集せられたる有り、固より極貧の民ならば労役に出でたりとて宿屋に泊る資力なく、終日爪を囓りて労役したる後、夜は果敢なき露宿の夢を結ばざる可からざるなり。嗚呼斯くの如き細民の苦痛何の機関によりてか、之を仁者に訴へんや(P-52〜55)
この不条理な制度への反発が、独立運動発生の要因となったのも当然のことでした。前掲の「朝鮮騒擾事件状況」より引用します。
忠清南道
九.鮮人間に唱へらるる不平及希望
1.日韓併合を今尚不平とし韓国の復讐を希望するもの
2.賦役の多きを非難するもの(P-394)

全羅北道   一.不平
17.夫役賦課に対し其の負担大なること、出役に際し甚しく酷遇すること、殊に近年労銀高騰の際の夫役は苦痛とする所なりと言ふ者多し(P-396)

慶尚北道 
五.道路修繕に要する賦役は古来の慣習なるも往時は居住地の附近に於て少数日の賦役に過ぎさりしに、新政に於ては遠隔の地に長時日に亘り賦役を課せらるる如きは苦痛に堪えず、往々農繁期を顧慮せられざるは殊に然りとす
六.道路改修に際し無断にて田畓を道路敷に使用したる後寄付を強制せらるるは不条理なり、殊に小作農の田畓を無償収用せられ貧民の家屋を毀壊せらるるが如きは、人民を窮境に陥らしむること著大なり(倭館張吉相の如きは慶尚南北道に於て道路に収用せられたる田畓三百八十斗落にして悉く事後承諾を強ひられたりと云ふ)。又寄附したる田畓に対し数年に亘り課税せらるることあり(P-404)

慶尚南道   一.不平事項 
10.國力に副はざる急激の施設を為すため夫役の使用甚だしく現下朝鮮の状況は貧富の懸隔甚だしく、夫役に出るものは多く貧困者にして其の日の生活費を需むるに急なるものにして夫役代納金を納むる余力なきものなることは勿論なり、而して此の夫役は年中を通すれば数十日の日数となり細民は益々生活難に追はるるに至る(P-412)

咸鏡南道  二.希望 (P-428)
6.近来賦役を課せらるること多し、今少しく其の度数を減せられたし

・・・「嫌韓流」の中には、

現在も朝鮮半島には日本人が造った道路や建物 橋 ダムなどが残っているはずよ
それらは朝鮮の近代化のために懸命に働いた多くの日本人達の夢の残骸なのよ

というセリフがあります。(P-218〜219)
作者の山野車輪は、それら建設物は朝鮮人の労働力を搾取することによって(場合によっては無償の強制労働によって)造られたものであることに想像が及ばないようですが、それに続く
想像してみて・・・当時の朝鮮には日本人と朝鮮人が手を取り合って朝鮮を豊かにしようと励んでいる姿がまぶたの裏に浮かんでこないかしら・・・
あの時代・・・確かに日本人と朝鮮人の友好関係は存在したのね・・・
というふざけた妄想を巡らすことはできるようです。


* 注釈一覧:
*注1 密一〇二号 其三五七 朝鮮特報二十六号 大正八年七月一四日(旧陸軍文書)
「騒擾の原因及朝鮮統治に注意すべき件並軍備について  朝鮮軍参謀部」
・・・みすず書房「現代史資料26 朝鮮2」P-644〜645より
*注2 旧拓殖局文書、「筆者不明なるも首相宛の書類中に混入していることから原敬に対する意見書とみられる」
・・・同上P-615〜616より
*注3 密一〇二号 其三五七 朝鮮特報二十六号 大正八年七月一四日(旧陸軍文書)
「騒擾の原因及朝鮮統治に注意すべき件並軍備について  朝鮮軍参謀部」
(第一章 騒擾の原因 → 一、遠因 → 3.一般施政に伴ふ不平)
・・・同上P-644〜645より
*注4、注5 同上の記録「4.内地人の圧迫に対する不平 イ.下級官吏の軽侮的態度」及び「ロ.一般内地人の軽侮的態度」 ・・・同上P-646より
*注6 旧拓殖局文書、「筆者不明なるも首相宛の書類中に混入していることから原敬に対する意見書とみられる」 ・・・同上P-616より
*注7 大正8年6月24日、朝鮮問題討論会の記録「黎明講演第六朝鮮問題号」 ・・・同上P-640
*注8 雑誌「護教」大正8年6〜7月 ・・・同上P-637

posted by 鷹嘴 at 14:35| Comment(37) | TrackBack(3) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山野車輪は、本当に愛国心を持っているのならば嫌韓妄想に耽るのを止めて「取締役島耕作」を読むべきだな。

(インド等の第三国市場やアメリカ市場での競争で、日本企業が韓国や中国の企業に押されている現実が出ている)
Posted by . at 2008年02月08日 07:08
特に携帯電話は、国際市場での日本製のシェアは殆ど壊滅的なんだからさ、電波飛ばす前にもっとその辺りの事に危機感を持てよと俺は言いたい。

(とは言っても、本来ならまともに所得税+住民税すら払った事の無い様なヤシらに何を言っても無駄かw)
Posted by . at 2008年02月08日 07:16
そもそも「嫌韓流」で嫌韓馬鹿女のセリフ

「併合してしばらくはそのような抵抗があってもそれは仕方がないことじゃないかしら?」

これが完全におかしい。「しばらくは」とか言ってるけど『3.1運動』は併合から15年もたってから行われているんだけどね?どう考えても「しばらく」なんていう期間じゃない。

つまり日本の支配は最後まで民衆の支持は得られなかったということ。

否、それどころか15年たっても抵抗運動が起こるくらい酷いものだったという証明でもある。
Posted by ノン・フライ at 2008年02月08日 17:38
>そもそも「嫌韓流」のようなマンガが書店に平積みにされていることこそ、日本人の差別感情を雄弁に語っているといえます。

まったく同感です。だってこれってアメリカに置き換えてみれば、あの黒人差別団体KKKの書籍が店頭に平積みされて大々的に売り出されているようなものですもんね?

>そろそろ、このような差別的言動に対し何らかの対策を行うべき段階ではないかと、思います。

これも同感です。ドイツのように差別的言動だけでなく日本軍の侵略を正当化したり蛮行を無かった事にしようとする奴等は「扇動罪」で処罰すべきです。ま、こう言うと「日本には言論の自由がある」とか言うんですよね、あいつ等は。

普段は戦後民主主義を否定しているくせにw

Posted by ノン・フライ at 2008年02月08日 17:52
『3.1運動』は併合から15年→?
まあ、言わんとすることは分かりますが…
Posted by トドロキ at 2008年02月10日 15:03
第1次日韓条約が1903年だから、それから数えてのことじゃないの?

まぁ、どちらにせよかなり時間がたってからも激しい抵抗運動があったのは違いないんだけどね。
Posted by ケルベロス商会 at 2008年02月10日 16:27
>ドイツのように
いまどき、「ドイツ見習え論」を言う人まだ、いたんですか……反論しておきましょうか。戦後、ドイツではネオナチスの活動だけでなく共産主義者の活動も国家権力によって弾圧されました。「ドイツ見習え論」を言う日本の左翼の人達はドイツでは共産主義者が国家権力に弾圧されているのを意図的にスルーしてネオナチスが弾圧されている点だけを「見習おう」というダブル・スタンダードをしているのね……

あと、大江健三郎の親友でドイツの戦争責任を追及していたノーベル賞作家のギュンター・グラスが実は戦争中にナチス武装親衛隊の一員だったという事実が明らかになったこともスルーですか?

>黒人差別団体KKKの書籍
朝鮮人批判者を黒人差別主義者と同一視しようとしても駄目ですよ。朝鮮人、アメリカでは黒人差別撤廃運動家からも批判されていますから……
山野車輪氏の漫画、実は間違ったことも書いてあるんですよ。日本の朝鮮統治についてではなくロス暴動についての記述がね……山野車輪氏はロス暴動で、朝鮮人に射殺された黒人少女を「万引き犯」と書いていますが、実は黒人少女は万引きをしておらず朝鮮人は万引きしていない黒人少女を射殺してしまったんです……

この事件に激怒した黒人ミュージシャンのアイス・キューブや2パックは朝鮮人を批判する歌を創ったわけです。世の中、鷹嘴さんやノン・フライさんが思っているほど、単純ではないんですよ。朝鮮人でありながら黒人を差別して射殺してしまう人もあれば、黒人でありながら朝鮮人を激しく批判する人もいます。
Posted by イラ・フォルモサ好き at 2008年02月10日 17:21
>>ドイツのように
>いまどき、「ドイツ見習え論」を言う人まだ、いたんですか……反論しておきましょうか。戦後、ドイツではネオナチスの活動だけでなく共産主義者の活動も国家権力によって弾圧されました。「ドイツ見習え論」を言う日本の左翼の人達はドイツでは共産主義者が国家権力に弾圧されているのを意図的にスルーしてネオナチスが弾圧されている点だけを「見習おう」というダブル・スタンダードをしているのね……

何なんですかね、この人?論点をずらして人の言ってること歪曲して論破した気になって差別を正当化・・・。腐れ嫌韓馬鹿の見本ですね。

戦後ドイツはナチス的言説を吐き、歴史を歪曲しようとするものに対しては、「民衆扇動罪」という刑罰が適用されるし、ナチス戦犯に対しては時効は適用されない。
自分達の罪から目を背けることなく子供たちにも自らが犯した過ちを教え続けてきた。そうした姿勢が諸外国から評価され、EUの中でも主権国家として立派にやってきました。

そういう「現実から逃げない」「犯した罪を正当化しない」という人間として正しい姿勢を見習うべきと言っているのに、なんで「弾圧」の話にすり替えるのでしょうか?

>意図的にスルーして

スルーも何も「罪を認める」のと「特定の思想弾圧」は違いますし、一緒くたにする方が変でしょう。
スルーも何も全然別の話なのだから意図的もクソありませんね。

「ダブル・スタンダードをしているのね……」勝手な解釈して意図的だのダブルスタンダードだのホント無礼な人。

>あと、大江健三郎の親友でドイツの戦争責任を追及していたノーベル賞作家のギュンター・グラスが実は戦争中にナチス武装親衛隊の一員だったという事実が明らかになったこともスルーですか?

それが事実だとしても、それが何?それが何だって言うんですか?言い換えれば自分が犯した罪と自国の罪を追求するようなもの。それのどこが悪いんですか?企業の不正を告発した人が元従業員だったら悪いんですか?
そしてそれと「戦争責任」が一体何の関係があるんですか?「人種差別」とも一切関係のない話ですしねぇ?

>>黒人差別団体KKKの書籍
>朝鮮人批判者を黒人差別主義者と同一視しようとしても駄目ですよ。朝鮮人、アメリカでは黒人差別撤廃運動家からも批判されていますから……

誰がいつ「批判者」なんて言いました?はっきり「差別」と言ってるでしょ?それとも他の人種だと「差別」で相手が朝鮮人だと「差別じゃなくて批判」ですか?随分汚いですね、やり口が。

>朝鮮人、アメリカでは黒人差別撤廃運動家からも批判されていますから……

できれば資料を提示してほしいところですが、それが事実だとしても、それが何?批判されているから何?どの運動家から批判されようとも「人種差別」が「人種差別」であることには変わりありませんよ?
それとも何?「黒人差別撤廃運動家」から批判されればその人種を差別しても「差別」にはならないとでも?「差別」が正当化されるとでも?

>朝鮮人でありながら黒人を差別して射殺してしまう人もあれば、黒人でありながら朝鮮人を激しく批判する人もいます。

朝鮮人がやれば「差別」で黒人がやれば「批判」?その違いは何?
なによりふざけてるのは「朝鮮人でありながら」だの「黒人でありながら」だの完全に見下した差別主義な物言い。どんな人種だろうが悪い人間もいれば良い人間もいるというのは当たり前だろう。しかし悪い人間がいればその人種を差別していいのか?日本の差別的な奴等や犯罪者の名前を出されて日本人への差別を正当化されたら貴方は納得するんですか?

>山野車輪氏はロス暴動で、朝鮮人に射殺された黒人少女を「万引き犯」と書いていますが、実は黒人少女は万引きをしておらず朝鮮人は万引きしていない黒人少女を射殺してしまったんです……

>この事件に激怒した黒人ミュージシャンのアイス・キューブや2パックは朝鮮人を批判する歌を創ったわけです。世の中、鷹嘴さんやノン・フライさんが思っているほど、単純ではないんですよ。朝鮮人でありながら黒人を差別して射殺してしまう人もあれば、黒人でありながら朝鮮人を激しく批判する人もいます。

これも明確な資料を提示してほしいですね、「万引き犯では無かった」という以上に「差別意識で射殺した」というデータを。
それにそれが事実としても、それが暴動を起こしていいことにはならないし、無関係な商店を襲ってもいいことにはなりませんがね?当然その特定の人種を差別していいことにはなりません。

世の中貴方が思っているほど単純じゃないんですよ?
Posted by ノン・フライ at 2008年02月11日 17:31
山野車輪という存在がいるだけで
「日本にはこんな馬鹿がいるんだ」という事実が
世界にバレてしまい、日本人として非常に迷惑です。(@∀@)

それにしても
彼は一生「マンガの表通り」を歩けない身になったわけですが、
これもまー身から出たサビでしょうなwww
Posted by 九郎政宗 at 2008年02月11日 23:01
この HN「イラ・フォルモサ好き」 は単純かどうかという以前に、人間にとって一番大事な 「論理観」 というものが著しく欠けている。

山野車輪と一緒ですね。
Posted by FC闘協 at 2008年02月12日 17:52
>この HN「イラ・フォルモサ好き」 は単純かどうかという以前に、人間にとって一番大事な 「論理観」 というものが著しく欠けている。


彼は旧HNで朝日新聞キラーを名乗っていた頃、松岡圭祐の千里眼シリーズを「反日小説」といったイタイ電波を飛ばしていたヤシですからね。
Posted by 旧日本茶ウォッチャー at 2008年02月12日 21:22
彼の過去の電波評論はコレ
http://tanautsu.la.coocan.jp/the-best04_02_11_a.html
Posted by 旧日本茶ウォッチャー at 2008年02月16日 13:23
これのどこか問題でも?
支配されたんだったら、それを解放したアメリカ様に対して朝鮮はヘイコラしないといけない。

それが、戦前戦中はその対象が日本だったってことでしょ?

単にそれは、彼等の国家指針でありそれにまで日本のせいと言われてはたまらないって。

在日韓国人って帰国する事を目的に民団、総連を結成したのに、どうして今でも帰化せず居ついているのかしら?
Posted by 馬鹿陽区 at 2008年02月16日 15:20
日本が朝鮮を併合できたのは両者の軍事力・技術力の圧倒的差です。
日本は明治の文明開化によって西洋の技術をアジアで最も早く導入しそれに成功した国です。
ここをどう評価するかですが、朝鮮人は少し頑固ですね。

朝鮮を併合したのは日本の軍事力・技術力であって一般の日本人ではありませんが多くの日本人はそれを今も理解せず、朝鮮人をくんたら言うことが好きなようです。
というのは明治維新を支えたのは天皇と武士です。平民ではありません。

戦前、多くの朝鮮人が日本に憧れていたのは日本の技術力によってもたらされるかも知れない朝鮮の繁栄を期待したからです。
帝国海軍に多くの朝鮮人が憧れましたが、
朝鮮人が何も一般の日本人を評価したわけではありませんよ。
対米戦の総括すら未だにできない日本と日本人にはここが見えていませんね。

朝鮮人を好意的に言うことも朝鮮人を悪し様に言うこともどちらもあまり事の本質と関係があるとは思えません。

日本が対米戦でこれほど無残に敗北すると思った朝鮮人は日本人より少ないかもしれませんが、それにお気づきですか。
であればその現実に対して正々堂々と自らの信念を披露することが必要でしょう。
つまらない左翼じみた又は右翼じみた議論ではこの現実には立ち向かえないと思います。
何しろあれだけ多くの人達が亡くなったわけですから。
Posted by 金 国鎮 at 2008年02月16日 19:29
だってこれってアメリカに置き換えてみれば、あの黒人差別団体KKKの書籍が店頭に平積みされて大々的に売り出されているようなものですもんね>>全く違うだろ。日韓の間の歴史認識の相違があったとして なんでそれに対する反論がアメリカ国内でアメリカ国民であるアフロアメリカンが人種的に差別されてるのと同じになるんだよ。サヨって差別とか言ってりゃ正当な非難になると思ってるの?馬鹿お前らだろ
Posted by t at 2008年02月17日 11:15
はて、当時の「大韓帝国」が日韓併合を望んでいたのでしょうか?「盗人猛々しい」にも「ほどがあります」。
そもそも先方の希望で「併合」という「恩」を売ったのならば、独立運動が起きるほど嫌われてしまったのにその「恩」を解消しなったのは不可解ですね>>この部分も意味不明だけど・・・これ何言いたいんだろ。だいたい独立運動って35年間統治されてデモ行進一回やっただけじゃねえかw
日韓併合時だって戦闘なんて無かったわけだし
おまえの方こそ民族をあげて日本の統治に抵抗したなんて 何を根拠に信じてるんだよw 
Posted by t at 2008年02月17日 11:22
>これのどこか問題でも?
支配されたんだったら、それを解放したアメリカ様に対して朝鮮はヘイコラしないといけない。

何言ってんの?そんなアホウヨがよく恩着せがましくほざく『日本はアジアを欧米の支配から開放してやった』論は人間社会では通用しないよ。別に朝鮮を開放するために日本と戦争したわけじゃないしね。結果的にそうなったからといって礼ならまだしもヘイコラするのは筋違い。

>それが、戦前戦中はその対象が日本だったってことでしょ?

>日本のせいと言われてはたまらないって

一方的に支配して日本人より下の扱いして「単にそれは、彼等の国家指針であり」とは身勝手にも程がありますね。
Posted by 秋田冒険王 at 2008年02月17日 17:36
>全く違うだろ。日韓の間の歴史認識の相違があったとして なんでそれに対する反論がアメリカ国内でアメリカ国民であるアフロアメリカンが人種的に差別されてるのと同じになるんだよ。サヨって差別とか言ってりゃ正当な非難になると思ってるの?馬鹿お前らだろ

HNもろくに書かずに何を言ってるんでしょうね、このマナー知らずは?

KKK=黒人を差別 

嫌韓流=韓国人を差別

特定の人種を差別していることに違いはありません。だから両者は同じだと言ってるのに、どうして「歴史認識の違い」が出てくるんですかね?
馬鹿でしょ貴方。

>だいたい独立運動って35年間統治されてデモ行進一回やっただけじゃねえかw
日韓併合時だって戦闘なんて無かったわけだし
おまえの方こそ民族をあげて日本の統治に抵抗したなんて 何を根拠に信じてるんだよw 

「3.1運動」以外にも「反日義兵運動」「愛国啓蒙運動」「六・一〇万歳運動」「光州学生運動」「赤色労組運動」等、併合前も併合時も併合後も様々な抗日闘争が行われておりますが?
そしてそれにより多くの死傷者も出しておりますけどねぇ?

「無かったわけだし」
無かったんじゃなくて単に貴方が無知なだけw
もしくは知ろうともしないだけww
もしくは現実から目をそむけてるだけwww
Posted by ノン・フライ at 2008年02月17日 18:06
だから差別ではありません。
嫌韓流は韓国人の歴史認識に対して
反論しているのであって人種優越主義を
唱えているのではない。
あのね 韓国の歴史認識に対して
全面的に日本が同意しなければならない
理由なんて全くありません。
李朝は中華帝国の属国であって下関条約によって
冊封体制から脱したって書いたらそれが差別なのかよ。
そもそもたった100年前の自国の国家の独立を大嘘
教えてるのが韓国ですが?



>>3.1運動」以外にも「反日義兵運動」「愛国啓蒙運動」「六・一〇万歳運動」「光州学生運動」「赤色労組運動」等、併合前も併合時も併合後も様々な抗日闘争が行われておりますが?
そしてそれにより多くの死傷者も出しておりますけどねぇ?


いいんじゃないの。
「山野車輪氏」と認識が違うってことでしょ。
歴史的な資料を根拠に徹底的に韓国と戦えばいいんだよ。そんなもん本当にあったのかどうか 証明できるなら
してみなさいw
Posted by t at 2008年02月18日 10:41
再三日本が、近代化してロシアの南下政策を防ぐように朝鮮にいっても、聞く耳を持たず、昔からの事大主義で通してきた。
朝鮮半島は日本の腹に突きつけられ短剣のようなものだから、ここをロシアに占領されると日本の防衛が危なくなってしまう。
だから、日本は韓国を併合したのだ。
今の世の中ではこのようなことは非難されるだろうが、そのときの価値観では、特に問題はなかった。

今の価値観に沿って議論を進めている人がとても多いと感じる。英語で言う「Then」の価値観で議論をすべきではないのであろうか。

Posted by SHIN at 2008年02月18日 17:19
>だから差別ではありません。
嫌韓流は韓国人の歴史認識に対して
反論しているのであって人種優越主義を
唱えているのではない。

またもHNも書かないマナー知らずが、何を言ってるんでしょうか?
嫌韓流が反論と何の関係もない差別的言動を繰り返してるのは今更述べるまでもないでしょうが。

>いいんじゃないの。
「山野車輪氏」と認識が違うってことでしょ。
歴史的な資料を根拠に徹底的に韓国と戦えばいいんだよ。そんなもん本当にあったのかどうか 証明できるなら
してみなさいw

認識以前の問題です。「抗日闘争」は近代に起きた事件なのですから、ちょっと調べれば膨大な資料が出てきます。貴方が現実というものを見ようともしないだけ。

>そんなもん本当にあったのかどうか 証明できるなら
してみなさいw

繰り返しますが「抗日闘争」は韓国だけではなく日本政府側にも膨大な資料が残されている歴史的事実です。広島・長崎の原爆投下あったかどうかが証明するまでもないことと同様です。

貴方はアメリカ人が原爆投下に対して「本当にあったのかどうか 証明できるならしてみなさいw」とwマークつけて言われたらどうすんですかね?
Posted by ノン・フライ at 2008年02月18日 19:26
>再三日本が、近代化してロシアの南下政策を防ぐように朝鮮にいっても、聞く耳を持たず、昔からの事大主義で通してきた。
朝鮮半島は日本の腹に突きつけられ短剣のようなものだから、ここをロシアに占領されると日本の防衛が危なくなってしまう。
だから、日本は韓国を併合したのだ。

よく言われる日本免罪のための論理ですけど、全くたわごとですよ。

日露戦争以前に、日本は朝鮮の頭越しにロシアと交渉して、満州のロシア権益を
認める代わりに、ロシアに朝鮮における日本権益を認めさせようとしています
(ついでに、満州におけるロシア権益をできるだけ制限しようともしてました)。

また、日韓併合の前に行われた日露戦争においてすでにロシアは疲弊しており、
日本に向けて出兵するような余裕など無かったことは当時の日本政府も認識して
いました。

つまり、ロシアから日本を防衛する必要など、日韓併合の行われた1910年の
頃には全くありませんでしたし、日本をロシアから守りたかったのではなくて、
満州への足がかりとなる朝鮮での支配権を確立したかったにすぎません。

すなわちロシアからの防衛として、朝鮮を支配したのだという論理は全く成り立
つ余地がありません。

それに貴方の論理だと結局日本が韓国を併合したのは日本の都合だということになるんですが?どっちにしろ、そんな他の国の都合で勝手に支配されたらたまったものじゃないですね。

>再三日本が、近代化してロシアの南下政策を防ぐように朝鮮にいっても、聞く耳を持たず、昔からの事大主義で通してきた。

なんで他の国の都合で自国の主義を変えなきゃいけないんですか?
昔からだろうが何だろうが、その国がどういう主義を通すのかを決めるのは あくまでその国でしょ?
どんな主義で生きようが日本に干渉する権利なんかありませんけど?勿論当時の朝鮮だって聞く義務はありません。
それをいくら自国にとって都合が悪いからといって「聞く耳を持たず」なんてまるで向こうが悪いみたいに言うのは身勝手な言い草ですね。
Posted by ノン・フライ at 2008年02月18日 19:52
>朝鮮半島は日本の腹に突きつけられ短剣のようなものだから、ここをロシアに占領されると日本の防衛が危なくなってしまう。
だから、日本は韓国を併合したのだ。

もし今、中国に「日本は米国に事大して中国にとって危ないから支配する必要がある」と言われて侵略を正当化されたら貴方は認めるんですか?「どーぞ、どーぞ日本を支配してください、抵抗する奴がいたら殺してもいいですよ」とでも言いますか?

>今の世の中ではこのようなことは非難されるだろうが、そのときの価値観では、特に問題はなかった。

じゃ広島・長崎の原爆投下も何も問題ないことになりますね、だって「そのときの価値観では」特に問題ありませんから。あくまで「そのときの価値観」によればですがw ていうか「そのときの価値観」で免罪できるんなら現在問題になってる社会問題は大抵「問題なかった」ことになるんですが。

>今の価値観に沿って議論を進めている人がとても多いと感じる。英語で言う「Then」の価値観で議論をすべきではないのであろうか。

そんなことを考慮に入れて免罪する必要などありません。先人の行動から我々が
学ばなければならないのは、なぜ平和理に行動出来なかったか、それを阻害して
いたのは何か、であって、それを明らかにして反省材料にすることを避けようと
する免罪の論理ではありません。

強盗を働いておいて、その免罪に終始し、仕事がなく、飢えてたからしようがな
かった、世間の不況が悪いんだ、などという言い訳を繰り返す人を見て、あなた
どう思われますか?
Posted by ノン・フライ at 2008年02月18日 20:11
上記の無記名馬鹿のレス見て とあるサイトにあった川柳を思い出したよ。

「プロ奴隷 無知を晒して 自爆かな」

手前の無知を晒して何が「証明できるなら
してみなさいw」だよ。知識もなければ恥も知らないか?

そもそも手前が「だいたい独立運動って35年間統治されてデモ行進一回やっただけじゃねえかw
日韓併合時だって戦闘なんて無かったわけだし
」と大嘘ついたんだろうが!それに対してノン・フライさんが3.1運動以外の「他の抗日闘争」例を出したんだからまずは手前の無知と妄想が破綻していることを認めろよ。
Posted by 雷神丸 at 2008年02月19日 14:52
そもそも「マンガ嫌韓流」を店頭に並べた人に疑問。売れれば何でもいいんかい。。。
Posted by 本屋さんX at 2008年02月20日 10:56
> この部分も意味不明だけど・・・

一文字抜けてたので訂正しますたw

> だいたい独立運動って35年間統治されてデモ行進一回やっただけじゃねえかw

あまりにも無知で悲しくなるが、それはともかく日韓併合は韓国側が望んだわけではないことを理解しなさい。でもかなり頭が悪そうだから無理かw
Posted by 鷹嘴 at 2008年02月21日 00:45
随分時差の有るコメントで申し訳ないが気にかかったので....


>併合前も併合時も併合後も様々な抗日闘争が行われ...云々

とのことであるが、義兵運動は1910年の前後になると、運動の中心地は北朝鮮の山岳地方から中国東北部などへ移るようになった。

また愛国文化啓蒙運動は、教育・啓蒙運動を通して民主主義思想と愛国思想をひろめることをめざしていた。反日的な政治色はなく、文化啓蒙の形態であった。

台湾統治当初の地元民の激しい抵抗と比較すればほとんど日本統治に抵抗がなかったと言えなくも無い。


3・1独立運動当初は粛々としていたデモ隊がフランスやアメリカ領事館を通過した際に「叫喚のみて独立は達成し得ず」などと言われ火病状態化して来たらしい。

この時、首謀者の一人として逮捕された東学党教主の孫秉煕は警察で「日本の行政に不満はない。日本人が朝鮮人をバカにして威張ってるのが許せない。」などと供述している。



まあ、ここでコメントされているような抗日闘争が継続していたとするなら、それはそれでそういう自由が有ったとも言えるのではないか?
Posted by Cavalier at 2008年09月03日 13:57
Posted by 鷹嘴
>あまりにも無知で悲しくなるが、それはともかく日韓併合は韓国側が望んだわけではないことを理解しなさい。


当時の日本としては保護国化による実質的な統治で充分であろう。植民地として台湾の統治も経験しているのです。

生きようと願いながら生を得られず死のうとしながら死ぬことのできない朝鮮半島2千万の民を望まれもしないのに受け入れる必要がどこにあるというのか疑問でならない。


「韓日合邦を要求声明書」というのをご存知か?
(合邦と併合は違うとよく言われるが、当時の半島情勢を熟慮して読んで見られるが良かろうと思う)

この声明は純宋には韓日合邦上奏文として内閣には意見書として送られ、内外には声明書として発表された。当時の総理大臣・李完用はこれを握りつぶし一進会の主張に対し国民大演説会を催し韓日合邦の不当性などを知らせた。

政府と言論機関でも反対意見が多かったが、少なからぬ人々は一進会の主張を認め合邦路線は次第に朝鮮内部の大勢となった。合邦に反対していた李完用も声明書が発表された数日後、李在明に襲撃され、かろうじて一命をとりとめた後は韓日合邦を積極的に進めるようになる。

李完用の臨終の言葉
「私の生涯は汚辱で終わるのだ。人々は栄光を度外視して汚辱の生涯だけを拡大して伝えるだろう。それは当然のことだ。人生は動機よりも残した足跡が大事だから・・・親清派や親露派には無関心の寛容を見せながら、なぜ親日派だけにそれほどに苛酷なのか知れない。きっと、結果的に国が亡びたからそうなのだろう。私も自主独立だけを絶対値に信じる者だ。ただその次善の策が親日であっただけだ。なぜ、併合条約に前後して、この国の独立主義者たちは私をぶち殺さなかったのか。ひそかにもの足りなく思う。私はなぜ農民の子に生まれなかったのだろう。それが怨めしい!」

この臨終の言葉一つからも親清派や親露派そして親日派がいたことは明らかだろう。なにをもって「韓国側が望んだわけではない」と言われるのか.....
Posted by Cavalier at 2008年09月03日 14:46
日韓併合は韓国側が望んだことを理解しなさい。
朝鮮朝末期では最大と日本がみなしていた政治団体・一進会も、日韓併合に賛成していた。日韓併合は多くの朝鮮人に歓迎された。しかし、一進会などが主張する対等合併は両国の国力の差、大韓帝国の混乱した実情などから非現実的で、朝鮮が従属的な地位に置かれるのは必然的であった。地方の農民反乱についてはその多くが既得権益を失った両班によるものであり、何らかの手段を用いて貧農を反乱に駆り立てたのに違いない。
Posted by 日韓併合は韓国側が望んだことを理解しなさい。 at 2008年09月16日 14:41
戦前は多くの朝鮮人が日本で選挙で選ばれ議員になっていました。
多くの朝鮮人が日本へ密入国していました。
募集の62倍も志願兵として殺到していました。

今更、3.1がどうのこうのと言わんでください。

朝鮮が恩知らずなことをやるのは歴史を見れば、現代に至るまでいつもやっています。(それをよく分かっている中国は北朝鮮との国境に「朝鮮戦争での恩を忘れるなよ」という意味の巨大な碑を建てています)

戦前の日本では黒人もユダヤ人も、まともな人ならまともに人間として扱われていました。アメリカでは60年代まで水道さえ別々でしたよね。鶏を盗む通信使のように甚だしく倫理に劣る輩ばかりだったから、多くの日本人が、自然とそういう態度を取るようになったのです。
Posted by 正義の味方 at 2009年01月14日 03:10
まず上記のバカ軍団は「一進会は日本の右翼の傀儡組織だった」という事実を認識しなさい。

「一進会」は創設時から日本の大物右翼(当時日本最大の右翼組織「黒竜会」の中心人物の内田良平)が顧問にいる言うなれば日本の傀儡組織なんですけど?

その上、実際には朝鮮の民衆には嫌われていました(総督府設置以降1908年6月までに会員926人が殺され360戸が焼かれた)組織なんですが?
たとえば現在の日本に於いて創価学会は巨大な組織ですが、それを嫌っている国民の方が圧倒的に多いことと同様です(実際の会員数も一進会自身がいうほど多くはなかったそうですが)。

そんな組織が「望んだ」からと言って当時の朝鮮の民衆が望んでいたかのように言うのは悪質な歪曲以外の何物でもないですね。よくウヨは「一進会は当時の朝鮮の最大政党だった」「最大の政治団体」とか言いますが、そもそも当時の朝鮮は政党政治ではないのだから全く意味がないんですね。
Posted by 一進会は日本の右翼の傀儡組織 at 2009年04月21日 18:22
>とのことであるが、義兵運動は1910年の前後になると、運動の中心地は北朝鮮の山岳地方から中国東北部などへ移るようになった。

ほう、それで?移ったからなんだと?移るようになれば無かったことになるとでも?

ていうか「移った」というのは「あった」という証明なんですけどねぇ?なにしろ「無い」ものは「移る」ことができませんからねぇ?w
そんなことも分からないんでしょうか?
Posted by 一進会は日本の右翼の傀儡組織 at 2009年04月22日 22:34
>また愛国文化啓蒙運動は、教育・啓蒙運動を通して民主主義思想と愛国思想をひろめることをめざしていた。反日的な政治色はなく、文化啓蒙の形態であった。

朝鮮が言う「愛国」は「朝鮮という国」に対してなんですが?自国の文化を啓蒙していくことが日本の皇民化支配に抵抗する手段だったというのが分からないんでしょうか?
Posted by 一進会は日本の右翼の傀儡組織 at 2009年04月23日 22:44
>3・1独立運動当初は粛々としていたデモ隊がフランスやアメリカ領事館を通過した際に「叫喚のみて独立は達成し得ず」などと言われ火病状態化して来たらしい。

「火病」という言葉を使うことは論理が通用しない嫌韓厨の証明。それはともかく結局「抵抗運動があった」ということじゃねぇかw

>この時、首謀者の一人として逮捕された東学党教主の孫秉煕は警察で「日本の行政に不満はない。日本人が朝鮮人をバカにして威張ってるのが許せない。」などと供述している。

結局、当時の朝鮮人は「日本人が朝鮮人をバカにして威張ってるのが許せない」と反対しているんじゃないかw
Posted by 一進会は日本右翼の傀儡組織 at 2009年04月26日 18:10
そして他の抵抗運動には触れず・・・

>台湾統治当初の地元民の激しい抵抗と比較すればほとんど日本統治に抵抗がなかったと言えなくも無い。

言えるわけねーだろ、バカ!
いつから抵抗の有無は他所と比較するものになったんだ?
お前の言ってることは強姦魔が強姦した女性の中に抵抗が弱かった女性がいたからといって「他の女の激しい抵抗と比較すればほとんど強姦に抵抗がなかったと言えなくも無い」と和姦を主張するようなものだ、カス。
Posted by 一進会は日本右翼の傀儡組織 at 2009年04月26日 18:22
>3・1独立運動当初は粛々としていたデモ隊がフランスやアメリカ領事館を通過した際に「叫喚のみて独立は達成し得ず」などと言われ火病状態化して来たらしい。

「火病」という言葉を使うことは論理が通用しない嫌韓厨の証明。それはともかく結局「抵抗運動があった」ということじゃねぇかw

>この時、首謀者の一人として逮捕された東学党教主の孫秉煕は警察で「日本の行政に不満はない。日本人が朝鮮人をバカにして威張ってるのが許せない。」などと供述している。

結局、当時の朝鮮人は「日本人が朝鮮人をバカにして威張ってるのが許せない」と反対しているんじゃないかw

>まあ、ここでコメントされているような抗日闘争が継続していたとするなら、それはそれでそういう自由が有ったとも言えるのではないか?

言えるかドアホ!そうした数々の抗日闘争は弾圧されて多くの運動の首謀者・参加者が獄死させられたんだよ!
お前の言ってることは現在の北朝鮮に脱北者が後を絶たないからといって「脱北が継続していたとするなら、それはそれでそういう自由が有ったとも言えるのではないか?」と言う様なものだ。
正真正銘のアホだな、お前はw
Posted by 一進会は日本右翼の傀儡組織 at 2009年05月02日 22:24
一進会は、日露戦争の時、日本軍の通訳だった宋秉oによって結成された親日御用組織であり、右翼結社・黒竜会主幹の内田良平などの仲介で、日本の陸軍や政府有力者の支援を取り付けていた。実際の活動内容は、韓国政府内の反日分子を洗い出す諜報活動や日韓併合へと世論を誘導するための宣伝工作だった。
そもそも当時の韓国政府は、日本の統監府に行政権・軍事権・司法権・警察権を奪われており、通常の意味での「政党」など存在できるはずがなかった。一進会は「強国」日本に尻尾を振って、利権のおこぼれにあずかろうとする売国者たちの政治集団だったのだ。

そんな日本の手先の売国奴集団の自作自演が何故、韓国側が望んだことになるのか・・・。

一進会が売国奴集団だというのは少し調べてみればわかるはず。

無知蒙昧とはまさにこのこと。
Posted by ウヨは自分の無知とバカを自覚しなさい。 at 2010年07月06日 22:04
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82812151

この記事へのトラックバック

馬の耳に風 
Excerpt: ☆  道路は続くよ どもまでも〜
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2008-02-07 17:54

やっと逮捕されました。
Excerpt: ☆ うやむやにならなくて良かった。
Weblog: 酔語酔吟 夢がたり
Tracked: 2008-02-08 18:36

連合によるプリンスホテル系列ボイコットと、米兵による強姦事件の報道を巡る産経新聞不買運動
Excerpt:  日教組教研集会の全体集会会場使用を拒否したプリンスホテルグループに対して、連合
Weblog: アッテンボローの雑記帳
Tracked: 2008-02-16 22:32