2014年05月18日

【絶対という言葉は絶対に使わない】

  2014年3月10日・東京新聞「筆洗」は、作家の半藤一利氏の東京大空襲の体験を紹介している。半藤氏は「絶対という言葉は絶対に使わない」という。

◇ 筆洗 作家の半藤一利さんは、「絶対」という言葉を使わない。<東京新聞 2014年3月> - 福島原発事故と放射能汚染 そしてチェルノブイリ地方の現状{北の山 じろう}

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

鈴木たつおさんの闘いに続け!

 都知事選の選挙運動をちょっとだけ手伝った感想を書こうと思っていたのに、もう3月下旬・・・

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

「選挙が終わったらノーサイド」って、先生が仰るの?

 ツイッターには書いたが、1月末にインフルエンザA型に感染して出社停止処分を喰らい、自宅警備員生活を余儀なくされていた。つーかこういうコスプレしてる奴らって、本当は自宅警備員じゃねえだろ。リア充だろ。そんなことはどうでもいいけどさw
続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

宇都宮の殿様・・・?

 2014年2月9日、東京都都知事選選挙が行われ即日開票された。舛添要一が他を大きく引き離す211万票を獲得して当選。投票率は46.14%だったという。
 ちなみにかつて差別発言を吐きまくった(こちらこちらを参照)新都知事は、選挙違反疑惑で告発されているので、面白い展開を期待しているw

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

【鈴木達夫弁護士、都知事選を闘う】オリンピックは、お・こ・と・わ・り!

 2014年1月23日、東京都知事選挙が告示され2月9日の投票日に向けて選挙戦に突入した。選挙ポスターの掲示が開始され、各候補の支援者は一斉に街に出て、東京都選挙管理委員会が設置した掲示板へポスターを貼る作業に取りかかった。俺もユニオンの仲間と、都内某所にて鈴木たつおさんのポスター貼り作業に加わった。もちろん初めての体験。想像していた以上にハードな作業でしたw

鈴木たつおとともに歩む会 弁護士・鈴木達夫公式ホームページにご注目!

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木達夫さんの都知事選出馬会見を勝手に要約+感想

 1月14日、弁護士の鈴木達夫さんが東京都知事選挙に立候補することを表明した。「オリンピックは、やらない!」と表明した候補は、鈴木さん以外に誰かいるのかな?本当なら原発問題と並んで都知事選の争点になるべき問題だと思うが。他の候補は情けないねえ。

 ツイッターにも貼ったが、こちらにも鈴木さんの記者会見映像を貼り付ける。

 会見の席に並んだ5人は画面から見て左側から、高山俊吉弁護士、森川文人弁護士、鈴木達夫さん、NAZEN事務局長の織田陽介さん、「都政を革新する会」事務局長・前杉並区議の北島邦彦さん。

 会見での発言は、弾圧と闘う法大生のブログにてテキスト化されている。
◇ 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 鈴木達夫氏記者会見の起こし
 この二つを元に鈴木さんの会見内容を勝手に要約させていただく。ついでに勝手な感想を述べる。

※ ちなみに鈴木さんのホームページも立ち上がっている。
◇ 鈴木たつおとともに歩む会 弁護士・鈴木達夫の情報を発信します


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

2013年12月24日

秘密保護法廃止へ!闘いの序章

 遅くなったが11月下旬から12月にかけての、特定秘密保護法反対集会・デモに参加したことを書く。写真もまとめて貼る。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

2013年秋冬の出歩き

 (このエントリーは2014年4月7日にアップロードしました。投稿済の話は割愛しました)

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

【ウヨサヨ】南伊豆中木を侵略しなイカ?【ハッカー】

 秋も深まってきたのに、みっともないが今更7月に南伊豆中木に行ったときの写真を貼り付ける・・・つもりだったのだが毎度のウヨサヨ系愚痴じゃなイカ!

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

不条理日記

 「不条理日記」とは、吾妻ひでお先生の名作漫画です。しかし「不条理日記」という言葉ででググると、何故かこのブログがかなり上の方に来てしまいます。申し訳ない気分でいっぱいです(笑)

 ご注意:この投稿は吾妻ひでお先生の「不条理日記」と「失踪日記」のネタバレ満載です!


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

ピピ島で泳ぎ、プーケットで倒れたw

 ぱらりらぴっぴっぴー、ぴっぴっぴー、ぴらぴらぴっぴっぴーぴー・・・というのは、「まどマギ」に於いてメガネほむらが「まどか」とマミさんに時間停止の技を披露するときのBGMだが(ってゆうか次回予告篇BGM)、それはともかく2013年9月9日から13日まで遅い夏休みをとり、タイ国のプーケットやピピ島を訪れた。ピッピ島じゃなくてピピ島だよ!
 俺は無理して海外旅行に行くつもりなかったんだけど。貧乏人なのに。「あまちゃん」聖地巡礼とかどうかな、って思ってたんだけどさ、うちの居候がどっか海外行きたいって言うし(勝手に決めてきたしw)

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

鉄道各社からの呼びかけ:エスカレーターの歩行禁止!

 9月になってもブログ更新が困難な状況が続くが、これだけは書いておきたい。皆さんJRの構内でポスターを見かけたと思うが、「エスカレーター『みんなで手すりにつかまろう』キャンペーン」というのが行われていた。




 エスカレーターは、関東では左側、関西では右側に立ち、片側は歩いて昇り降りする人のために空けておく・・・というのがマナーというか悪しき習慣になっちまってるが、何度も言うがエスカレーターは両側に立って(歩かずに)乗るように設計されたものである。設計で想定されていない乗り方を続けていれば、重大な事故につながりかねない。それに、左手に怪我をしている場合や左手が不自由な障がい者は、右側に立って右手で手すりを掴んで乗らざるを得ない。
 東京新聞の記事によると、このように立ったまま乗っている場合、後方から歩いてくる者に怒鳴られたりワザと体をぶつけられたりすることがあるという。このブログにも引用した。

 残念ながらこのキャンペーンは8月31日で終わったが、エスカレーターを設置している全ての事業所は、この悪習が無くなるまで呼びかけを行ってほしいものだ。
 せっかくだからこのポスターの文言をテキスト化する。
 みんなで手すりにつかまろう!
 みんなが安心して乗れるエスカレーターに。

 エスカレーターで歩行用に片側をあける習慣は、
 危険な事故につながる場合があります。
 なぜなら、片側をあけて乗ることのできないお客さまもいるから。
 エスカレーターは、ステップ上に立ち止って
 利用することを前提に設計されています。

 すべてのお客様が、安心してエスカレーターに乗れるよう、
 皆様のご協力をお願いします。

 ・片側のベルトしかつかめないお客さまもいます。
 ・小さなお子さまと並んで乗るお客さまもいます。
 ・杖など持っているお客さまもいます。

 なおこのキャンペーン賛同は各鉄道会社と日本エレベーター協会などだが、後援は国土交通省とのこと。こういう重大なことは行政がもっと強く呼びかけるべきだ。ってゆうか、早くなんとかするべきだ。
posted by 鷹嘴 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

2013年夏の出歩き

 このエントリーは、2014年2月5日にアップロードしました。つーか2013年の夏は、暑すぎたし、資格試験の勉強してたし、あんまり出歩いてないですw


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

【南浦和オキュパイ!】第10回浦和よさこい

 7月21日、投票を済ませてから「第33回浦和まつり 南浦和会場」に行ってみた。「浦和よさこい」がみたかったのさ。長年南浦和に住んでんのに1回しか観たことなかったし。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

【寝台特急あけぼの】に乗って大館に行った

 今年も花岡慰霊式に参加するため秋田県大館市に行った。去年は鈍行で出かけてみたが地震でダイヤが狂ったため想定外の駅で降りざるを得ず、野宿するというハードな旅だった。今年も鈍行で日本海側から攻めてみようと思ったが、慰霊式(30日の午前中に行われる)の前日が夜勤明けなので、全て鈍行だと間に合わない!(去年は一日余裕があった)悩んでいたら、唐突に寝台列車に乗ってみたくなってしまった・・・

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

2013年5月 共徳丸見学、南三陸をバスで通過、その他

 5月に東北に行ったときの写真を貼り付ける。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

アトムの涙

 手塚治虫先生の「鉄腕アトム」に、「アトムジャングルに行く」という短編があるそうな。「寒さで凍える動物を救おうと、アトムが動物と力を合わせてジャングルに原発を造る」という話。続編「よみがえるジャングル」は、原発に地震と津波が襲ってきたがビクともせず「安全でした」という話だとさ・・・


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

12月の出歩き(グリーン電力の謎、その他愚痴)

 下に書いたように2012年12月3日は秩父夜祭を観に行き深夜に帰宅したのに、翌日の12月4日、また外出した。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

【ヒリゾ病?】南伊豆中木に2回行った

◇ ◇ ◇ ◇ 【ご参考・ご注意】 ◇ ◇ ◇ ◇

 このエントリーは2012年夏に南伊豆中木のヒリゾ浜とトガイ浜を訪れたことを記しています。翌年防水デジカメ(安物ですが)を購入し水中写真を撮影しました。うまく撮れていませんがご参考にどうぞ(末尾に貼りつけました)。

 南伊豆中木の詳しい情報については「中木へ行こうよ!!」をお読みください(中木のオフィシャルページではありません)。

 海水の透明度が名高いヒリゾ浜ですが海況によってかなり変化し、濁っているときもあります。波が高ければ渡し船運行が中止になる場合もあります。「中木へ行こうよ!!」を製作した「かっちゃん」はツイッターで毎日のように海況をレポートされていますので要チェックです。
 もっとも「かっちゃん」は観光組合の人などではなく、漁船の船長さんです。くれぐれも「駐車場が満車じゃねえかよ!」とかいうわけの分からんリプライを飛ばさないで下さい!

 実際、8月の土日やお盆休みはかなり早い時間に満車になるようです。それこそ明け方に到着するつもりで出発したほうがいいかも。下田からもかなり距離がありますし。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




 7月24日、下田・爪木崎や石廊崎の手前で水中眼鏡や足ヒレつけて泳ぎ、帰りは西伊豆を廻ってみたが、途中「あいあい岬」の駐車場から崖下の海峡を見下ろすと、不思議なことにテントや浮き輪が見えた。
 そこは「ヒリゾ浜」という海水の透明度が非常に高い人気スポットであり、南伊豆町・「中木(なかぎ)」の港から出る船でないとたどり着けないという。免許があるうちに行ってみるか?

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする