2005年10月16日

麻生がまたやりました

麻生総務相「一民族の国はほかにない」九博開館式で発言
2005年10月16日00時31分

 麻生総務相は15日、福岡県太宰府市の九州国立博物館(九博)であった開館記念式典の来賓祝辞で、「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」と話した。

 麻生総務相はこの日、九博を支援する議員連盟の会長として式典に出席。開館にこぎ着けた感慨を述べたうえで、「一文化、一文明、一民族」との表現を何回かした。式典には行政関係者のほか、在福岡韓国総領事など韓国や中国の関係者を含む約800人が出席した。

 麻生総務相の事務所は取材に対し、発言について「ヨーロッパなどは侵略や民族の移動で文化などが変わった。だが、日本は国家形成の中でそのような歴史がほとんどなかった、という趣旨だったと思う」と語った。

日本という国を構成する民族は、ヤマト民族やアイヌ民族などがあります。
「一文化、一文明、一民族、一言語」では決してありません。
麻生はとっとと引退して下さい。
posted by 鷹嘴 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 困った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

TBS社員4人を書類送検 石原都知事の名誉棄損容疑

何やら不可解な件ですが、そもそも、
「百%正当化するつもり」と、
「百%正当化するつもりはない」には、
意味合いにどれほどの差異があるのでしょうか?
(100%ではないということは、99%くらいは正当化できる、とでもいうのでしょうか?)

posted by 鷹嘴 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 困った人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする