2011年06月30日

過去ログ移転:三光作戦(7)鈴木啓久元中将の回想

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:08 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ移転:三光作戦(6)中帰連批判に対する疑問2

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:07 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ移転:三光作戦(5)中帰連批判に対する疑問

 要するに昔掲示板に書いたことをコピペしてるだけっす。リンクもほとんどデッドリンクになってるし。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:06 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ移転:三光作戦(4)無人区の設定

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:05 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ移転:三光作戦(3)「三戒」

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:04 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ倉庫移転:三光作戦(2)殺戮作戦

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:03 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去ログ倉庫移転作業:三光作戦(1)八路軍と民衆

 過去ログ移転作業の続き。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:02 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OTD閉鎖のため過去ログ保存:三光作戦関係 序文

 かつて「日本ちゃちゃちゃクラブ 歴史ボード」や「問答有用」に書き込んだものを、こちらに保存する。今となっては本文もタイトルも気恥ずかしい部分が多々あるが、修正するのも面倒なのでそのまんま書き込み開始!

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:01 | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

会津・庄内藩が、北海道をドイツに売り渡すつもりだった?

 とても興味深い話だから貼っておくよ。

◇ 維新期の会津・庄内藩、外交に活路 ドイツの文書館で確認(1/2ページ) (魚拓)
◇ 維新期の会津・庄内藩、外交に活路 ドイツの文書館で確認(2/2ページ) (魚拓)

 もしそんなことになれば日本は列強に分割されてたかも?内戦がいつまでも続いたかも?とてもじゃないが朝鮮・中国を侵略する余裕なんかなかっただろうね。ってゆうかもう土壇場だったし。ビスマルクに一蹴されたしwww
posted by 鷹嘴 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

【尖閣諸島は】中国領有論のフシギ【誰のもの?】

 これ、昨年11月くらいにアップしたかったのに、グズグズしてたら年を越えてしまいました!

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

ベトナム戦争参加を美化したがる韓国政府

 1月6日朝日新聞の記事「ベトナム戦争の解釈『平和維持』 −−韓国にベトナム反発」より引用(アサヒ・コムに掲載されず!)。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

【変な訴訟】NHKvsクソウヨ【どっちも負けろw】

 4月にNHKで放映された番組を見て「台湾は親日なんて誰が言ったのか?」というタイトルの投稿をしたところ、多くの批判というか罵倒を浴びてしまった。(承認したコメントは28件だが承認せず削除したコメントはそれ以上)

 「日本は台湾でいいことをしたんだ、NHKは反日だ」とか書いてくるバカウヨの反応は予想できたが、一番イタいのは「俺は台湾に住んでいる、(自分のビジネスのことを引き合いにして)台湾は親日だ、台湾に行ったこともないお前に何が分かるか!」と書いてきた奴。そんなこと言ったらこのブログの98%は自分で体験したことのない話だぞ。チベットやパレスチナに行ったことはない人間は中共やイスラエルの暴虐を書く資格はないってか?つーかこんなウヨサヨ罵倒系ブログ(笑)なんだからどういう意味であのタイトルにしたか察しろよ馬鹿。
 「反*、親*」という言葉自体いかがわしいものだが、そういう感情もたしかに存在するよな。サッカーの試合で中指を立ててみたり日本領事館を襲撃する馬鹿な中国人や、中国大嫌い、韓国大嫌いな日本のネトウヨや、かつて反米厨丸出し(笑)だった俺や、異常な対米従属を気にも留めない多くの日本人や、チベット問題は完全に無視している似非サヨの心の中に、な。こう書くと「反*、親*」という感情がいかに馬鹿らしいか分かるだろう。奴らは「反*」的な行動によって自国を貶めているのであり、「親*」のつもりが盲目的に支持しているだけなのである。だから台湾は親日か?反日か?などと論じること自体愚かしい。

 あの番組で証言した皆さんの胸中は親日・反日などという馬鹿らしい言葉で割り切れるような単純なものではなく、日本に対する複雑な感情があるようだ。あの番組自体は悪くは無かったが、そういう複雑な感情は伝え切れていなかった(侵略支配と差別の実態だけに注目した俺の投稿も偏ったものだったと言える)。
 しかし訴訟騒ぎになるとは思わなかったで。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 19:06| Comment(28) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

台湾は親日なんて誰が言ったのか?

 4月5日にNHKで放送された「JAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国”」は、多くの資料と証言を交えながら「親日的とも言われる台湾人に今も残る日本統治の深い傷」を検証していた。
 かなり古い話だが知人が数ヶ月台湾に出張したことがあり、「台湾は韓国や大陸中国みたいな反日じゃない。日本語を話せる人が多い。ホテルのヤモリには参ったw」と語っていた。実際この番組でもNHKの取材で公園に集まった老人たちが「私は元日本軍兵士であります!」などと日本語を話していた。
 しかし知人は日本の統治に苦しんでいた人々の本音に触れることはできなかったようだ。思わす受信料を払いたくなるような番組だったよ。(この投稿は4月7日にアップロードしたが、4月13日に大幅に書き足し&訂正をしたのでageておく)

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(187) | TrackBack(1) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

宝塚の生徒を慰安婦にしようとした日本軍

 これは2月9日朝日新聞「愛 タカラヅカG 軍歌去りレビュー再び」より引用。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:57| Comment(30) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

"Dr. Death”既に死亡?

"Angel of Death”と言えばヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele)だが、メンゲレと同様に人体実験による虐殺を行った"Dr. Death”ことアリベルト・ハイムは、1992年にカイロのホテルで病死していた、らしい。

◇ ナチス戦犯「死の医師」、エジプト潜伏中に死亡か (魚拓)
◇ アドルフ・ヒトラーとナチスと血液型A マウトハウゼン強制収容所と'死の医師'アリベルト・ハイム

イスラエル政府は今でもこのハイムらナチス戦犯を追っているらしい。
アイヒマン拉致など乱暴な手段は疑問に感じるが、戦犯を追及しなければならないのは当然である。
しかしナチスと同じことをやっているイスラエルに、ナチス戦犯を追及する資格はあるのかな、と思うぞ。
posted by 鷹嘴 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

アヘン王

中国を侵略していた日本軍は、中国でアヘンを売りさばいていたわけだが、里見甫という「アヘン王」がいたんだってさ。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

三・一独立運動の原因

(自宅のパソコンが壊れて現在入院中につき、マンガ喫茶より投稿。つーか問答有用より転載)

悪名高き「マンガ 嫌韓流」のP-219〜220に、三・一独立運動について以下のような記述があります。
「朝鮮民族は主権回復のために三一運動などの様々な独立運動を起こし民族解放に向けて抵抗してきた!」

「併合してしばらくはそのような抵抗があってもそれは仕方がないことじゃないかしら?」
「朝鮮には改革派もいれば守旧派もいたわけですし」
「韓国側の要望もあって併合という形になったのにその恩を忘れてテロや暴動を起こすなんて身勝手にもほどがあります!」
はて、当時の「大韓帝国」が日韓併合を望んでいたのでしょうか?「盗人猛々しい」にも「ほどがあります」。
そもそも先方の希望で「併合」という「恩」を売ったのならば、独立運動が起きるほど嫌われてしまったのにその「恩」を解消しなかったのは不可解ですね。もっともそれより少し前のP-208では、
「清から独立した韓国は今度はロシアに事大して日本の安全にとって癌でしかなかったから
日本の保護国にした後 併合したのよ!」
と、日韓併合は「日本の安全」(つまり、アジア戦略)のためだったと述べています。それを正当化するために「大韓帝国」側も併合を望んでいた、という歴史歪曲を理由の一つに加えているわけです。(ちなみに作中ではこの無茶苦茶な論理に対して「韓国の大学生」が全く反論していないのも滑稽です)

それはともかく、独立運動の原因の一つとして「守旧派」の存在を挙げていることに強い違和感を持ったのですが、調べてみると当時そのような見解もあったことを知りました。もちろんそれだけが原因として述べられているわけではありませんが。
以下に、この独立運動を論じた数々の資料を列挙します。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 14:35| Comment(37) | TrackBack(3) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

日本軍の人体実験(フィリピンで)の証言

これはブックマークしておこう。牧野明さんについての記事は以前コピペしたことがあるが、今年5月に亡くなられたとは知らなかった。ご冥福をお祈りします。

posted by 鷹嘴 at 01:05 | TrackBack(1) | 歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする