2015年12月20日

2015年 花岡事件70周年現地闘争! (2)

 遅くなったが、7月1日のこと。そもそも今年の花岡現地闘争については7月中には書き終えたいと思っていたのだが・・・。

 帰国後の耿諄さんと初めて面会した日本人であるジャーナリストの石飛仁さんは、70年代から花岡事件の調査を行っている。
 (以前にもこのブログに書いたが)石飛さんは、耿諄さんら花岡蜂起指導者の裁判記録などを元に蜂起が起こったのは7月1日の夜であると指摘している(この件については不勉強な俺には判断できないが)。そのため石飛さんらの研究グループは毎年7月1日に信正寺で慰霊式を行っている。まずは長年花岡事件を研究し鹿島建設と粘り強い交渉を行っていた石飛さんの活動歴を知っておきたい。


続きを読む
posted by 鷹嘴 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

2015年6月、2年ぶりに花岡に行ってきた(1)

 もう半年前のことだが花岡を訪れたことを書く。2015年6月30日に秋田県大館市で行われた殉難者慰霊式、フィールドワーク、夜の講演会、そして7月1日のフィールドワークと「慰霊供養の集い」に参加した。もう4度目なので、まずは花岡現地闘争の基礎知識を記しておきたい・・・



続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

2013年6月30日&7月1日 花岡慰霊式

 6月30日から秋田県大館市を訪れて花岡事件の慰霊式やフィールドワークに参加したことを書く。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

2年ぶりに花岡に行ってきた

 そういうわけで6月29日から7月1日まで2年ぶりに秋田県大館市を訪れ、花岡事件慰霊式や集会に参加した。
 かつて花岡町(現大館市)で鉱石を採掘していた花岡鉱山では、戦時中軍部の要求に応えるため無計画な採掘が行われ、落盤で22名が犠牲になる事故も発生した。そのため鹿島組(現鹿島建設)が土木改修工事を請負い、戦時中の労働力不足のため中国から強制連行された人々がこの工事に従事させられた。
 しかし鹿島は中国人たちを連日長時間酷使するだけで満足な食事も報酬も与えず、「補導員」たちは何かにつけて中国人たちに暴力を振るうため多数の犠牲者が出ていた。中国人たちは座して死を待つより活路を見出すため1945年6月30日の夜に一斉蜂起し、補導員らを殺害し逃亡。しかしあえなく鎮圧・捕縛され、さらに多くが虐殺された。花岡に送られるために連行された中国人986人のうち419人が、生きて故郷に還ることはなかったという。
 戦後、乱雑に埋められたままの犠牲者たちの遺骨埋葬そして送還が行われ、花岡事件の調査が行われ、蜂起を指揮した耿諄さんら生存者も再来日し、大館市では毎年慰霊式が行われるようになった。続きを読む
posted by 鷹嘴 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

「しがらみ」に勝てない人々

 これは既にCMLや「問答有用」に投稿済。特に新しい話は無いが、せっかくだからこっちにも書いておく。ってゆうかこんな話を「花岡事件」のカテゴリーに入れていいんでしょうか?

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

花岡事件と その「和解」(11) 「和解」に群がる人々

 随分遅くなってしまったが(10)の続き。「問答有用」に書いた内容の焼き直しと補足。どうでもいい話だと思われるかもしれないが、困った問題もあるので是非読んでほしい。ってゆうか来年6月、OTD掲示板が閉鎖になるから問答有用も消えちゃうのね。俺もかなり投稿したのに・・・。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

花岡事件と その「和解」(10) セカンド・レイプ

 (9)の続き。花岡「和解」に関する議論を見ていると、「弁護団は無報酬を承知で精一杯頑張ったんだ、何もしていない奴が何を言うか・・・」という趣旨の発言がたまに見受けられる。たしかに俺たちは何もしていない。花岡訴訟を傍聴したことも、鹿島建設に抗議するデモに参加したことも無いし、受難者を裏切り尊厳を傷つけるようなことも、していないぞ。お前らと違ってな。
 それにしても「和解が成立したんだからそれに従え」というのは、「戦時中のことはもう時効だ」「中国は賠償請求権を放棄したんだから請求出来ない」、という加害者側の論理と同じではないか?

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

花岡事件と その「和解」(9) 欺瞞の渦

 (8)の続き。
 野田氏の2008年1月・2月号の月刊「世界」の論考は、花岡訴訟の弁護団や支援者にとって見過ごせないものだったようで、一橋大学名誉教授・田中宏氏が同誌の08年5月号にて、野田氏への反論を寄稿した。「中国人強制連行を考える会」代表でもある彼は、新美隆弁護士(故人)や内田雅敏弁護士と共に花岡訴訟に関わり、和解に導いた人物である。自分たちの長年の活動によって成立した「和解」の価値を守りたかったのだろう。そのタイトルは「花岡和解の事実と経過を贈る」である。野田氏の連載のタイトル「虜囚の記憶を贈る」をパクったものである。このタイトルだけで只ならぬ憎しみを感じるが・・・残念ながら「反論」の域に達していない。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

花岡事件と その「和解」(8) 守るべきものは?

 (7)の続き、というか問答有用に書いた分の焼き直しの続き。8、9、10、11と続ける。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

花岡に行ってきた

 つ、ついに6月29日〜30日、花岡事件のあった地・秋田県大館市に行ってきた!夜行バスで。いちばん安いからな。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

花岡事件と その「和解」(7) 裏切られた受難者

 3ヶ月ぶりに花岡「和解」問題について書く。(6)の続き。というか既に問答有用に書いた内容の焼き直し。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 15:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

花岡事件と その「和解」(6)尊厳を守り・・・

 (5)の続き。1999年8月、弁護団の新美隆・内田雅敏の両氏、田中宏氏、林伯耀氏らが訪中。北京のホテルで王起禎氏(北方工業大学・副校長)を交えて、耿諄さんら原告へ「和解」について説明を行った。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

花岡事件と その「和解」(5)法廷闘争

 (4)のつづき。
 1995年、阪神大震災や地下鉄サリン事件があり、俺は某工場で将来に不安を感じながら非正規雇用労働者として働いていた年。新美隆・内田雅敏両弁護士は連名で、鹿島建設に花岡蜂起50周年慰霊祭に参加して欲しいと手紙を出した。
 しかし鹿島に黙殺されたため、この両氏や田中氏らは北京で耿諄さんと面会し、民事訴訟を提案。耿諄さんは同意し、「訴訟委託書」を書いた。
3月22日、新美・内田氏は鹿島に対し、態度を変えなければ提訴の用意があることを通告。これも黙殺されたため、3月30日、鹿島に賠償を求めて提訴することを発表した。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

花岡事件と その「和解」(4) 難航する鹿島との交渉

 (3)のつづき。耿諄さんが来日(1987年6月)しても鹿島建設は慰霊祭に参加せず、謝罪もしなかった。それどことか秋田テレビ局の取材に対し、ふざけたことに「(戦犯裁判記録によると)賃金は戦後支払ったことになっている」とほざいたのである。劉智渠さんの追及に対しても「賃金は支払った、昭和19年12月と20年1月に、耿諄に渡した」と述べていた。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

花岡事件と その「和解」(3) 歴史を問い直す

 (2)のつづき。蜂起に失敗し同胞と共に「獅子ヶ森」に立てこもった耿諄さんは、迫りくる敵を前に自決を試みるも捕らえられた。大館の憲兵隊本部で軍事法廷にかけられた後、秋田刑務所に移され激しい拷問を受けた。刑事裁判の法廷で死刑を告げられたが、後の判決文では無期懲役になっていた(他の12人は懲役10年から2年、一人は釈放)。しかし、馬鹿げたことにこの判決日は1945年9月11日である。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

花岡事件と その「和解」(2)裁かれぬ戦犯たち

 (1)の続き。鹿島組の花岡出張所で奴隷労働をさせられていた中国人たちの蜂起の計画は、まず警備所を襲って食糧を確保したのち、自分たちと同様に強制労働させられているアメリカ人捕虜と朝鮮人を解放し、花岡の警察署を襲って銃を奪い遊撃戦を行う・・・という大がかりなものだったが、最初の段階からつまずいた。

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

花岡事件とその「和解」(1)

 戦時中、秋田県・花岡鉱山の土木工事を請け負った鹿島(かじま)組は、強制連行された中国人を劣悪な環境で従事させていた。重労働と虐待に苦しめられていた中国人たちは蜂起したがあえなく鎮圧され、多くが虐殺された。彼らの受けた苦しみとその補償問題について、毎度の如く複数の資料を参考にしつつ、ダラダラと書いてみる(*1)

続きを読む
posted by 鷹嘴 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 花岡事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする